1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. せん妄は、どのように予防すればいいの?

2018年08月07日

せん妄は、どのように予防すればいいの?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「せん妄の予防」に関するQ&Aです。

せん妄は、どのように予防すればいいの?

せん妄のリスク要因を取り除くための介入が基本となります。せん妄の発生やせん妄期間の減少が期待できる介入として、早期離床が推奨されます。

 

せん妄予防

せん妄予防は、リスク要因を取り除くための介入が基本となる。また、信頼性・妥当性のある評価ツールを用いたせん妄評価で早期発見に努めることも重要である。

せん妄のリスク要因は多岐に及ぶため、医師・看護師・理学療法士など多職種チームによる包括的な介入が推奨されている1, 5

せん妄予防の介入の概要を表1に示す。

表1せん妄予防のための介入

せん妄予防のための介入

  • 適切な酸素供給
  • 水分/電解質バランスの調整
  • 適切な疼痛管理
  • 不必要な薬物投与の中止・回避
  • 腸/膀胱機能の調整
  • 適切な栄養摂取
  • 早期のモビリゼーションとリハビリテーション
  • 術後合併症の予防と早期発見・早期治療
  • ケアの頻度とタイミング、照明、騒音の調整による夜間の睡眠を妨げず過ごしやすい、見当識維持を助ける適度な刺激のある環境の調整
  • ケア参加できる程度の鎮静レベルの維持と意思表示の促進

 

睡眠環境の調整では照明や騒音、看護ケアによる刺激の削減などが含まれる。低コストで有害性がほとんどないことから鎮静薬の必要量を減らすためにも実施が推奨されている

早期離床は、せん妄管理と並んでABCDEバンドルの1つとして位置づけられており、重要性の認識は広まってきている。

Needhamらは、医師、看護師、理学療法士・作業療法士などからなる多職種チームによる適切な鎮痛・鎮静管理と早期リハビリテーションを組み合わせた介入を行い、介入前と比較して運動機能レベルの向上(端座位可:P=0.02、椅子への移動:P=0.005、立位:P=0.05)と、せん妄期間の短縮(P=0.03)が認められたと報告している。この調査では、インフォメーション、教育、カンファレンス、コンサルテーション、介入効果のフィードバックなどを行い医療チームの連携と介入の促進を図っている。

各施設で早期離床を積極的に取り入れる際には、安全性維持のためにも、早期離床の重要性と進め方、せん妄・痛み・鎮静の評価スケールの使い方などに関するスタッフ教育と適切な鎮痛・鎮静管理、離床の開始基準・中止基準の設定、運動機能の評価などが必要であり、医師・理学療法士を含めた多職種連携による介入が望まれる。

医療チーム内での認識の共有と円滑な介入を促進するには、早期離床を成功させるために活用できるリソースやシステムのインフォメーション、カンファレンス、介入効果のフィードバックを行っていくことも重要である。

 


[文献]


[Profile]
茂呂悦子
自治医科大学附属病院看護部/集中ケア認定看護師、急性・重症患者看護専門看護師


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』(編集)道又元裕/2016年1月刊行

新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

MCIがアルツハイマー病に発展する原因は?

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」を題材にわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1084
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1087
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1139
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
1024
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
988
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
801
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日

今年一番の個人的なニュースは?

投票数:
530
実施期間:
2018年12月14日 2019年01月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3440

Bさんは独居の80歳代男性です。発熱のため、精査入院となりました。既往歴は糖尿病で、持参薬は3種類でした。担当看護師が、Bさんの持参薬を確認し、持参薬確認報告書を作成して主治医に提出しました。主治医からは、糖尿病治療薬を中止し、インスリンスケール対応とする指示を受けました。担当看護師は、Bさんの認知機能が良好であったことから持参薬の自己管理は可能であると判断しました。そこで、Bさんに糖尿病治療薬の服用中止を口頭で伝え、持参薬を自分で管理してもらうことにしました。その2日後、担当薬剤師がBさんに服薬確認したところ、服用中止のはずの糖尿病治療薬を現在も服用していることが分かりました。今後のBさんの服薬管理について、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.Bさんにもう一度服薬指導をする。
  • 2.自己管理は中止し、看護師管理とする。
  • 3.Bさんにもう一度服薬指導をし、中止した薬は付箋を貼って分かるようにした。
  • 4.Bさんにもう一度服薬指導をし、中止した薬は看護師が預かった。
今日のクイズに挑戦!