1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. 気管切開患者の吸引方法は?

2017年10月24日

気管切開患者の吸引方法は?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「気管切開患者の吸引方法」に関するQ&Aです。

気管切開患者の吸引方法は?

気管切開であっても、基本的に、経口挿管時の吸引と方法は同じです。ただし、吸引カテーテルを挿入する長さが異なります。

 

〈目次〉

 

気管切開時の吸引方法

気管切開における気管吸引の手順は、閉鎖式気管吸引でも、開放式気管吸引でも、経口挿管時と同様である。

異なる点は、吸引カテーテルを挿入する長さである。

 

気管切開時の吸引カテーテル挿入長

閉鎖式気管吸引の場合、吸引カテーテルの目盛りを見ながら、12~15cm挿入する。

開放式気管吸引の場合も、挿入する長さは12~15cmであるが、あらかじめその部分を持ち、それ以上奥へ挿入しないようにする(図1)。

図1気管切開時の吸引カテーテル挿入長

 

開放式気管吸引でも閉鎖式気管吸引でも、吸引カテーテルを根元まで全部挿入してはいけない。既製品は長めにつくられており、根元まで入れようとすると、長く挿入しすぎてしまうためである。

 


[文献]


[Profile]
露木菜緒
杏林大学医学部付属病院HCU/集中ケア認定看護師


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』(編集)道又元裕/2016年1月刊行

新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本

著作権について

この連載

  • 気管チューブのカフはなんのためにあるの?なぜカフ圧調整しなくてはいけないの? [11/07up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管チューブのカフ圧調整」に関するQ&Aです。 気管チューブのカフはなんのためにあるの?なぜカフ圧調整しなくてはいけないの? 気管チューブのカフの役... [ 記事を読む ]

  • 気管吸引後の評価では、なにを、どう評価するの? [10/31up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管吸引後の評価」に関するQ&Aです。 気管吸引後の評価では、なにを、どう評価するの? 気管分岐部の副雑音や、グラフィックモニタ波形の変化など、「吸... [ 記事を読む ]

  • 気管切開患者の吸引方法は? [10/24up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管切開患者の吸引方法」に関するQ&Aです。 気管切開患者の吸引方法は? 気管切開であっても、基本的に、経口挿管時の吸引と方法は同じです。ただし、吸...

  • 開放式気管吸引の方法 [10/17up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「開放式気管吸引の方法」について説明します。   〈目次〉 準備 気管吸引の必要性の判断 患者への説明 必要物品の準備 スタンダードプ... [ 記事を読む ]

  • 閉鎖式気管吸引の方法 [10/10up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「閉鎖式気管吸引の方法」について説明します。   〈目次〉 準備 気管吸引の必要性の判断 患者への説明 必要物品の準備 スタンダードプ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護師の平均年収480万円!給料データを大調査【2019年版】

「年収が高い」イメージの看護師。それってホント?最新データから徹底解説! [ 記事を読む ]

オペ室の器械がよくわかる!器械ミュージアム

器械の暗記はオペナースのキホン!使い方はもちろん、細部の機能まで写真で説明してるからわかりやすい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1434
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
1085
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
1060
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
826
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者258

月齢12カ月以下の乳児への乳児用調製粉乳(粉ミルク)を調乳する際、正しいのは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.一度沸騰した40℃以上のお湯を使う。
  • 2.一度沸騰した50℃以上のお湯を使う。
  • 3.一度沸騰した60℃以上のお湯を使う。
  • 4.一度沸騰した70℃以上のお湯を使う。
今日のクイズに挑戦!