1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. 鎮痛管理のポイントは?|人工呼吸ケア

2018年05月29日

鎮痛管理のポイントは?|人工呼吸ケア

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。
今回は「人工呼吸中の鎮痛管理」に関するQ&Aです。

 

古賀雄二
川崎医療福祉大学保健看護学科准教授

 

鎮痛管理のポイントは?

「患者は常に痛みを感じている」という前提に立ち、先制鎮痛を行うことが重要です。

 

〈目次〉

 

鎮痛管理のポイント

PADガイドラインでは、痛みを“ルーチン評価”することを推奨している。これは、定期的(盲目的)に評価するだけでなく、「患者は安静時を含めて常に痛み(不快感)を感じている」という前提に立って評価することを指している。

とりわけ、self-reportを引き出す患者と医療者のコミュニケーションが重要である。患者-医療者間のコミュニケーションだけでなく、医療チーム内のコミュニケーションから見つめなおす必要がある場合もある(interdisciplinary team approach/インターディシプリナリーチームアプローチ:学際的チームアプローチ)。

 

薬理学的ケア

処置に伴う痛み(procedure-related pain:プロセデュアリレーティッドペイン)については、積極的に鎮痛を図る。

鎮痛重視型鎮静(analgesia-first sedation)が推奨されており、鎮痛を重視した管理を行うことで過剰鎮静の予防にもつながる(『PADガイドラインってなに?』)。

意識状態を総合的に評価し、self-reportが可能であればiv-PCA(経静脈的自己調節鎮痛法)も検討する。

 

非薬理学的ケア

薬理学的介入のまえに、実施可能な非薬理学的ケアが行われたかを確認する。

PADガイドラインでは、非薬理学的ケアとして、ケアの効率化を含めた睡眠環境の調整や早期離床を挙げている。

痛み・不穏・せん妄は、自律神経の不均衡を共通のキーワードとしており、これらのケアを総じて「自律神経ケア」と表現可能であり(図1)、非薬理学的ケアはcomfort(コンフォート)ケアとして表現可能である。

図1せん妄ケアの考え方

Page V, Ely EW. Delirium in critical care. New York: Cambridge University Press; 2011.

 

患者の感じる多彩な痛みのとらえ方としてトータルペイン(身体的・精神的・霊的・社会的痛み)の考え方、comfort・discomfort(ディスコンフォート:快・不快)の考え方、医原性リスクの考え方、家族からの情報などを参考に患者の個別的な痛みを見いだすことが重要である。

 

略語

  • iv-PCA(intravenous patient-controlled analgesia):経静脈的自己調節鎮痛法

[文献]


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

著作権について

この連載

  • 人工呼吸中に鎮静を行う前に考慮することは? [06/12up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の鎮静」に関するQ&Aです。 植村 桜 大阪市立総合医療センター看護部   人工呼吸中に鎮静を行う前に考慮することは? 患者の苦... [ 記事を読む ]

  • 人工呼吸中の鎮静の目的は? [06/05up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の鎮静」に関するQ&Aです。 植村 桜 大阪市立総合医療センター看護部   人工呼吸中の鎮静の目的は? 鎮静は、患者の苦痛を軽減... [ 記事を読む ]

  • 鎮痛管理のポイントは?|人工呼吸ケア [05/29up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の鎮痛管理」に関するQ&Aです。   古賀雄二 川崎医療福祉大学保健看護学科准教授   鎮痛管理のポイントは? 「患者は常...

  • ICUでよく使用される鎮痛薬と、その特徴は? [05/22up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「よく使用される鎮痛薬」に関するQ&Aです。   古賀雄二 川崎医療福祉大学保健看護学科准教授   ICUでよく使用される鎮痛薬と、その特徴は? ... [ 記事を読む ]

  • 人工呼吸中の鎮痛評価は、どのように行うの?|人工呼吸ケア [05/15up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「鎮痛評価」に関するQ&Aです。   古賀雄二 川崎医療福祉大学保健看護学科准教授   鎮痛評価は、どのように行うの? 主観的痛み評価... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりでいい? 指導をめぐるさまざまな立場からの想い。 [ 記事を読む ]

【動画で解説】採血の手技

刺入から抜針までの手順やコツが見てわかる! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1372
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1703
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1282
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1176
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1024
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
877
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
111
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1201

あなたはリーダー看護師より、輸血管理部門へ行き、「照射赤血球濃厚液(RCC)」と融解前の「新鮮凍結血漿(FFP)」とを受け取ってくるように依頼を受けました。搬送中および病棟での管理で最も正しいものは、次のうちどれでしょうか?

  • 1.「照射赤血球濃厚液(RCC)」は温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、冷凍した保冷剤を入れた保冷搬送容器を用いて搬送した。
  • 2.「照射赤血球濃厚液(RCC)」と「新鮮凍結血漿(FFP)」を1つの保冷搬送容器に梱包して丁寧に搬送した。
  • 3.「新鮮凍結血漿(FFP)」は、温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、保冷剤を入れた保冷搬送容器で搬送した。
  • 4.病棟では、「照射赤血球濃厚液(RCC)」は一般用冷蔵庫へ、「新鮮凍結血漿(FFP)」は一般用冷凍庫へ分けて収納した。
今日のクイズに挑戦!