1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 血液培養のうまいとり方

2017年05月11日

血液培養のうまいとり方

『エキスパートナース』2015年1月号<臨床の裏ワザ・裏知識>より抜粋。
血液培養のうまいとり方について解説します。

きちんと消毒して適切な量の採血ができれば、血液培養は誰でもとることができます。では「きちんと」「適切な」とはどのようなものでしょうか?

 

山本舜悟
(神戸大学医学部附属病院感染症内科/京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻医療疫学分野)

 

〈目次〉

 

穿刺部位の消毒は、アルコール綿だけでもよい

血液培養採取前の皮膚消毒は、病院によっていろいろなやり方があると思います。また主な消毒薬として「アルコール」「ヨード剤」「クロルヘキシジングルコン酸塩」があります。

『血液培養検査ガイド』には、穿刺部位を2回アルコール綿で消毒したのち(この場合、アルコール綿は単包化されたものを使用)、10%ポビドンヨード(イソジン®液)または0.5~1%クロルヘキシジングルコン酸塩エタノール綿で消毒すると記載されています(文献1)。非常にていねいに行う場合はこれがよいですが、じつはポビドンヨードでの消毒を追加せずにアルコール綿での消毒のみでも、コンタミネーション(皮膚表面の常在菌を拾って血液培養が陽性になること)の割合はほとんど変わらないという研究結果が、日本から報告されています(文献2)。

その考え方を反映した、“血液培養採取の簡単な流れ”を図1にまとめました。

図1血液培養の採取の仕方

血液培養の採取の仕方

 

アルコール綿での消毒は、消毒効果が出る(=乾燥する)まで待ったほうがよい

筆者が研修医のころは、ポビドンヨードで消毒を行った場合、乾燥するまで待たなければならないと教わりましたが、じつは接触時間が大切で、必ずしも乾燥するまで待つ必要はないようです。ポビドンヨード液の場合、30秒ほどで消毒効果が発揮されると言われます(文献3,4)。

よって、“乾くまで時間がかかるから“と、非常に薄くしか塗らなかったり、息を吹いて乾かそうとしたりするのは消毒効果が不十分になったり、唾の中の細菌が付着してしまう可能性があり、本末転倒です。穿刺部位が十分に消毒されるように、塗布してから最低30秒(理想的には2分間)待てば十分です。ただし、ヨード剤での消毒は省略してしまってもよいかもしれません。

アルコール綿で消毒を行った場合も、乾燥するまで待ったほうがよいです。アルコールは乾燥するときに消毒効果を発揮すると言われますし、乾燥する前に穿刺をするとアルコールがしみて痛いのが理由です。

 

血液培養ボトルのゴム栓は消毒しなくてはならない

血液培養ボトルは、キャップを外してゴム栓のところに注射針を刺して血液を注入します。

キャップで覆われているので、いかにも滅菌されている雰囲気を醸し出していますが、じつはこのゴム栓は滅菌が保証されていません。血液の注入前に消毒用アルコール綿で消毒しておく必要があります。

 

十分量が採血できなかった場合は、血液培養ボトルに注入する順番は好気ボトルを優先させてもよい

嫌気ボトルに空気が入らないように、嫌気ボトル→好気ボトルの順に注入するのが一般的です(文献1)。しかし、十分な採血量が得られなかった場合、好気ボトルの量を優先させて残りを嫌気ボトルへ注入するというやり方もあります。

これは、大部分の菌血症は好気性菌や通性嫌気性菌(つまり、好気環境・嫌気環境どちらでも発育する菌)であり、好気ボトルのほうがよく発育する(=検査が陽性と出やすくなる)ためです。

 

血液培養2セットは、2か所別々に採血する

血液培養2セットは、1か所で採血したものを2セットに分けてはダメです。どんなに注意深く消毒して採血しても、コンタミネーションをゼロにすることはできません。表皮ブドウ球菌は皮膚の常在菌なのでコンタミネーションとして血液培養から検出される菌の代表格です。

例えば1セットしか血液培養を採取せずに表皮ブドウ球菌が血液培養から検出された場合、この細菌が“皮膚にいただけなのか”“血液の中にいたのか”判断するのが難しくなります。もし2か所別々の部位から採取して、2セットとも陽性であれば、コンタミネーションがたまたま連続して起こるというのは確率的に考えにくく、真の菌血症だったのだろうと考えることができます。必ず2か所、別々の部位(例:左腕と右腕など)から採血しましょう。

 


[引用・参考文献]


[Profile]
山本舜悟
神戸大学医学部附属病院感染症内科/京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻医療疫学分野

*略歴は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社

P.12~「臨床の裏ワザ・裏知識」

[出典] 『エキスパートナース』 2015年1月号/ 照林社

著作権について

関連記事

いちおし記事

ぴんとこ総選挙 結果発表|マンガ・ぴんとこなーす【番外編】

1位は看護のジレンマがテーマのあの話!あなたの推し回はランクインしてる? [ 記事を読む ]

熱中症の応急処置・治療の方法は?

暑さが本格化…!熱中症の対応は万全に! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ナース・プラクティショナーの制度に賛成?反対?

投票数:
1242
実施期間:
2019年07月30日 2019年08月20日

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1192
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1041
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1020
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
895
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
733
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者763

慢性心不全の70歳男性のAさん。外来受診時に、「今度、家族と旅行に行く予定があるが、自宅でトイレに行くときにちょっと息切れが出るので少し不安がある」という訴えがありました。AさんをNYHA分類に当てはめた場合、適切なアドバイスはどれでしょうか?

  • 1.心臓リハビリテーションは中止するよう伝える。
  • 2.入浴はしないほうがよいと伝える。
  • 3.旅行は、長時間かかる電車よりも、移動が短時間で済む飛行機を勧める。
  • 4.毎日体重測定を行うように指導していく。
今日のクイズに挑戦!