1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 抗がん剤 A・B・C>
  4. ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法(看護・ケアのポイント)|抗がん剤 A・B・C

2017年07月17日

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法(看護・ケアのポイント)/膵がん

この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。
今回は、膵がん(膵癌)の患者さんに使用する抗がん剤「ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。

第1話:『ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法(化学療法のポイント)/膵がん

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法

堀口 繁
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器・肝臓内科学)

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法のポイントA・B・C

  • ポイントA:切除ができない膵がんの患者さんに対して投与を強く勧められている治療の一つです。
  • ポイントB:治療を重ねていくと、脱毛と末梢神経障害が高い頻度で出現するため、精神的ケアや早期発見の点で看護師の果たす役割は重要です。
  • ポイントC:FOLFIRINOX療法に比べて消化器毒性は軽く、嘔気や食欲低下は少ない点で管理が比較的容易な治療法です。

 

〈目次〉

 

必ず覚えて! ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法の注意点

投与前の注意点

投与前には、患者さんの発熱、食事、便通、睡眠について確認しましょう。 特に、前回投与後、自宅で発熱はなかったか問診をしましょう。 投与を繰り返している患者さんでは、しびれが日常生活の妨げになっていないか確認し、しびれが強い場合には医師と連携し、情報を共有しましょう。

また、特に女性で脱毛に対して強い抵抗感を持たれる方もいますので、ウイッグや帽子などについての説明が必要です。

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法のポイントA

  • 切除ができない膵がんの患者さんに対して投与を強く勧められている治療の一つです。

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法のポイントB

  • 治療を重ねていくと、脱毛と末梢神経障害が高い頻度で出現するため、精神的ケアや早期発見の点で看護師の果たす役割は重要です。

 

投与中の注意点

ナブパクリタキセル(アブラキサン)によるアレルギー症状(皮疹、蕁麻疹、掻痒感、喘鳴、呼吸苦など)に注意しましょう。また血圧、脈拍、パルスオキシメーターによる酸素飽和度(SpO2)などのチェックも重要です。事前に、アレルギー出現時の対応についてチーム内で確認をしておきましょう。

ゲムシタビン(ジェムザール)は血管痛をきたすことがあるので、点滴が入っている血管の変化の有無、また疼痛の有無について注意しましょう。

 

投与後の注意点

嘔気・嘔吐や食欲低下の頻度は少ないですが、もし起きた場合は、制吐剤の変更が必要な場合があります。

末梢神経障害は症状が完成してしまうと改善が難しいので、早めに伝えてもらうようにしましょう。

好中球減少から起こる発熱は重症になる場合があるので、投与後発熱した場合の対応について確認し患者さんに伝えましょう。

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法のポイントC

  • FOLFIRINOX療法に比べて消化器毒性は軽く、嘔気や食欲低下は少ない点で管理が比較的容易な治療法です。

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法時の申し送り時のポイント

皮膚症状を含めたアレルギー、末梢神経障害の有無と程度について申し送りましょう。好中球減少をきたしやすいので、発熱の有無とその場合の対応について伝えることが大切です。

また、便秘を起こす患者さんもいるため、その点も申し送りましょう。

 

申し送り例

今日、8日目の投与を行いました。初回投与と同様に、アレルギー症状は認められませんでした。また初日から食欲低下も認められず、調子は良好です。
本日の血液検査では好中球減少が軽度認められましたが、投与基準を満たしています。今後はさらなる好中球減少が予想されるので、発熱に注意していくことが必要です。
抗がん剤治療が始まってから便秘気味とのことでしたので、主治医と相談をお願いします。

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法時の看護記録に記載すべきこと

来院時の発熱や倦怠感の有無、食欲、排便、睡眠の状況、体重の増減、手足のしびれの有無などを記載しましょう。

投与時のアレルギー症状の有無について、必ず記載しましょう。

また、血管痛の有無についても確認の上、記載しましょう。

 

患者ケア・看護ケアはココを押さえる

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法は、好中球が1,000/μL以下になる方が約70%、発熱性好中球減少(FN)を起こす方が約6%と骨髄抑制が強く1)、発熱には注意が必要です。そのため、来院時には当日発熱していないかだけでなく、前回の点滴と当日点滴の間に自宅で発熱していないかのチェックが必要です。発熱しているようであれば、主治医に連絡しましょう。また自宅で熱発したときの対応について記載した紙を患者さんに渡しておきましょう。

末梢神経障害は、特に寒くなると悪化するので、外出時には手袋を着用してもらいましょう。使い捨てカイロなどはしびれがあると低温やけどをしてもわかりにくいので、直接持たないようにしてもらいましょう。しびれが日常生活の妨げになる前に、症状を早めに捉えて主治医と情報を共有しましょう。

 

[関連記事]

 



[監 修]
齋藤信也
岡山大学大学院保健学研究科 教授

[編 集]
西森久和
岡山大学病院 血液・腫瘍内科

[執 筆]
堀口 繁
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器・肝臓内科学


*本連載では、登録商標マーク®の記載はすべて省略しています。

著作権について

この連載

  • FOLFIRINOX療法(看護・ケアのポイント)/膵がん [07/21up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、膵がん(膵癌)の患者さんに使用する抗がん剤「FOLFIRINOX療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『FOLFIRINOX療... [ 記事を読む ]

  • FOLFIRINOX療法(化学療法のポイント)/膵がん [07/19up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、膵がん(膵癌)の患者さんに使用する抗がん剤「FOLFIRINOX療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『FOLFIRIN... [ 記事を読む ]

  • ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法(看護・ケアのポイント)/膵がん [07/17up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、膵がん(膵癌)の患者さんに使用する抗がん剤「ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『ゲムシタ...

  • ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法(化学療法のポイント)/膵がん [07/14up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、膵がん(膵癌)の患者さんに使用する抗がん剤「ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『ゲ... [ 記事を読む ]

  • FOLFOXIRI療法(看護・ケアのポイント)/大腸がん [07/12up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、大腸がん(大腸癌)の患者さんに使用する抗がん剤「FOLFOXIRI(フォルフォキシリ)療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『... [ 記事を読む ]

関連記事

  • 経口レスキュー薬の上手な使い方 [05/18up]

    『エキスパートナース』2015年1月号<臨床の裏ワザ・裏知識>より抜粋。 経口レスキュー薬の上手な使い方について解説します。 がん性疼痛の鎮痛が不十分なときや突出痛があるときに、オピオイドのレスキュー薬を使用します。医師の指... [ 記事を読む ]

  • 食物は生命のエネルギー源|食物の流れから理解する(1) [10/29up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、食物の流れから解剖生理を理解するお話の1回目です。 〈前回の内容〉 血液の仕組みとはたらき|血液の流れから理解する(5) ... [ 記事を読む ]

  • 注腸造影検査|消化器系の検査 [10/21up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、注腸造影検査について解説します。   〈目次〉 注腸造影検査とはどんな検査か 注腸造影検査の目的 注腸造影検査の実際 注腸造影検... [ 記事を読む ]

  • 溺水【ケア編】|気をつけておきたい季節の疾患【12】 [07/25up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 胆嚢壁が肥厚しているエコー像 [09/21up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 胆嚢壁肥厚は胆嚢... [ 記事を読む ]

いちおし記事

2018年の国試対策、本格始動!

第107回 看護師国家試験の傾向と対策を伝授! [ 記事を読む ]

溺水のケア、ポイントは?

来院前の受け入れ準備と来院後の迅速な対応が重要! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

どの職種の制服が好き?

投票数:
771
実施期間:
2017年07月07日 2017年07月28日

髪の長さを変えるとしたらどのくらい?

投票数:
639
実施期間:
2017年07月11日 2017年08月01日

夜勤明け、まず何をする?

投票数:
629
実施期間:
2017年07月14日 2017年08月04日

かかりつけ医はいる?

投票数:
493
実施期間:
2017年07月18日 2017年08月08日

一週間休みがあれば何する?

投票数:
515
実施期間:
2017年07月21日 2017年08月11日

今年の夏休みは何日とれそう?

投票数:
206
実施期間:
2017年07月25日 2017年08月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者192

看護部門のそれぞれの職位での役割や必要とされる能力についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.看護師長はトップマネジメントの役割がある。
  • 2.看護部長として必要な能力として最も重要なものは看護師としての専門的能力である。
  • 3.主任・副師長、係長などの役職はスタッフと同様の能力でよい。
  • 4.職位が上がるにつれ、概念化能力が必要である。
今日のクイズに挑戦!