1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. せん妄を早期に発見するには、どんなアセスメントツールが有用?

2018年07月31日

せん妄を早期に発見するには、どんなアセスメントツールが有用?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「せん妄のアセスメントツール」に関するQ&Aです。

 

茂呂悦子
自治医科大学附属病院看護部

 

せん妄を早期に発見するには、どんなアセスメントツールが有用?

成人のICU患者に使用できるせん妄のモニタリングツールのなかで、信頼性と妥当性が最も高いのは、CAM-ICUとICDSCです。

 

〈目次〉

 

せん妄のモニタリングツール

CAM-ICUとICDSCは、挿管・非挿管患者どちらにも使用できる。

両者とも、ICU看護師と集中治療医師が使用した際の評価者間の信頼性が高く、DSM-Ⅳで比較したとき、高い感度と特異度を示したとして、PADガイドラインでも推奨されている

しかし、両者とも、日本語版の信頼性・妥当性の検証が行われていない点は課題である。

 

CAM-ICU

CAM-ICUの評価は2つのステップからなる。

1ステップ1

RASS(『人工呼吸中の鎮静レベルの評価方法には、どんなものがあるの?』)または、それ以外の鎮静スケールを用いて覚醒の状態を評価する。

RASS−4と−5(他のスケールを使用した場合は、これに相当するレベル)の患者は、深く鎮静させられているか、昏睡状態ということになり、せん妄かどうか「評価不能」と判断する。

RASS−3以上の場合、ステップ2の有無を評価する。

 

2ステップ2

CAM-ICU(表1)でせん妄の診断基準に該当する4つの特徴を見る。

  1. 特徴1     精神状態変化の急性発症または変動性の経過
  2. 特徴2     注意力欠如
  3. 特徴3     意識レベルの変化
  4. 特徴4     無秩序な思考

表1CAM-ICU

CAM-ICU

ICU Delirium and Cognitive Impairment Study Group:Monitoring Delirium in the ICU. http://www.icudelirium.org/delirium/monitoring.html(2014年11月18日閲覧).を参考に作成

特徴1特徴2があり、特徴3または特徴4があれば、せん妄と評価する。

幻覚は、しばしばせん妄患者に認められる症状であるが、診断上の必須条件ではないため、CAM-ICUでは検出できない。

「せん妄なし」と評価された場合でも、幻覚のようなせん妄症状が認められる場合もある。この場合は、軽微なせん妄と考えられ、時間経過とともにCAM-ICU で「せん妄あり」になりうるので、モニタリングを継続する。

 

ICDSC

ICDSC(表2)は、8~12時間の勤務帯で実施する日常的な看護介入時の観察や診療録、申し送りなどの情報に基づき、8項目それぞれについて該当の有無を評価する。

表2ICDSC

ICDSC

Bergeron N, Dubois MJ, Dumont M, et al. Intensive Care Delinium Screening Checkllist:evaluation of a new screening tool.Intensive Care Med 2001;27:859-864.Dr. Nicolas Bergeron の許可を得て逆翻訳法を使用し翻訳,翻訳と評価:卯野木健(筑波大学附属病院),水谷太郎(筑波大学医学医療系救急・集中治療部),櫻本秀明(筑波大学附属病院)

 

8項目の合計が4点以上であれば、せん妄と判断する。

点数化できるため、重症度の評価として代用できる可能性がある。

患者に直接質問や指示をする必要がないため、患者に負担をかけないのがメリットである。

CAM-ICUは評価した時点でのせん妄の有無を判断できるのに対して、ICDSCは過去8~12時間の包括的な状態の評価である点は留意する必要がある。

 

略語

  • CAM-ICU(confusion assessment method for ICU)
  • ICDSC(intensive care delirium screening checklist)
  • RASS(Richmond agitation-sedation scale)

[文献]


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1298
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1314
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1192
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1053
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
928
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
586
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7269

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!