1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護技術のなぜ?>
  4. 年齢によって呼吸数が異なるのはなぜ?

2019年03月02日

年齢によって呼吸数が異なるのはなぜ?

看護技術のなぜ?ガイドブック

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。
今回は呼吸数に関するQ&Aです。

年齢によって呼吸数が異なるのはなぜ?

年齢により、1回の呼吸で換気できる量が異なるため、呼吸数も異なってきます。

新生児は体が小さいので酸素の消費量は少なくてすむのですが、肺が小さいために1回の換気量は約25mLと成人の20分の1に過ぎません。そのため、呼吸数を多くしないと、必要な酸素を取り込むことができないことになります。新生児の呼吸数は1分間に35~50回です。

成長するとともに気道が広くなり、肺胞の数も増えてきて、学童期を過ぎると成長が止まって一定化します。

しかし、1回の換気量はその後も増加を続け、それに伴って呼吸数は減ってきます。呼吸筋の発達と胸郭の発育によって1回の呼吸がより深くなり、呼吸法も変化するためと考えられます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

[出典]『看護技術のなぜ?ガイドブック』(監修)大川美千代/2016年3月刊行

参考文献

著作権について

この連載

  • 激しい運動などで、呼吸が速く深くなるのはなぜ? [03/16up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は運動と呼吸に関するQ&Aです。 激しい運動などで、呼吸が速く深くなるのはなぜ? 運動をすることで体温が上昇し、血液中の酸素濃度が低下して呼吸中枢の興奮が起きるためで... [ 記事を読む ]

  • 男性は腹式、女性は胸式呼吸が多いのはなぜ? [03/09up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は男女の呼吸法に関するQ&Aです。 男性は腹式、女性は胸式呼吸が多いのはなぜ? 一般に、女性は腹筋群の発達が男性と比べて悪く、体を締めつける衣服の着用が多いことが、男... [ 記事を読む ]

  • 年齢によって呼吸数が異なるのはなぜ? [03/02up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は呼吸数に関するQ&Aです。 年齢によって呼吸数が異なるのはなぜ? 年齢により、1回の呼吸で換気できる量が異なるため、呼吸数も異なってきます。 新生児は体が小さいの...

  • 苦しい時、臥位より座位が呼吸が楽なのはなぜ? [02/23up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は呼吸姿勢に関するQ&Aです。 苦しい時、臥位より座位が楽なのはなぜ? 座位や半座位になると横隔膜が下がり、腹部の内臓が重力で下垂するため、横隔膜への圧迫が減少します。そ... [ 記事を読む ]

  • 正確に1分間測定するのはなぜ?|呼吸測定 [02/16up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「呼吸測定の時間」に関するQ&Aです。 正確に1分間測定するのはなぜ? 普通、吸息(きゅうそく)が約1秒、呼息(こそく)が約1.5秒かかり、その後に約1秒の休息期が... [ 記事を読む ]

関連記事

いちおし記事

初戦ボロ負け!婚活大反省会|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌

初デートが失敗に終わった松本ナースに伝授された「恋の鉄則」とは!? [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1281
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1182
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1168
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1083
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
914
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
549
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2668

以下の患者さんを、PAT法を使ってトリアージをした場合、適切な評価はどれでしょうか?
50代の女性。呼吸回数24回/分。血圧80/40mmHg。脈拍120回/分。
橈骨動脈微弱で末梢冷感あり。声かけに容易に反応あり。『お腹が痛い』と話している。
右上腹部打撲痕および、右腹部圧痛あり。

  • 1.生理学的評価では循環に異常があるため、カテゴリーは赤。解剖学的評価は腹部圧痛、右上腹部打撲痕があることから、カテゴリーは赤となる。
  • 2.意識レベルは低下していないため、生理学的評価ではカテゴリーは黄。解剖学的評価は、右上腹部に打撲痕があるため、カテゴリーは黄となる。
  • 3.橈骨動脈微弱のため、生理学的評価ではカテゴリーは赤。解剖学的評価は、右上腹部打撲痕があることから、カテゴリーは黄となる。
  • 4.呼吸回数24回/分、意識レベル清明で生理学的評価は黄色のため、最終的な優先順位のカテゴリーは黄となる。
今日のクイズに挑戦!