1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 術後、ドレーン排液の色調が変化するのはなぜ?

2017年08月06日

術後、ドレーン排液の色調が変化するのはなぜ?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「ドレーン排液の色調」に関するQ&Aです。

術後、ドレーン排液の色調が変化するのはなぜ?

ドレーンの排液の成分が変化するためです。

〈目次〉

 

排液の成分とは?

術後早期のドレーンからの排液の成分は、手術操作に伴う出血からの血液成分と手術中に洗浄に使用した生理食塩水などが大部分を占めます。薄い血液の色をしており、いわゆる淡血性と呼ばれる性状です(図1)。

図1淡血性のドレーン排液

淡血性のドレーン排液

 

一方、手術による炎症が原因で血管透過性が亢進して生じる滲出液にはさまざまな種類のタンパク質や細胞成分が含まれており、これがいわゆる漿液性と呼ばれる性状で淡黄色を呈しています(図2)。

図2淡黄色のドレーン排液

淡黄色のドレーン排液

 

ドレーン排液の色調はどのように変化する?

ドレーンの排液の性状は、ドレーンの留置部位にもよりますが、術後経過に問題がなければ、「淡血性→淡々血性→淡黄色→淡々黄色」と変化していくのが普通です。これは、しだいに血液成分が減少し、手術による炎症の変化で滲出液が増えてくるためです。

したがって、排液が薄くなっていくのは微小な出血が減ってきているサインです。

 

どんな色調の変化が異常?

手術の内容やドレーンの留置部位によって考えられる異常が異なります。

具体的には、排液の色調が濃血性であれば術後出血、濃黄色や黄土色であれば胆汁漏(図3)、赤ワイン色であれば膵液漏、褐色であれば縫合不全、乳白色であればリンパ漏、などです。

図3胆管チューブの排液

胆管チューブの排液

 

個別に排液の色調の変化とアセスメントのポイントを把握することが大切です。

 


[Profile]
中島隆善
大阪市立総合医療センター消化器外科


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』(編著)西口幸雄/2014年5月刊行

術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100

著作権について

この連載

  • 持続吸引ドレーン挿入時、貯留液(血液)がどのくらい増えたら危険? [09/03up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「接続吸引ドレーン挿入時の貯留液」に関するQ&Aです。 持続吸引ドレーン挿入時、貯留液(血液)がどのくらい増えたら危険? 一般的には、1... [ 記事を読む ]

  • 腹腔ドレーンの排液の観察ポイントって何? [08/20up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「腹腔ドレーン排液」に関するQ&Aです。 腹腔ドレーン排液の観察ポイントって何? 排液の性状と量です。性状と量の異常を知っていることで、... [ 記事を読む ]

  • 術後、ドレーン排液の色調が変化するのはなぜ? [08/06up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「ドレーン排液の色調」に関するQ&Aです。 術後、ドレーン排液の色調が変化するのはなぜ? ドレーンの排液の成分が変化するためです。 ...

  • NPWT(局所陰圧閉鎖療法)って何? [06/26up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「NPTW(局所陰圧閉鎖治療)」に関するQ&Aです。 NPWTって何? 創部を密閉し陰圧をかける治療方法のことです。従来の方法に比べて早... [ 記事を読む ]

  • 酸素投与は創傷治療に有効って本当? [06/19up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「酸素投与の創傷治療への有効性」に関するQ&Aです。 酸素投与は創傷治癒に有効って本当? はい。術中および術後数時間の高濃度酸素投与が、... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

MCIがアルツハイマー病に発展する原因は?

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」を題材にわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1084
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1089
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1140
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
1025
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
989
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
804
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日

今年一番の個人的なニュースは?

投票数:
535
実施期間:
2018年12月14日 2019年01月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3597

Bさんは独居の80歳代男性です。発熱のため、精査入院となりました。既往歴は糖尿病で、持参薬は3種類でした。担当看護師が、Bさんの持参薬を確認し、持参薬確認報告書を作成して主治医に提出しました。主治医からは、糖尿病治療薬を中止し、インスリンスケール対応とする指示を受けました。担当看護師は、Bさんの認知機能が良好であったことから持参薬の自己管理は可能であると判断しました。そこで、Bさんに糖尿病治療薬の服用中止を口頭で伝え、持参薬を自分で管理してもらうことにしました。その2日後、担当薬剤師がBさんに服薬確認したところ、服用中止のはずの糖尿病治療薬を現在も服用していることが分かりました。今後のBさんの服薬管理について、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.Bさんにもう一度服薬指導をする。
  • 2.自己管理は中止し、看護師管理とする。
  • 3.Bさんにもう一度服薬指導をし、中止した薬は付箋を貼って分かるようにした。
  • 4.Bさんにもう一度服薬指導をし、中止した薬は看護師が預かった。
今日のクイズに挑戦!