1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド>
  4. チェスト・ドレーン・バック(Q-1タイプ、Q-2タイプ)|ドレナージ吸引装置の使い方

2019年03月24日

チェスト・ドレーン・バック(Q-1タイプ、Q-2タイプ)|ドレナージ吸引装置の使い方

ドレーン・カテーテル・チューブ管理

ドレーンカテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。

今回はチェスト・ドレーン・バック(Q-1タイプ、Q-2タイプ)について説明します。

編著 窪田敬一
獨協医科大学医学部第二外科教授

 

〈目次〉

 

チェスト・ドレーン・バックの使用部位・適応

  • 胸部ドレナージ全般

 

チェスト・ドレーン・バックの各部の名称と機能

 

チェスト・ドレーン・バックの使用手順・接続

1使用前準備(注水)

  1. 水封部に定量(25mL)の滅菌蒸留水を注入する。注水には注射器を使用し、吸引チューブの先端コネクターから注入する。
  2. 注水口から吸引圧設定部に任意量の滅菌蒸留水を注入する。注入時には、吸引圧設定目盛りに合わせて注入する。注水した水位により吸引圧が設定される。

 

2本器と患者を連結

患者の体内に挿入されたドレーンに本器の排液チューブを連結する。

 

3本器と吸引源を連結

  1. 吸引チューブを吸引源に連結する。
  2. 院内の壁配管のバキュームを吸引源とする。
  3. 連結には、壁掛吸引ビンまたは専用バルブセットを介して接続する。

 

4吸引開始(吸引源のバルブを開く)

吸引圧設定部の水中に連続的な発泡が持続する状態に吸引源のバルブを調節する。

 

チェスト・ドレーン・バックの保守・点検

1保守

ディスポーザブルタイプなので保守は不要。

 

2点検

使用前に次の点検を行う。異常があれば、そのユニットは使用しない。

  1. 無菌の確認:本器(ユニット)の包装を開封する前に、包装に破損がないか点検する。
  2. 破損の有無の確認:包装を開封した際、本体に破損がないか点検する。

 

チェスト・ドレーン・バックの使用上の注意

  • 本器は常に立てて使用し、転倒しないように注意する。
  • 本器は患者の胸部より低い位置に設置する。
  • 排液チューブが折れないように設置する。
  • 排液チューブ内に排出した液を溜めない。
  • 吸引圧設定部に注入した水は、長時間使用すると蒸発するので、1日に1~2回、適正水位まで追加注水する。

 


[販売元/資料請求先]
住友ベークライト株式会社 医療機器事業部
〒140-0002  品川区東品川2-5-8  天王洲パークサイドビル
URL:http://www.sumibe.co.jp/product/medical/

*掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社

[出典] 『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド第一版』 (編著)窪田敬一/2015年7月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • デイボールCWS400 PVCセット|ドレナージ吸引装置の使い方 [04/21up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回はデイボールCWS400PVCセットについて説明します。 編著 窪田敬一 獨協医科大学医学部第二外科教授   〈目次〉 デイボールCW... [ 記事を読む ]

  • デイボール リリアバック|ドレナージ吸引装置の使い方 [04/07up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回はデイボール リリアバックについて説明します。 編著 窪田敬一 獨協医科大学医学部第二外科教授   〈目次〉 デイボール リリアバック... [ 記事を読む ]

  • チェスト・ドレーン・バック(Q-1タイプ、Q-2タイプ)|ドレナージ吸引装置の使い方 [03/24up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回はチェスト・ドレーン・バック(Q-1タイプ、Q-2タイプ)について説明します。 編著 窪田敬一 獨協医科大学医学部第二外科教授   〈目次〉 ...

  • チェスト・ドレーン・バック(分離型)|ドレナージ吸引装置の使い方 [03/10up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回はチェスト・ドレーン・バック(分離型)について説明します。 編著 窪田敬一 獨協医科大学医学部第二外科教授   〈目次〉 チェスト... [ 記事を読む ]

  • ソラシックエッグ|ドレナージ吸引装置の使い方 [02/24up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回はソラシックエッグについて説明します。 編著 窪田敬一 獨協医科大学医学部第二外科教授   〈目次〉 ソラシックエッグの使用部位・... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1468
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1357
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1283
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1208
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1175
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
708
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
586
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5271

◆がん看護の問題◆Cさんは40歳代の営業職の仕事を行っている男性です。非小細胞肺がんと診断され、「今後も仕事を継続しながら治療を行いたい」と話しています。
Cさんの治療は、抗がん剤であるビノレルビン酒石酸塩+シスプラチン療法を行うことになりました。
今後、骨髄抑制の副作用が予測されるCさんに対してどのような説明が必要でしょうか?

  • 1.抗がん剤投与から1週間は特に貧血に注意して生活をしてもらう。
  • 2.治療期間中は感染を防ぐため、仕事を控えるように説明する。
  • 3.血小板の減少は抗がん剤投与後3週間程度で起こるが、その時期は、自分で気づきにくい内出血に注意するよう説明する。
  • 4.白血球は抗がん剤投与後7~14日程度で最低値となるため、特にこの期間は感染に注意が必要である。
今日のクイズに挑戦!