1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. 気管切開の際に準備するものは?

2017年05月16日

気管切開の際に準備するものは?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「気管切開の準備」に関するQ&Aです。

気管切開の際に準備するものは?

気管切開チューブ、気管切開セット、電気メスなどを使用します。施設によって準備する物品が異なるため、事前に確認しておきましょう。

 

気管切開の必要物品(図1

図1気管切開の主な必要物品

 

  • 気管切開チューブ(2~3サイズ用意しておく)、カフ用シリンジ、潤滑剤
  • 気管切開セット(ピンセット、モスキート、ペアン、筋鉤、剪刀、持針器、針、糸など)
  • 電気メス、対極板
  • 無影燈
  • 処置カート(消毒、ガーゼ・Yガーゼ、滅菌ガウン、滅菌手袋、滅菌覆布、穴あき覆布など)
  • 局所麻酔、シリンジ、23G針
  • 気管吸引器、吸引チューブ
  • チューブ固定用紐
  • バッグバルブマスク、モニタ
  • カフ圧計など

 


[文献]

  • (1)片岡英幸,北野博也:気管切開術の基本手技と合併症対策.日本気管食道科学会会報2012;63:201-205.
  • (2)水野勇司:さまざまな事故や合併症に注意が必要〜気管切開の管理〜.難病と在宅ケア2011;17:31-34
  • (3)3学会合同呼吸療法認定士認定委員会:3学会合同呼吸療法認定士 第18回認定講習会テキスト.2013:297.

[Profile]
露木菜緒
杏林大学医学部付属病院HCU/集中ケア認定看護師


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』(編集)道又元裕/2016年1月刊行

新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本

著作権について

この連載

  • 気管切開による合併症を予防するためには? [05/30up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管切開による合併症予防」に関するQ&Aです。 気管切開による合併症を予防するためには? 特に出血、気道閉塞、事故抜去に注意が必要です。出血予防は気... [ 記事を読む ]

  • 気管切開の方法と介助方法は? [05/23up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管切開の方法と介助方法」に関するQ&Aです。 気管切開の方法と介助方法は? 気管切開は、マキシマムバリアプリコーションを徹底し、無菌的に実施します... [ 記事を読む ]

  • 気管切開の際に準備するものは? [05/16up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管切開の準備」に関するQ&Aです。 気管切開の際に準備するものは? 気管切開チューブ、気管切開セット、電気メスなどを使用します。施設によって準備す...

  • 気管切開は、どんなときに行うの? [05/09up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管切開」に関するQ&Aです。 気管切開は、どんなときに行うの? 気管切開は、気管挿管が長期にわたる(または長期化が見込まれる)場合、自己喀痰が困難... [ 記事を読む ]

  • 気管挿管が困難な症例には、どう対応する? [05/02up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管挿管が困難な症例」に関するQ&Aです。 気管挿管が困難な症例には、どう対応する? 挿管困難症例には、頸椎損傷や頸椎手術の患者、首が短い/首が太い... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

ケアプログラムの開発で認知症の方へ安心を

認知症に伴う行動・心理症状(BPSD)を防ぐケアプログラムが開発されています。 [ 記事を読む ]

麻酔の役割と生体への影響

麻酔の種類と作用をまとめました。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたが目指す生き方に一番近いのは?

投票数:
957
実施期間:
2018年05月29日 2018年06月19日

勤務中によくなくすものは?

投票数:
953
実施期間:
2018年06月01日 2018年06月22日

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
841
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
423
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
516
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2605

88歳男性Aさんが自宅で転倒し、大腿骨頸部骨折の診断で入院となりました。入院2日後に手術が施行され、術後問題なく翌日には食事が再開、点滴も抗生剤のみとなりました。本人は「痛みはないよ」と言いましたが、体動時苦痛表情が見られました。術後2日目からリハビリテーションが開始となりましたが、そのころから点滴を抜く、夜間大声を出すなどの行動がみられました。Aさんへの対応方法として最も適切なものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.「点滴の針は抜かないでください」と説明し、ミトンを装着した。
  • 2.夜間大声を出すため、個室に移動して家族の付き添いを依頼した。
  • 3.痛みによるせん妄が考えられたため、疼痛コントロールを検討した。
  • 4.同室者の物音で眠れないのではないかと考え、医師に相談し、睡眠薬を処方してもらった。
今日のクイズに挑戦!