1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 抗がん剤 A・B・C>
  4. ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法(化学療法のポイント)|抗がん剤 A・B・C

2017年07月14日

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法(化学療法のポイント)/膵がん

この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。
今回は、膵がん(膵癌)の患者さんに使用する抗がん剤「ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。

第2話:『ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法(看護・ケアのポイント)/膵がん

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法

堀口 繁
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器・肝臓内科学)

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法のポイントA・B・C

  • ポイントA:切除ができない膵がんの患者さんに対して投与を強く勧められている治療の一つです。
  • ポイントB:FOLFIRINOX療法に比べて消化器毒性は軽く、嘔気や食欲低下は少ない点で管理が比較的容易な治療法です。
  • ポイントC:治療を重ねていくと、脱毛と末梢神経障害が高い頻度で出現するため、精神的ケアや早期発見の点で看護師の果たす役割は重要です。

 

〈目次〉

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法は膵がんの患者さんに行う抗がん剤治療

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法は、「FOLFIRINOX(フォルフィリノックス)療法」とともに切除不能膵がんに対して投与を強く勧められる治療法です。消化器毒性が弱いため食欲は保たれやすいものの、脱毛や末梢神経障害が高い頻度で出現します。特に、末梢神経障害により治療を中断せざるを得ないこともあります。

週に1回、3週続けて1週休薬し、1クール28日で投与する治療法です。

 

memoナブパクリタキセルは前処置が不要になった薬剤

ナブパクリタキセル(アブラキサン)は、パクリタキセルにアルブミンを結合させた薬剤です。パクリタキセルは細胞分裂の際、微小管の重合を促進することでがん細胞が増えるのを阻害します。

もともとパクリタキセルは水に溶けにくく、点滴する際には特殊な溶媒に溶かさなくてはなりません。そのため、その溶媒によるアレルギーを防ぐために、さまざまな前処置が必要でした。しかし、ナブパクリタキセル(アブラキサン)は生理食塩水に溶けるので、特殊な溶媒やアレルギー予防の前処置は不要になりました。

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法のポイントA

  • 切除ができない膵がんの患者さんに対して投与を強く勧められている治療の一つです。

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法のポイントB

  • FOLFIRINOX療法に比べて消化器毒性は軽く、嘔気や食欲低下は少ない点で管理が比較的容易な治療法です。

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法で使用する薬剤

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法で使用する薬剤は、表1のとおりです。

表1ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法で使用する薬剤

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法で使用する薬剤

(写真提供:日本イーライリリー株式会社、大鵬薬品工業株式会社)

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法のレジメン

ゲムシタビン(ジェムザール)、ナブパクリタキセル(アブラキサン)ともに、1、8、15日目(Day 1、8、15)に投与します。2~7、9~14、16~28日目は休薬します。(表2)。

表2ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法のレジメン

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法のレジメン

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法で使用する薬剤の投与方法(表3

表3ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法の投与方法

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法の投与方法

ナブパクリタキセル 100mgあたり生食 20mLで溶解し、必要量を空の点滴バックに注入し投与します。
生食:生理食塩水

*本投与方法は、岡山大学病院で行われているものです(2017年5月現在)。

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法の代表的な副作用

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法の代表的な副作用は、アレルギー、便秘、骨髄抑制(特に、好中球減少)、末梢神経障害、脱毛です。まれに、間質性肺炎などがあります。

急に起こる副作用は、アレルギー、便秘などがあります。

遅れて起こる副作用は、骨髄抑制、末梢神経障害、脱毛、間質性肺炎(まれ)などです。

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法のポイントC

  • 治療を重ねていくと、脱毛と末梢神経障害が高い頻度で出現するため、精神的ケアや早期発見の点で看護師の果たす役割は重要です。

 

ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法の治療成績

切除ができない進行膵がんを対象にした海外の報告では、1年生存率が35%であり、また病変が縮小した方は24%、現状維持した方は27%と、およそ半分の患者さんに有効と報告されました1)

わが国の報告では、病変が縮小した方は59%、現状維持した方は35%と、90%以上の患者さんに有効と報告されました2)

 

[関連記事]

  • 第2話:『ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法(看護・ケアのポイント)/膵がん』
  • ⇒『抗がん剤 A・B・C』の【総目次】を見る

 



[監 修]
齋藤信也
岡山大学大学院保健学研究科 教授

[編 集]
西森久和
岡山大学病院 血液・腫瘍内科

[執 筆]
堀口 繁
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器・肝臓内科学


*本連載では、薬剤の厳密な指示・副作用・投与スケジュールなどについて記載されていますが、これらは2017年5月時点のもので、変更される可能性がございます。薬剤の使用にあたっては、製品に添付されている最新の情報を十分にご参照ください。

*本連載では、登録商標マーク®の記載はすべて省略しています。

著作権について

この連載

  • FOLFIRINOX療法(化学療法のポイント)/膵がん [07/19up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、膵がん(膵癌)の患者さんに使用する抗がん剤「FOLFIRINOX療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『FOLFIRIN... [ 記事を読む ]

  • ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法(看護・ケアのポイント)/膵がん [07/17up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、膵がん(膵癌)の患者さんに使用する抗がん剤「ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『ゲムシタ... [ 記事を読む ]

  • ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法(化学療法のポイント)/膵がん [07/14up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、膵がん(膵癌)の患者さんに使用する抗がん剤「ゲムシタビン+nabパクリタキセル療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『ゲ...

  • FOLFOXIRI療法(看護・ケアのポイント)/大腸がん [07/12up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、大腸がん(大腸癌)の患者さんに使用する抗がん剤「FOLFOXIRI(フォルフォキシリ)療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『... [ 記事を読む ]

  • FOLFOXIRI療法(化学療法のポイント)/大腸がん [07/10up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、大腸がん(大腸癌)の患者さんに使用する抗がん剤「FOLFOXIRI(フォルフォキシリ)療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2... [ 記事を読む ]

関連記事

  • 「光を当てるだけ」でがんを診断できる!新しいレーザー技術 [08/01up]

    世界中で日々、開発・実用化される医療技術。今回はそんな中から、脳にできたがんを適切に切除するために新たに開発されたレーザー技術について、2017年2月にBBCニュースが報道した内容を元にご紹介します。     ... [ 記事を読む ]

  • 主膵管拡張は膵癌を疑う異常所見 [01/11up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「主膵管拡張は膵癌(膵がん)を疑う... [ 記事を読む ]

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • 放射線性皮膚炎とその対応 [03/16up]

    『WOC Nursing』2014年6月号<がん患者のW・O・Cケア>より抜粋。 放射線性皮膚炎とその対応について解説します。 Point 放射線性皮膚炎の発生メカニズムと症状を説明できる 急性放射線性皮... [ 記事を読む ]

  • 経口レスキュー薬の上手な使い方 [05/18up]

    『エキスパートナース』2015年1月号<臨床の裏ワザ・裏知識>より抜粋。 経口レスキュー薬の上手な使い方について解説します。 がん性疼痛の鎮痛が不十分なときや突出痛があるときに、オピオイドのレスキュー薬を使用します。医師の指... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1487
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
528
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
267
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者582

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!