1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 抗がん剤 A・B・C>
  4. パクリタキセル+ラムシルマブ療法(看護・ケアのポイント)|抗がん剤 A・B・C

2017年06月28日

パクリタキセル+ラムシルマブ療法(看護・ケアのポイント)/胃がん

この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。
今回は、がん(胃癌)の患者さんに使用する抗がん剤「パクリタキセル+ラムシルマブ療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。

第1話:『パクリタキセル+ラムシルマブ療法(化学療法のポイント)/胃がん

パクリタキセル+ラムシルマブ療法

神崎洋光
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器・肝臓内科学)

 

パクリタキセル+ラムシルマブ療法のポイントA・B・C

  • ポイントA:投与中のアレルギー反応に注意! アルコール過敏症の患者さんには使用できません。
  • ポイントB:長期使用により脱毛、末梢神経障害が起こりやすいです。
  • ポイントC:ラムシルマブによる重篤な有害事象の発生に注意!

 

〈目次〉

 

必ず覚えて! パクリタキセル+ラムシルマブ療法の注意点

投与前の注意点

アルコール過敏症の患者さんには使用が難しいため、問診でアルコール過敏の有無について確認しておきましょう。

 

パクリタキセル+ラムシルマブ療法のポイントA

  • 投与中のアレルギー反応に注意! アルコール過敏症の患者さんには使用できません。

 

投与中の注意点

パクリタキセル(タキソール)は、起壊死性抗がん剤で血管炎を生じやすいため、穿刺部位に違和感や痛みがあれば、速やかに中止して確認する必要があります。違和感や痛みがあればすぐに知らせるように患者さんに指導しましょう。

アレルギー反応が生じることがあるため、患者さんの症状やバイタルの変化に注意しましょう。

 

投与後の注意点

一般的な抗がん剤と同様に、骨髄抑制や発熱性好中球減少症(FN)を生じる可能性があります。突然の発熱時の対処などについて、説明しておきましょう。

また関節痛や筋肉の痛みが治療2、3日後から生じることがあります。1週間程度で回復することが多いことを説明しておきましょう。異常な痛みが続いたり、回復しない場合には相談するように説明しましょう。

 

パクリタキセル+ラムシルマブ療法時の申し送り時のポイント

アレルギー反応の有無がポイントになります。患者さんの症状やバイタルなどを正確に申し送りましょう。また、パクリタキセル(タキソール)による血管炎の有無や穿刺部位の発赤などの有無について確認して申し送りましょう。

 

申し送り例

本日より、進行胃がんに対するパクリタキセル+ラムシルマブ療法を開始しています。
本日の血液検査で、抗がん剤の投与開始に問題ないことを確認しています。パクリタキセル(タキソール)投与前にアルコール過敏症がないことも確認しています。パクリタキセル(タキソール)投与中もアレルギー反応は認められませんでした。また、投与ルートの血管炎や穿刺部の発赤・疼痛はみられませんでした。
ラムシルマブ(サイラムザ)投与中もバイタルの変化を含めて有害事象はありません。今後も継続してバイタル(特に血圧)に注意して経過を観察してください。

 

パクリタキセル+ラムシルマブ療法時の看護記録に記載すべきこと

来院時の発熱の有無、食事や排便、睡眠の状況、日常の血圧などを記載しましょう。数コース投与してくると末梢神経障害が出ることがあるため、手足のしびれについて確認しましょう。長期間治療を継続することで脱毛や末梢神経障害が生じることが多いため、患者さんに事前に説明しておくことが大切です。

抗がん剤治療中のアレルギー反応の有無、血管炎の有無や嘔気・嘔吐などの症状に関しても記載しましょう。

 

パクリタキセル+ラムシルマブ療法のポイントB

  • 長期使用により脱毛、末梢神経障害が起こりやすいです。

 

患者ケア・看護ケアはココを押さえる

発症頻度の高い特徴的な副作用(アレルギー反応、血管痛、脱毛、末梢神経障害、筋痛、関節痛、高血圧など)を押さえて、適切に患者さんに説明しましょう。

また、ラムシルマブ(サイラムザ)は血管新生を阻害する薬剤であり、頻度は少ないですが、消化管穿孔や出血、血栓症などの重篤な副作用が起こる可能性があります。そのため、患者さんに説明し、変化があれば速やかに受診するように注意喚起しておきましょう。

 

パクリタキセル+ラムシルマブ療法のポイントC

  • ラムシルマブによる重篤な有害事象の発生に注意!

 

[関連記事]

 


[監 修]
齋藤信也
岡山大学大学院保健学研究科 教授

[編 集]
西森久和
岡山大学病院 血液・腫瘍内科

[執 筆]
神崎洋光
岡山大学大学院医薬学総合研究科消化器・肝臓内科学


*本連載では、登録商標マーク®の記載はすべて省略しています。

著作権について

この連載

  • ◯mab+FOLFOX療法(看護・ケアのポイント)/大腸がん [07/03up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、大腸がん(大腸癌)の患者さんに使用する抗がん剤「◯mab+FOLFOX療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『◯mab+FOL... [ 記事を読む ]

  • ◯mab+FOLFOX療法(化学療法のポイント)/大腸がん [06/30up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、大腸がん(大腸癌)の患者さんに使用する抗がん剤「◯mab+FOLFOX療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『◯mab+... [ 記事を読む ]

  • パクリタキセル+ラムシルマブ療法(看護・ケアのポイント)/胃がん [06/28up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、胃がん(胃癌)の患者さんに使用する抗がん剤「パクリタキセル+ラムシルマブ療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『パクリタキセル...

  • パクリタキセル+ラムシルマブ療法(化学療法のポイント)/胃がん [06/26up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、胃がん(胃癌)の患者さんに使用する抗がん剤「パクリタキセル+ラムシルマブ療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『パクリタ... [ 記事を読む ]

  • SP療法(看護・ケアのポイント)/胃がん [06/23up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、胃がん(胃癌)の患者さんに使用する抗がん剤「SP療法(S-1+シスプラチン療法)」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『SP療法(... [ 記事を読む ]

関連記事

いちおし記事

チアノーゼの対応、大丈夫?

「患者さんがチアノーゼを起こしている…!」あなたならどうする!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

院内のジンクス教えて!

投票数:
1217
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1200
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1156
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
1074
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
4877
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日

東京オリンピックのチケット、当選した?

投票数:
923
実施期間:
2019年06月20日 2019年07月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者216

COPDの急性増悪で入院中のAさん。Aさんの運動療法を開始するに当たり、「必須の評価項目」ではないものは、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.呼吸困難(安静時、労作時)
  • 2.動脈血液ガス分析
  • 3.スパイロメトリー
  • 4.経皮的酸素飽和度(SpO2
今日のクイズに挑戦!