1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 抗がん剤 A・B・C>
  4. トラスツズマブ療法(看護・ケアのポイント)|抗がん剤 A・B・C

2017年08月09日

トラスツズマブ療法(看護・ケアのポイント)/乳がん

この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。
今回は、乳がん(乳癌)の患者さんに使用する抗がん剤「トラスツズマブ療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。

第1話:『トラスツズマブ療法(化学療法のポイント)/乳がん

トラスツズマブ療法

元木崇之
(岡山大学病院 乳腺・内分泌外科)

 

トラスツズマブ療法のポイントA・B・C

  • ポイントA:患者さんが感じる副作用には、infusion reactionがあります。初回投与時は、心電図モニターパルスオキシメーター(SpO2モニター)を装着し、患者さんの状態を確認しよう。
  • ポイントB:初回投与時のinfusion reactionとして、38℃以上の発熱が出現する場合があるので、患者さんに説明しよう。
  • ポイントC:可逆性の心機能障害があるので、動悸息切れなどの心不全症状に注意しよう。

 

〈目次〉

 

必ず覚えて! トラスツズマブ療法の注意点

投与前の注意点

投与前には患者さんの心機能に問題がないかを確認しましょう。足のむくみや、動悸、息切れなど、心不全症状がないか確認しましょう。

 

投与中の注意点

トラスツズマブ(ハーセプチン)は、アレルギー症状が比較的少ない薬剤ですが、infusion reactionとして発熱・悪寒・嘔気・頭痛などがみられる場合があります。投与中のバイタル変化や症状の訴えに注意しましょう。

 

トラスツズマブ療法のポイントA

  • 患者さんが感じる副作用には、infusion reactionがあります。初回投与時は、心電図モニターやパルスオキシメーター(SpO2モニター)を装着し、患者さんの状態を確認しよう。

 

トラスツズマブ療法のポイントB

  • 初回投与時のinfusion reactionとして、38度以上の発熱が出現する場合があるので、患者さんに説明しよう。

 

投与後の注意点

心肺機能の低下症状(下肢のむくみ、動悸、息切れなど)の出現がないか、観察しましょう。

 

トラスツズマブ療法のポイントC

  • 可逆性の心機能障害があるので、動悸・息切れなどの心不全症状に注意しよう。

 

トラスツズマブ療法の申し送り時のポイント

アレルギー反応は比較的少ない薬剤ですが、もし認められた場合は必ず伝えましょう。

また、投与中に発熱が生じる場合があるので、認められた場合は伝えましょう。なお、発熱が見られるのは、初回投与時のみの場合がほとんどです。

 

発熱があった場合の申し送り例

トラスツズマブ(ハーセプチン)投与開始50分で発熱が認められました。しかし、明らかな血圧低下・呼吸器症状の出現はなく、全量投与完了いたしました。
2回目以降の発熱出現の可能性は非常に低いと考えられますが、念のため観察をお願いします。

 

トラスツズマブ療法時の看護記録に書くべきこと

来院時の発熱の有無、下肢のむくみ・動悸・息切れの状況などを記載しましょう。

前回投与時の血管の色調変化や痛みの状況についても記載するとよいでしょう。

 

患者ケア・看護ケアはココを押さえる

トラスツズマブ療法では、初回投与時の発熱が比較的高く起こります。患者さんの来院時には、日常の体温の経過について確認しましょう。可能であれば、「抗がん剤日誌」のような手帳をお渡しし、日々の症状・熱型を記載してもらうとよいでしょう。

トラスツズマブ療法は、ほかの薬剤と併用して行われることが多い治療法です。その他の薬剤の症状も理解しておきましょう。

自宅近くで日常的な症状を相談できる「かかりつけ医」の有無についても、確認しておきましょう。

 

[関連記事]

 


[文 献]


[監 修]
齋藤信也
岡山大学大学院保健学研究科 教授

[編 集]
西森久和
岡山大学病院 血液・腫瘍内科

[執 筆]
元木崇之
岡山大学病院 乳腺・内分泌外科


*本連載では、登録商標マーク®の記載はすべて省略しています。

著作権について

この連載

  • ドセタキセル療法(看護・ケアのポイント)/前立腺がん [08/14up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、前立腺がん(前立腺癌)の患者さんに使用する抗がん剤「ドセタキセル療法」についての話の第2話です。 第1話:『ドセタキセル療法(化学療法のポイント)/前... [ 記事を読む ]

  • ドセタキセル療法(化学療法のポイント)/前立腺がん [08/11up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、前立腺がん(前立腺癌)の患者さんに使用する抗がん剤「ドセタキセル療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『ドセタキセル療法... [ 記事を読む ]

  • トラスツズマブ療法(看護・ケアのポイント)/乳がん [08/09up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、乳がん(乳癌)の患者さんに使用する抗がん剤「トラスツズマブ療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『トラスツズマブ療法(化学療法...

  • トラスツズマブ療法(化学療法のポイント)/乳がん [08/07up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、乳がん(乳癌)の患者さんに使用する抗がん剤「トラスツズマブ療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『トラスツズマブ療法(看... [ 記事を読む ]

  • パクリタキセル療法・ドセタキセル療法(看護・ケアのポイント)/乳がん [08/04up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、乳がん(乳癌)の患者さんに使用する抗がん剤「パクリタキセル療法/ドセタキセル療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『パクリタキ... [ 記事を読む ]

関連記事

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1438
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1323
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1198
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1122
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
369
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
907
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1113

筋肉注射についての説明で、正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.急速に薬効を期待する場合には静脈注射や皮内注射ではなく、筋肉注射を選択する。
  • 2.繰り返し筋肉注射で薬剤を投与する場合、もっとも筋層が厚い大腿部を用いることが推奨される。
  • 3.注射部位に三角筋を選択する場合は、45~90度の刺入角度で注射する。
  • 4.薬液は1秒/mLで速やかに注入し、刺入部は1~2分程度マッサージを行う。
今日のクイズに挑戦!