1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. 気管切開の際に準備するものは?

2017年05月16日

気管切開の際に準備するものは?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「気管切開の準備」に関するQ&Aです。

気管切開の際に準備するものは?

気管切開チューブ、気管切開セット、電気メスなどを使用します。施設によって準備する物品が異なるため、事前に確認しておきましょう。

 

気管切開の必要物品(図1

図1気管切開の主な必要物品

 

  • 気管切開チューブ(2~3サイズ用意しておく)、カフ用シリンジ、潤滑剤
  • 気管切開セット(ピンセット、モスキート、ペアン、筋鉤、剪刀、持針器、針、糸など)
  • 電気メス、対極板
  • 無影燈
  • 処置カート(消毒、ガーゼ・Yガーゼ、滅菌ガウン、滅菌手袋、滅菌覆布、穴あき覆布など)
  • 局所麻酔、シリンジ、23G針
  • 気管吸引器、吸引チューブ
  • チューブ固定用紐
  • バッグバルブマスク、モニタ
  • カフ圧計など

 


[文献]

  • (1)片岡英幸,北野博也:気管切開術の基本手技と合併症対策.日本気管食道科学会会報2012;63:201-205.
  • (2)水野勇司:さまざまな事故や合併症に注意が必要〜気管切開の管理〜.難病と在宅ケア2011;17:31-34
  • (3)3学会合同呼吸療法認定士認定委員会:3学会合同呼吸療法認定士 第18回認定講習会テキスト.2013:297.

[Profile]
露木菜緒
杏林大学医学部付属病院HCU/集中ケア認定看護師


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』(編集)道又元裕/2016年1月刊行

新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本

著作権について

この連載

  • 気管切開による合併症を予防するためには? [05/30up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管切開による合併症予防」に関するQ&Aです。 気管切開による合併症を予防するためには? 特に出血、気道閉塞、事故抜去に注意が必要です。出血予防は気... [ 記事を読む ]

  • 気管切開の方法と介助方法は? [05/23up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管切開の方法と介助方法」に関するQ&Aです。 気管切開の方法と介助方法は? 気管切開は、マキシマムバリアプリコーションを徹底し、無菌的に実施します... [ 記事を読む ]

  • 気管切開の際に準備するものは? [05/16up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管切開の準備」に関するQ&Aです。 気管切開の際に準備するものは? 気管切開チューブ、気管切開セット、電気メスなどを使用します。施設によって準備す...

  • 気管切開は、どんなときに行うの? [05/09up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管切開」に関するQ&Aです。 気管切開は、どんなときに行うの? 気管切開は、気管挿管が長期にわたる(または長期化が見込まれる)場合、自己喀痰が困難... [ 記事を読む ]

  • 気管挿管が困難な症例には、どう対応する? [05/02up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管挿管が困難な症例」に関するQ&Aです。 気管挿管が困難な症例には、どう対応する? 挿管困難症例には、頸椎損傷や頸椎手術の患者、首が短い/首が太い... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

喀血と吐血、違いをきちんと理解できてる?

「吐血」は上部消化管からの出血、では、「喀血」はどこからの出血でしょうか?吐血と喀血の違いのほか、下血の観察ポイントも解説します。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1561
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
627
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
796
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
570
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
443
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
668
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3184

92歳女性のAさんは、在宅療養中で、ADLは全介助です。亀背が見られ、高機能エアマットを使用しています。胃瘻造設から3年経過し、1週間前に定時の胃瘻交換を実施しました。ご家族から「胃瘻から液が漏れる。どうしたら良いか」と電話があり、経管栄養の中止を指示した後、訪問すると、胃瘻周囲の皮膚が赤くただれていました。Aさんは元々、痩せ気味で、最近るい痩が著明です。触診で腹部膨満はありましたが、「吐き気や痛みはない」といいます。聴診器で腸の動きを確認すると、グル音は良好に聴取できました。体温は37.8℃。排泄は2日前にありましたが、元々便秘気味とのこと。以下の中で、Aさんに起こっていることで、最も考えられることはどれでしょうか?

  • 1.腸閉塞を起こしている。
  • 2.チューブ内の閉塞が起こっていて、経管栄養が入っていかなくなっている。
  • 3.腹膜炎を起こしている。
  • 4.チューブのサイズが適応していない。
今日のクイズに挑戦!