1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 抗がん剤 A・B・C>
  4. ◯mab+FOLFOX療法(看護・ケアのポイント)|抗がん剤 A・B・C

2017年07月03日

◯mab+FOLFOX療法(看護・ケアのポイント)/大腸がん

この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。
今回は、大腸がん(大腸癌)の患者さんに使用する抗がん剤「◯mab+FOLFOX療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。

第1話:『◯mab+FOLFOX療法(化学療法のポイント)/大腸がん

◯mab+FOLFOX療法

神崎洋光
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器・肝臓内科学)

 

◯mab+FOLFOX療法のポイントA・B・C

  • ポイントA:46時間の持続投与のレジメンのため、CVポートを事前に留置しておくことが必要です。
  • ポイントB:オキサリプラチンによる末梢神経障害は必発!
  • ポイントC:オキサリプラチンによるアレルギー反応が生じることがあります。常に注意しておきましょう。

 

〈目次〉

 

必ず覚えて! ◯mab+FOLFOX療法の注意点

投与前の注意点

◯mab+FOLFOX療法は、進行がんの患者さんに対して行いますので、全身状態について十分評価しましょう。末梢神経障害の症状が出ていないか、事前に患者さんに聞きいておきましょう。特に、オキサリプラチン(エルプラット)を長期間使用すると、末梢神経障害が生じることが多いので、程度がひどくなる前に休薬する必要があります。

高齢や糖尿病を合併している患者さんでは、症状が強く出ることがあるため、十分に確認しておきましょう。

また、フルオロウラシル(5-FU)は、46時間持続投与するため、一般的には中心静脈ポート(CVポート)を留置して外来で行います(図1)。

図1CVポートの留置例

CVポートの留置例

CVポートは、中心静脈カテーテルの一種で、小手術で皮膚の下に留置します。
使用する際には、セプタム部分を外表から穿刺することで、カテーテルを通して点滴を中心静脈に投与します。

 

memoCVポートのメリットとデメリット

【メリット】

・点滴漏れや血管障害が起こりにくい

・末梢血管よりは穿刺が簡単で、患者さんに与える苦痛だけでなく、穿刺する医療者側のストレスも軽くなる

・長時間の投与でもポンプを使用すれば、自宅で持続投与できる

【デメリット】

・人工物のため、感染や破損などの合併症が起こる可能性がある

・身体に対する負担は軽いものだが、手術が必要

 

◯mab+FOLFOX療法のポイントA

  • 46時間の持続投与のレジメンのため、CVポートを事前に留置しておくことが必要です。

 

◯mab+FOLFOX療法のポイントB

  • オキサリプラチンによる末梢神経障害は必発! 患者さんから症状の有無や程度について確認しておきましょう。

 

投与中の注意点

オキサリプラチン(エルプラット)投与によるアレルギー反応に注意しましょう。オキサリプラチン(エルプラット)によるアレルギー反応は初回投与に起こるとは限らず、いつ起こるかわかりません。常に注意しましょう。

また、オキサリプラチン(エルプラット)投与により喉頭・咽頭の絞扼感を生じることがあります(急性末梢神経障害)。その際は、投与を中断し、点滴速度を遅くすることで対処しましょう。

 

◯mab+FOLFOX療法のポイントC

  • オキサリプラチンによるアレルギー反応が生じることがあります。常に注意しておきましょう。

 

投与後の注意点

オキサリプラチン(エルプラット)特有の症状として、冷たいものを触ったりすると末梢神経障害が誘発されたり増悪するため、患者さんに十分説明しておきましょう。患者さんのなかには、骨髄抑制が強く出る方もいるため、突然の発熱などの症状が出た場合には、受診するように説明しましょう。

 

◯mab+FOLFOX療法時の申し送り時のポイント

アレルギー反応の有無を中心に、急性末梢神経障害の症状がないか、血管痛などの症状がなかったかなどについて申し送りましょう。

 

申し送り例

本日より、進行大腸がんに対して、◯mab+FOLFOX療法を開始しています。本日の血液検査で抗がん剤投与開始に問題がないことを確認しています。
オキサリプラチン(エルプラット)を投与してからすぐに軽度の手足のしびれの訴えがありましたが、程度は軽いため冷たいものには触らないように指導しています。オキサリプラチン(エルプラット)投与によるアレルギー反応はありませんでした。投与ルートの血管炎や穿刺部の発赤・疼痛は見られませんでした。
現在は、フルオロウラシル(5-FU)の持続投与がなされており、今後も継続してバイタルに注意して経過を観察してください。

 

◯mab+FOLFOX療法時の看護記録に記載すべきこと

来院時の発熱の有無、食事や排便、睡眠の状況、抗がん剤投与中のアレルギー反応の有無や嘔気や嘔吐などの症状やその程度、急性末梢神経障害の有無などについて、記載しましょう。

また、数コース投与してくると、しびれ(慢性末梢神経障害)が出ることが多いため、手足のしびれについて確認しましょう。

 

患者ケア・看護ケアはココを押さえる

しびれや痛みなどの末梢神経障害の症状が出ても我慢や遠慮をして、医療スタッフに伝えない患者さんもいます。適切な時期に休薬ができないと、回復しない末梢神経障害が残るため、積極的に問診をして症状の有無やその程度の把握に努めましょう。

次回の抗がん剤投与時にも、図2のような日常生活に支障をきたす症状が残っているようであれば、休薬を検討すべきです。

図2末梢神経障害によるオキサリプラチンの休薬を考慮すべき症状

末梢神経障害によるオキサリプラチンの休薬を考慮すべき症状

 

[関連記事]

 


[監 修]
齋藤信也
岡山大学大学院保健学研究科 教授

[編 集]
西森久和
岡山大学病院 血液・腫瘍内科

[執 筆]
神崎洋光
岡山大学大学院医薬学総合研究科消化器・肝臓内科学


*本連載では、登録商標マーク®の記載はすべて省略しています。

著作権について

この連載

  • ◯mab+FOLFIRI療法(看護・ケアのポイント)/大腸がん [07/07up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、大腸がん(大腸癌)の患者さんに使用する抗がん剤「◯mab+FOLFIRI療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『◯mab+FO... [ 記事を読む ]

  • ◯mab+FOLFIRI療法(化学療法のポイント)/大腸がん [07/05up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、大腸がん(大腸癌)の患者さんに使用する抗がん剤「◯mab+FOLFIRI療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『◯mab... [ 記事を読む ]

  • ◯mab+FOLFOX療法(看護・ケアのポイント)/大腸がん [07/03up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、大腸がん(大腸癌)の患者さんに使用する抗がん剤「◯mab+FOLFOX療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『◯mab+FOL...

  • ◯mab+FOLFOX療法(化学療法のポイント)/大腸がん [06/30up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、大腸がん(大腸癌)の患者さんに使用する抗がん剤「◯mab+FOLFOX療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『◯mab+... [ 記事を読む ]

  • パクリタキセル+ラムシルマブ療法(看護・ケアのポイント)/胃がん [06/28up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、胃がん(胃癌)の患者さんに使用する抗がん剤「パクリタキセル+ラムシルマブ療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『パクリタキセル... [ 記事を読む ]

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1419
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1295
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1175
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1076
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
920
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
710
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5997

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!