2017年10月10日

閉鎖式気管吸引の方法

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「閉鎖式気管吸引の方法」について説明します。

 

〈目次〉

 

準備

図1気管分岐部の聴診とグラフィックモニタ

 

1気管吸引の必要性の判断

気管分岐部の聴診(副雑音の聴取)、グラフィックモニタなどで、気管吸引の必要性を判断する。

 

2患者への説明

意識の有無にかかわらず、吸引の必要性、どんなことをするのか説明する。

 

3必要物品の準備

閉鎖式吸引キット、吸引器、洗浄用生理食塩液、手袋(未滅菌)、アルコール綿

 

4スタンダードプリコーションの実施

手洗いを行い、手袋を着用する。

 

5吸引前の酸素化

人工呼吸器の100%酸素換気モードにて、吸引前に酸素投与を実施する。

 

吸引実施

図2吸引手順

 

1吸引圧の設定

吸引圧を20~25kPa(150~200Torr)に合わせる。

 

2口腔・カフ上部吸引

吸引前に、口腔吸引さらにカフ上部吸引(ポートがある場合のみ)を実施する。

 

3吸引カテーテル挿入の準備

手袋を装着する。

コネクティングチューブを吸引コントロールバルブに接続し、バルブを180度回転させて開く。

 

4吸引カテーテルの挿入

気管チューブとL字型コネクターの接続部を持ち、スリーブをたぐり上げながら、吸引カテーテルを挿入する。

気管チューブと吸引カテーテルの目盛りが合ったところから2〜3cm進める。

 

5吸引

気管分岐部直上まで挿入できたら、吸引圧をかけるコントロールバルブを押さないと、吸引圧はかからない。

気管分岐部から1~2cmまでは、ゆっくり(5秒程度)陰圧をかけながら吸引カテーテルを引き戻す。痰は、気管分岐部直上に多い(体位ドレナージは、ここに痰を集めるように行っている)ため、ここをゆっくり吸引する。分泌物のある場所では、一時止めてもよい。

吸引カテーテルが気管チューブ内に入ったら、さっと引き抜く。閉鎖回路を維持するため、黒い印の部分まで引き抜くことが重要である。

吸引時間は10秒以内で、できる限り短い時間で行う。

 

吸引後

図3カテーテルの洗浄

 

1吸引カテーテル内腔の洗浄

痰の性状を確認する。

吸引圧をかけながら、洗浄液注入ポートをアルコール綿で消毒する。

洗浄液(生理食塩液)10mL程度を注入し、吸引カテーテル内腔を洗浄する。十分に洗い流すことが重要であるため、洗浄液を少なくしたり、次に使い回したりしない。

洗浄が終わったら、すぐに洗浄液注入ポートから洗浄液を外す。洗浄液注入ポートに洗浄水をつけたままにすると、洗浄水が気管へ逆流するリスクとなる。

 

2終了後

バルブを180度回転させ、ロックする。

手洗い・手指消毒を行う。

吸引効果の評価をする。

 


[文献]


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』(編集)道又元裕/2016年1月刊行

新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本

著作権について

この連載

  • 気管切開患者の吸引方法は? [10/24up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管切開患者の吸引方法」に関するQ&Aです。 気管切開患者の吸引方法は? 気管切開であっても、基本的に、経口挿管時の吸引と方法は同じです。ただし、吸... [ 記事を読む ]

  • 開放式気管吸引の方法 [10/17up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「開放式気管吸引の方法」について説明します。   〈目次〉 準備 気管吸引の必要性の判断 患者への説明 必要物品の準備 スタンダードプ... [ 記事を読む ]

  • 閉鎖式気管吸引の方法 [10/10up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「閉鎖式気管吸引の方法」について説明します。   〈目次〉 準備 気管吸引の必要性の判断 患者への説明 必要物品の準備 スタンダードプ...

  • 閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引は、どう違うの? [10/03up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引」に関するQ&Aです。 閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引は、どう違うの? 吸引時に「大気に開放されるかどうか」が違います... [ 記事を読む ]

  • SpO2が低いときの気管吸引は、どうすればいいの? [09/26up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「SpO2が低いときの気管吸引」に関するQ&Aです。 SpO2が低いときの気管吸引は、どうすればいいの? 人工呼吸器装着中ならば、気管吸引を実施する前... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

ナースコールが多い人の特徴

ナースコールがないのは、平穏な証拠…とは限りません。 [ 記事を読む ]

結核疑いの患者さんは「◯◯室」に入室。さて、◯◯に入るのは?

結核は、集団感染が起こりやすい疾患の一つです。集団感染を引き起こさないために、結核の疑いのある患者さんにはどのような部屋に入ってもらうでしょうか?検査法などとともに解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

夜勤手当、いくらが妥当?

投票数:
639
実施期間:
2017年11月24日 2017年12月15日

院内勉強会…。忙しくても「出席したい」と思うテーマは?

投票数:
1417
実施期間:
2017年11月28日 2017年12月19日

摘便って得意?

投票数:
543
実施期間:
2017年12月01日 2017年12月22日

インフルエンザの症状、何がいちばんツラい?

投票数:
520
実施期間:
2017年12月05日 2017年12月26日

「これは腰にくる…」どの場面が一番ツラい?

投票数:
456
実施期間:
2017年12月08日 2017年12月29日

仕事で使うボールペン、推しメーカーある?

投票数:
385
実施期間:
2017年12月12日 2018年01月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者196

88歳男性の入院患者のAさん。強い便秘症状があり、自宅では毎日下剤を内服しており、入院後もその下剤を持参して服薬しています。「昨日は少量の便が出たが、下の方の腹が重苦しいし、腹が膨れてきた。張って苦しい」と訴えます。今日は硬便が少量あり、医師により指示されたグリセリン浣腸を実施しました。しかし、反応便は水様便少量と排液のみで、腹部症状の改善は見られませんでした。看護師のあなたがAさんに次に行う対応で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.直腸に便がないか直腸診を試みる。
  • 2.再度グリセリン浣腸を実施する。
  • 3.グリセリン浣腸後、摘便を実施する。
  • 4.経過観察とする。
今日のクイズに挑戦!