1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. PEG(胃瘻)ケアの最新技術>
  4. 「PEGカテーテル管理」に関するギモン|PEGケアQ&A

2017年10月04日

「PEGカテーテル管理」に関するギモン|PEGケアQ&A

PEG(胃瘻)ケアの最新技術

『病院から在宅までPEG(瘻)ケアの最新技術』より転載。

今回は「PEGカテーテル管理」に関するギモンについて説明します。

岡田晋吾
北美原クリニック理事長
倉 敏郎
町立長沼病院院長

 

〈目次〉

 

カテーテルは問題なく回転しているのですが、患者が痛がります。何かのトラブルでしょうか?

皮膚胃粘膜に障害が起きているおそれがあります。

バンパー埋没症候群を早期に発見するため、毎日の栄養投与の際、「カテーテルがスムーズに回転すること/上下に動くこと」を確認することが重要であることは、もうおわかりのことでしょう。

普通は、カテーテルを回転させても、痛みを伴わずにスムーズに回ります。

患者が痛がる場合には、皮膚や胃粘膜の障害を疑いましょう。

皮膚の周囲に炎症徴候(発赤など)がないかを確認してください。

図1

 

バルーン型PEGカテーテルの蒸留水チェックは、定期的に行ったほうがいいですか? どれくらいの頻度で行えばいいの?

1週間に1回程度、バルーン内の蒸留水(バルーン水)を交換します。製品によってバルーン水の量が異なることに、注意が必要です。

バルーン内の蒸留水は、放置すると少しずつ減少してしまいます。そのため、1週間に1回程度、バルーン内の蒸留水(バルーン水)を交換する必要があります。ただし、訪問診療訪問看護の都合によっては、2週間に1回の交換でも問題ないと考えます。

この際、バルーン水の量にも注意が必要です。製品によって、注入量が6~20mLと異なりますので、きちんと取扱説明書で確認しておきます。

また、バルーン水の交換に携わるスタッフに伝達するか、患者の側に書いておくとよいでしょう。

 

事故抜去予防として、ミトンやタオルのほかにも効果的な方法はありますか?

栄養投与時以外にも、事故抜去は起こります。PEGカテーテルを使わないときは、チューブをまとめて腹帯などに収納しておくとよいでしょう。

栄養剤投与時はもちろん、意外に、投与していないときや入浴時にも抜去は起こります。事故抜去が起きてしまうと、介護者にとっても負担となってしまいます。

PEGカテーテルを使わないときには、チューブの部分をまとめてガーゼなどで覆うことも予防になります。まとめたものを腹帯などに収納してしまえば、抜きにくくなります。

北美原クリニックでは、少しでも抜去の危険性がある患者には、抜去予防のためのつなぎや腹帯を紹介しています(図2)。

図2つなぎ・腹帯による抜去予防

 

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2010照林社

[出典] 『PEG(胃瘻)ケアの最新技術』 (監修)岡田晋吾/2010年2月刊行/ 照林社

著作権について

この連載

  • 胃瘻造設時、胃壁固定は必要ですか?|PEGケアQ&A [10/18up]

    『病院から在宅までPEG(胃瘻)ケアの最新技術』より転載。 今回は「胃瘻造設」に関するギモンについて説明します。 岡田晋吾 北美原クリニック理事長   胃瘻造設時、胃壁固定は必要ですか? 胃壁固定... [ 記事を読む ]

  • 「簡易懸濁法」に関するギモン|PEGケアQ&A [10/11up]

    『病院から在宅までPEG(胃瘻)ケアの最新技術』より転載。 今回は「簡易懸濁法」に関するギモンについて説明します。 岡田晋吾 北美原クリニック理事長   〈目次〉 複数種類の薬剤を投与する場合、... [ 記事を読む ]

  • 「PEGカテーテル管理」に関するギモン|PEGケアQ&A [10/04up]

    『病院から在宅までPEG(胃瘻)ケアの最新技術』より転載。 今回は「PEGカテーテル管理」に関するギモンについて説明します。 岡田晋吾 北美原クリニック理事長 倉 敏郎 町立長沼病院院長   〈目次〉 ...

  • 「半固形化栄養法」に関するギモン|PEGケアQ&A [09/27up]

    『病院から在宅までPEG(胃瘻)ケアの最新技術』より転載。 今回は「半固形化栄養法」に関するギモンについて説明します。 岡田晋吾 北美原クリニック理事長   〈目次〉 半固形化栄養材を投与すると... [ 記事を読む ]

  • PEGへの「注入」に関するギモン|PEGケアQ&A [09/20up]

    『病院から在宅までPEG(胃瘻)ケアの最新技術』より転載。 今回は「注入」に関するギモンについて説明します。 岡田晋吾 北美原クリニック理事長   〈目次〉 水分は、いつ、どのように補給すればい... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1281
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1295
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1173
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1030
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
892
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
475
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2983

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!