1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. RSTってなに?|人工呼吸ケアのすべてがわかる

2017年02月24日

RSTってなに?|人工呼吸ケアのすべてがわかる

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回はRST(呼吸ケアサポートチーム)についてのお話です。

〈目次〉

 

RSTとは

RST(respiratry support team:呼吸ケアサポートチーム)の正式な名称は、RCT(respiratry care team)といい、一般的に「呼吸ケアチーム」と呼ばれる。呼吸ケアチームは、主に人工呼吸器を装着した患者を対象に、医師、看護師、理学療法士や臨床工学技士などの多職種が集まって活動するチームである。

具体的な活動内容は、呼吸ケアチーム回診で、人工呼吸器を装着した患者が適切な人工呼吸器設定となっているかの確認や、安全管理が守られているかどうか、人工呼吸器関連の合併症予防が適切に行われているかの確認などを行い、その確認したことを臨床の現場に提案や提言として還元し、より適正な人工呼吸管理をサポートすることである。

 

呼吸ケアチームと診療報酬

呼吸ケアチームの活動は、2010年から「呼吸ケアチーム加算」として診療報酬が算定できるようになった。この加算の算定条件は、人工呼吸器管理等について十分な経験のある専任の医師、人工呼吸器管理や呼吸ケアの経験を有する専任の看護師、人工呼吸器等の保守点検の経験を3年以上有する専任の臨床工学技士、呼吸器リハビリテーション等の経験を5年以上有する専任の理学療法士がチームに参加していることであり、特に、看護師については、特定の認定看護師または専門看護師がメンバーに必要となる。

呼吸ケアチーム加算算定要件のメンバーがすべてそろわなければチームを運営できないわけではない。理想としては、人工呼吸に携わる多職種の参加が望まれるものの、すべての職種がそろわなくても、人工呼吸管理中の患者への適切な呼吸管理の提供を目的に限られた資源(人員)で活動することは可能である。また、呼吸ケアチーム加算算定要件ではないものの、歯科医師や歯科衛生士、管理栄養士や薬剤師など、より多角的に患者のことをとらえられるようなチームメンバーの参加にも期待が寄せられている。

 

チーム医療の時代

呼吸ケアチーム以外にも、栄養サポートチームや緩和ケアチームなど、近年チーム医療が注目されている。1人の医師が自分の患者を抱え込む時代から、多職種で連携し、患者の回復の近道を模索するチーム医療が、今後の医療の流れとなることは間違いなさそうである。

 


[Profile]
清水孝宏
那覇市立病院看護部/集中ケア認定看護師


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』(編集)道又元裕/2016年1月刊行

新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1300
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1112
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
768
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
988
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
946
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
618
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者66

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!