1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. RSTってなに?|人工呼吸ケアのすべてがわかる

2017年02月24日

RSTってなに?|人工呼吸ケアのすべてがわかる

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回はRST(呼吸ケアサポートチーム)についてのお話です。

 

清水孝宏
那覇市立病院看護部看護師長

 

〈目次〉

 

RSTとは

RST(respiratry support team:呼吸ケアサポートチーム)の正式な名称は、RCT(respiratry care team)といい、一般的に「呼吸ケアチーム」と呼ばれる。呼吸ケアチームは、主に人工呼吸器を装着した患者を対象に、医師、看護師、理学療法士や臨床工学技士などの多職種が集まって活動するチームである。

具体的な活動内容は、呼吸ケアチーム回診で、人工呼吸器を装着した患者が適切な人工呼吸器設定となっているかの確認や、安全管理が守られているかどうか、人工呼吸器関連の合併症予防が適切に行われているかの確認などを行い、その確認したことを臨床の現場に提案や提言として還元し、より適正な人工呼吸管理をサポートすることである。

 

呼吸ケアチームと診療報酬

呼吸ケアチームの活動は、2010年から「呼吸ケアチーム加算」として診療報酬が算定できるようになった。この加算の算定条件は、人工呼吸器管理等について十分な経験のある専任の医師、人工呼吸器管理や呼吸ケアの経験を有する専任の看護師、人工呼吸器等の保守点検の経験を3年以上有する専任の臨床工学技士、呼吸器リハビリテーション等の経験を5年以上有する専任の理学療法士がチームに参加していることであり、特に、看護師については、特定の認定看護師または専門看護師がメンバーに必要となる。

呼吸ケアチーム加算算定要件のメンバーがすべてそろわなければチームを運営できないわけではない。理想としては、人工呼吸に携わる多職種の参加が望まれるものの、すべての職種がそろわなくても、人工呼吸管理中の患者への適切な呼吸管理の提供を目的に限られた資源(人員)で活動することは可能である。また、呼吸ケアチーム加算算定要件ではないものの、歯科医師や歯科衛生士、管理栄養士や薬剤師など、より多角的に患者のことをとらえられるようなチームメンバーの参加にも期待が寄せられている。

 

チーム医療の時代

呼吸ケアチーム以外にも、栄養サポートチームや緩和ケアチームなど、近年チーム医療が注目されている。1人の医師が自分の患者を抱え込む時代から、多職種で連携し、患者の回復の近道を模索するチーム医療が、今後の医療の流れとなることは間違いなさそうである。

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

  • 結核性胸膜炎の疾患解説 [06/27up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! 初... [ 記事を読む ]

  • カルボプラチン+パクリタキセル+ベバシズマブ療法(看護・ケアのポイント)/肺がん [05/26up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、肺がん(肺癌)の患者さんに使用する抗がん剤「カルボプラチン+パクリタキセル+ベバシズマブ療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:... [ 記事を読む ]

  • 肺の構造とガス交換|呼吸する(3) [08/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、呼吸器系についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 呼吸系の器官のしくみ|呼吸する(2) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を探る旅... [ 記事を読む ]

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関するQ&A [02/15up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.慢性閉塞性肺疾患(CO... [ 記事を読む ]

  • 血液と酸塩基平衡|呼吸 [09/16up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 肺胞気および動脈血のO2およびCO2分圧|呼吸 今回は、血液と酸塩基平衡について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1416
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1301
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1174
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1092
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
252
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
847
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2891

Mallampati分類では、どのクラスから挿管困難と予想されるでしょうか?

  • 1.クラスI
  • 2.クラスII
  • 3.クラスIII
  • 4.クラスIV
今日のクイズに挑戦!