2019年06月10日

自然免疫の担い手は何?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

今回は自然免疫の種類について説明します。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

自然免疫の担い手は何?

自然免疫を担っているのは貪食細胞(どんしょくさいぼう)、NK細胞、補体、リゾチーム、インターフェロンなどです。これらは化学物質などを用いて病原体を殺します。

貪食細胞とはマクロファージ好中球など、病原菌を食べてしまう免疫細胞のことです。物理的なバリアを突破して体内に病原菌や異物が侵入すると、これらの貪食細胞が駆けつけ、アメーバが捕食するのと同じ方法で異物を細胞内に取り込みます。

そして、リソソーム(水解小体)の中に含まれる加水分解酵素によって異物を分解し、消化します(図1)。

図1白血球の貪食作用

白血球の貪食作用

 

NK細胞は、リンパ球の一種です。ウイルスに感染した細胞や腫瘍細胞を破壊する役割を持ち、血液中に一定数(リンパ球の5〜10%)存在して常にパトロールを行っています。

補体とは生態防御に係わるタンパク質で、血液中に20種類以上存在します。これは細菌などに出合うと、活性化され細菌の細胞膜の表面に孔を開けます。この孔から水が入り込むと、細菌は死滅します。

リゾチームは病原菌溶解酵素の1つです。涙、唾液、母乳などのなかに含まれ、細菌から生体を守ります。

インターフェロンは、ウイルスに感染された細胞が、未感染の細胞を感染から守るために白血球などが分泌するタンパク質です。隣接する周囲の細胞表面に結合すると、結合した細胞のなかでウイルスが増殖できなくなります。

メモ1リゾチーム

細菌の細胞壁を加水分解する作用を持つ酵素で、この作用を溶菌作用といいます。

 

メモ2補体の活性化

補体は細菌の表面などに結合します。細菌に抗体が結合していなくても結合しますが、抗体が結合していると、その抗体に結合します。結合した補体は活性化され、細菌を破壊します。

 

炎症反応と自然免疫の関係

細菌、ウイルス、外傷、熱傷、薬物などによって体の細胞や組織が傷害されると、炎症が起こります。これは、生体を守るための自然免疫による反応です。

細胞が傷害されるとヒスタミンやキニンなどの炎症性物質が細胞から遊離し、周囲の血管を拡張させます。すると血流が増加し、発赤や熱感が生じます。同時に毛細血管の透過性が亢進し、血漿が漏れ出て皮膚が腫脹します(浮腫)。痛みの受容器も刺激されるため、疼痛も起こります。

ここで、免疫細胞が登場します。好中球やマクロファージが毛細血管の隙間から炎症部位に集まり、傷害された細胞や病原菌を取り込みます。この戦いの産物ともいえるのが黄色の膿です。膿には病原菌や組織の断片、死んだ好中球などが混ざり合っています。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 抗原と抗体ってどういうもの? [06/24up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は抗原と抗体について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   抗原と抗体ってどういうもの? 抗原とは免疫応答を引き起こす物質のことで... [ 記事を読む ]

  • 適応(獲得)免疫にはどのようなものがあるの? [06/17up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は適応免疫(獲得免疫)について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   適応(獲得)免疫にはどのようなものがあるの? 適応(獲得)免... [ 記事を読む ]

  • 自然免疫の担い手は何? [06/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は自然免疫の種類について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自然免疫の担い手は何? 自然免疫を担っているのは貪食細胞(どんしょ...

  • 自然免疫はどこで侵入者を捕えるの? [06/03up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は自然免疫のはたらきについて説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自然免疫はどこで侵入者を捕えるの? 鼻、気道、口腔、眼、皮膚、... [ 記事を読む ]

  • 免疫にはどのような種類があるの? [05/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は免疫の種類について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   免疫にはどのような種類があるの? 免疫は大きく2つに分けることができま... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 腎臓の排泄能力|体液の調節から理解する(3) [11/26up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、体液の調節から解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 ネフロンと尿の生成|体液の調節から理解する(2) 前回... [ 記事を読む ]

  • 体温の調節|生体を維持する恒常性のはたらき(3) [12/19up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、生体を維持する恒常性のはたらきから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 血圧・血糖値・pHの調節|生体を維持する... [ 記事を読む ]

  • 中枢神経と末梢神経|感じる・考える(2) [09/08up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 神経細胞とグリア細胞|感じる・考える(1) 解剖生理学の面白さを知るため、感覚がと... [ 記事を読む ]

  • 侵入してきた敵をたたく白血球|守る(2) [09/26up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、免疫についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 からだを守る免疫の力|守る(1) 解剖生理学の面白さを知るため、からだを守る免疫につ... [ 記事を読む ]

  • 神経のしくみと機能|動作のしくみから理解する(7) [12/12up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、動作のしくみから解剖生理を理解するお話の7回目です。 〈前回の内容〉 脳と脊髄は身体の司令塔|動作のしくみから理解する(6) ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1239
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1225
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1116
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1052
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
956
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
390
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者542

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!