1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. 気管切開患者の吸引方法は?

2017年10月24日

気管切開患者の吸引方法は?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「気管切開患者の吸引方法」に関するQ&Aです。

気管切開患者の吸引方法は?

気管切開であっても、基本的に、経口挿管時の吸引と方法は同じです。ただし、吸引カテーテルを挿入する長さが異なります。

 

〈目次〉

 

気管切開時の吸引方法

気管切開における気管吸引の手順は、閉鎖式気管吸引でも、開放式気管吸引でも、経口挿管時と同様である。

異なる点は、吸引カテーテルを挿入する長さである。

 

気管切開時の吸引カテーテル挿入長

閉鎖式気管吸引の場合、吸引カテーテルの目盛りを見ながら、12~15cm挿入する。

開放式気管吸引の場合も、挿入する長さは12~15cmであるが、あらかじめその部分を持ち、それ以上奥へ挿入しないようにする(図1)。

図1気管切開時の吸引カテーテル挿入長

 

開放式気管吸引でも閉鎖式気管吸引でも、吸引カテーテルを根元まで全部挿入してはいけない。既製品は長めにつくられており、根元まで入れようとすると、長く挿入しすぎてしまうためである。

 


[文献]


[Profile]
露木菜緒
杏林大学医学部付属病院HCU/集中ケア認定看護師


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』(編集)道又元裕/2016年1月刊行

新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本

著作権について

この連載

  • 気管チューブのカフはなんのためにあるの?なぜカフ圧調整しなくてはいけないの? [11/07up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管チューブのカフ圧調整」に関するQ&Aです。 気管チューブのカフはなんのためにあるの?なぜカフ圧調整しなくてはいけないの? 気管チューブのカフの役... [ 記事を読む ]

  • 気管吸引後の評価では、なにを、どう評価するの? [10/31up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管吸引後の評価」に関するQ&Aです。 気管吸引後の評価では、なにを、どう評価するの? 気管分岐部の副雑音や、グラフィックモニタ波形の変化など、「吸... [ 記事を読む ]

  • 気管切開患者の吸引方法は? [10/24up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管切開患者の吸引方法」に関するQ&Aです。 気管切開患者の吸引方法は? 気管切開であっても、基本的に、経口挿管時の吸引と方法は同じです。ただし、吸...

  • 開放式気管吸引の方法 [10/17up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「開放式気管吸引の方法」について説明します。   〈目次〉 準備 気管吸引の必要性の判断 患者への説明 必要物品の準備 スタンダードプ... [ 記事を読む ]

  • 閉鎖式気管吸引の方法 [10/10up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「閉鎖式気管吸引の方法」について説明します。   〈目次〉 準備 気管吸引の必要性の判断 患者への説明 必要物品の準備 スタンダードプ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

ナースは力持ち

気は優しくて力持ち!看護師ワカさん&ナスさんの”ナース筋”の見せ所。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

ショック状態や、心肺停止などのときは、ルート確保が困難なケースが多くなります。どこでとるべき? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

「看護師の9K」働いてみて実感するものは?

投票数:
2359
実施期間:
2018年04月03日 2018年04月24日

「看護師になりたい」と伝えた時、親はどういう反応だった?

投票数:
855
実施期間:
2018年04月06日 2018年04月27日

腰椎穿刺検査後の安静、どうしてる?

投票数:
734
実施期間:
2018年04月10日 2018年05月01日

一番好きな看護方式はどれ?

投票数:
725
実施期間:
2018年04月13日 2018年05月04日

ゴールデンウィーク、今年は何日?

投票数:
617
実施期間:
2018年04月17日 2018年05月08日

院内恋愛、もしするならどの職種がいい?

投票数:
520
実施期間:
2018年04月20日 2018年05月18日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者104

80歳代の男性Aさん。2週間前から続く倦怠感と微熱、咳嗽を主訴に外来の診察を待っていましたが、Aさんが「トイレで咳をしたら痰と一緒に少し血が出た」と訴えがありました。吐いた血液を確認したところ細かな気泡が混ざっており、量は少量でした。この後のAさんへの対応で最も正しいものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.感染症による喀血を疑い、外来待合室でAさんにN95マスクを着けてもらった。
  • 2.感染症による喀血を疑い、N95マスクを装着し、個室にAさんを移動させた。
  • 3.消化管からの出血を疑い、血圧、脈拍を確認し、バイタルサインが安定していることを確認した。
  • 4.消化官からの出血を疑い、処置室に移動させ、診察まで安静に過ごせるように対応した。
今日のクイズに挑戦!