1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. RSTってなに?|人工呼吸ケアのすべてがわかる

2017年02月24日

RSTってなに?|人工呼吸ケアのすべてがわかる

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回はRST(呼吸ケアサポートチーム)についてのお話です。

〈目次〉

 

RSTとは

RST(respiratry support team:呼吸ケアサポートチーム)の正式な名称は、RCT(respiratry care team)といい、一般的に「呼吸ケアチーム」と呼ばれる。呼吸ケアチームは、主に人工呼吸器を装着した患者を対象に、医師、看護師、理学療法士や臨床工学技士などの多職種が集まって活動するチームである。

具体的な活動内容は、呼吸ケアチーム回診で、人工呼吸器を装着した患者が適切な人工呼吸器設定となっているかの確認や、安全管理が守られているかどうか、人工呼吸器関連の合併症予防が適切に行われているかの確認などを行い、その確認したことを臨床の現場に提案や提言として還元し、より適正な人工呼吸管理をサポートすることである。

 

呼吸ケアチームと診療報酬

呼吸ケアチームの活動は、2010年から「呼吸ケアチーム加算」として診療報酬が算定できるようになった。この加算の算定条件は、人工呼吸器管理等について十分な経験のある専任の医師、人工呼吸器管理や呼吸ケアの経験を有する専任の看護師、人工呼吸器等の保守点検の経験を3年以上有する専任の臨床工学技士、呼吸器リハビリテーション等の経験を5年以上有する専任の理学療法士がチームに参加していることであり、特に、看護師については、特定の認定看護師または専門看護師がメンバーに必要となる。

呼吸ケアチーム加算算定要件のメンバーがすべてそろわなければチームを運営できないわけではない。理想としては、人工呼吸に携わる多職種の参加が望まれるものの、すべての職種がそろわなくても、人工呼吸管理中の患者への適切な呼吸管理の提供を目的に限られた資源(人員)で活動することは可能である。また、呼吸ケアチーム加算算定要件ではないものの、歯科医師や歯科衛生士、管理栄養士や薬剤師など、より多角的に患者のことをとらえられるようなチームメンバーの参加にも期待が寄せられている。

 

チーム医療の時代

呼吸ケアチーム以外にも、栄養サポートチームや緩和ケアチームなど、近年チーム医療が注目されている。1人の医師が自分の患者を抱え込む時代から、多職種で連携し、患者の回復の近道を模索するチーム医療が、今後の医療の流れとなることは間違いなさそうである。

 


[Profile]
清水孝宏
那覇市立病院看護部/集中ケア認定看護師


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』(編集)道又元裕/2016年1月刊行

新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

  • 喘息【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【6】 [04/21up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 胸腔穿刺|呼吸器系の検査 [09/28up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、胸腔穿刺について解説します。 〈目次〉 胸腔穿刺とはどんな検査か 胸腔穿刺の目的 胸腔穿刺の実際 -胸腔穿刺の適応 -臨床所見 -胸腔穿刺の必... [ 記事を読む ]

  • 急性過敏性肺炎の疾患解説 [07/25up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! 初... [ 記事を読む ]

  • 末梢循環不全のある部位でSpO2測定を避けるのはなぜ? [06/21up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回はパルスオキシメータの測定に関するQ&Aです。 末梢循環不全のある部位でSpO2測定を避けるのはなぜ? 末梢循環不全やマニキュアなどがある場合、末梢の血流や色の違... [ 記事を読む ]

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者さんの聴診音 [06/20up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! 初... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ダメだけど、クスっと笑える「失言」経験ある?|看護師の本音アンケート

今だから話せる!みんなの失言エピソードを5つご紹介。 [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

体調不良でお休みの連絡をしたとき、あなたの勤務先の対応は?

投票数:
1273
実施期間:
2019年02月26日 2019年03月19日

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1263
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1154
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1145
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1049
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
850
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者138

全身麻酔下で長時間の手術を受け、侵襲が加わった患者さんに対する栄養管理について正しいのはどれでしょうか?

  • 1.生体に侵襲が加わると必ず供給される内因性エネルギーは、筋タンパク質異化により供給されるアミノ酸を基質とした糖新生のことである。
  • 2.侵襲が加わった患者さんへのエネルギー供給は、「内因性エネルギー+外因性エネルギー=TEE(一日総消費エネルギー量)」となるように供給する。
  • 3.Overfeedingとは、過剰エネルギー投与のことだが、侵襲下のOverfeedingが引き起こされる代謝性有害事象には1)高血糖と2)栄養ストレスの2つがある。
  • 4.侵襲が加わった患者さんに外因性エネルギー供給である栄養投与を行うと、ホルモン・サイトカイン環境に直接作用して侵襲反応を軽減する。
今日のクイズに挑戦!