2019年06月10日

自然免疫の担い手は何?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

今回は自然免疫の種類について説明します。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

自然免疫の担い手は何?

自然免疫を担っているのは貪食細胞(どんしょくさいぼう)、NK細胞、補体、リゾチーム、インターフェロンなどです。これらは化学物質などを用いて病原体を殺します。

貪食細胞とはマクロファージ好中球など、病原菌を食べてしまう免疫細胞のことです。物理的なバリアを突破して体内に病原菌や異物が侵入すると、これらの貪食細胞が駆けつけ、アメーバが捕食するのと同じ方法で異物を細胞内に取り込みます。

そして、リソソーム(水解小体)の中に含まれる加水分解酵素によって異物を分解し、消化します(図1)。

図1白血球の貪食作用

白血球の貪食作用

 

NK細胞は、リンパ球の一種です。ウイルスに感染した細胞や腫瘍細胞を破壊する役割を持ち、血液中に一定数(リンパ球の5〜10%)存在して常にパトロールを行っています。

補体とは生態防御に係わるタンパク質で、血液中に20種類以上存在します。これは細菌などに出合うと、活性化され細菌の細胞膜の表面に孔を開けます。この孔から水が入り込むと、細菌は死滅します。

リゾチームは病原菌溶解酵素の1つです。涙、唾液、母乳などのなかに含まれ、細菌から生体を守ります。

インターフェロンは、ウイルスに感染された細胞が、未感染の細胞を感染から守るために白血球などが分泌するタンパク質です。隣接する周囲の細胞表面に結合すると、結合した細胞のなかでウイルスが増殖できなくなります。

メモ1リゾチーム

細菌の細胞壁を加水分解する作用を持つ酵素で、この作用を溶菌作用といいます。

 

メモ2補体の活性化

補体は細菌の表面などに結合します。細菌に抗体が結合していなくても結合しますが、抗体が結合していると、その抗体に結合します。結合した補体は活性化され、細菌を破壊します。

 

炎症反応と自然免疫の関係

細菌、ウイルス、外傷、熱傷、薬物などによって体の細胞や組織が傷害されると、炎症が起こります。これは、生体を守るための自然免疫による反応です。

細胞が傷害されるとヒスタミンやキニンなどの炎症性物質が細胞から遊離し、周囲の血管を拡張させます。すると血流が増加し、発赤や熱感が生じます。同時に毛細血管の透過性が亢進し、血漿が漏れ出て皮膚が腫脹します(浮腫)。痛みの受容器も刺激されるため、疼痛も起こります。

ここで、免疫細胞が登場します。好中球やマクロファージが毛細血管の隙間から炎症部位に集まり、傷害された細胞や病原菌を取り込みます。この戦いの産物ともいえるのが黄色の膿です。膿には病原菌や組織の断片、死んだ好中球などが混ざり合っています。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 適応(獲得)免疫にはどのようなものがあるの? [06/17up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は適応免疫(獲得免疫)について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   適応(獲得)免疫にはどのようなものがあるの? 適応(獲得)免... [ 記事を読む ]

  • 自然免疫の担い手は何? [06/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は自然免疫の種類について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自然免疫の担い手は何? 自然免疫を担っているのは貪食細胞(どんしょ...

  • 自然免疫はどこで侵入者を捕えるの? [06/03up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は自然免疫のはたらきについて説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自然免疫はどこで侵入者を捕えるの? 鼻、気道、口腔、眼、皮膚、... [ 記事を読む ]

  • 免疫にはどのような種類があるの? [05/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は免疫の種類について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   免疫にはどのような種類があるの? 免疫は大きく2つに分けることができま... [ 記事を読む ]

  • 免疫って何? [05/20up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は免疫について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   免疫って何? 免疫は、病気、特に細菌やウイルスや感染症に対する防衛機構です。... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 消化酵素による分解の仕組み|食べる(2) [08/10up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 栄養と代謝|食べる(1) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒険中のナスカ。食... [ 記事を読む ]

  • 「白衣の戦士!」で学ぶ患者さんの心の状態|けいゆう先生の医療ドラマ解説【13】 [04/24up]

    執筆:山本健人 (ペンネーム:外科医けいゆう)   医療ドラマを題材に、看護師向けに役立つ知識を紹介するこのコーナー。 今回も、4月10日から放送中の「白衣の戦士!」を取り上げたいと思います。 ... [ 記事を読む ]

  • 呼吸の調節|ガスの流れから理解する(3) [11/19up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、ガスの流れから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 空気の通る道筋をたどる|ガスの流れから理解する(2) ... [ 記事を読む ]

  • 骨格筋の構造|動く(3) [09/22up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、骨・筋肉についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 骨の機能|動く(2) 解剖生理学の面白さを知るため、骨の機能について知りました。... [ 記事を読む ]

  • 心臓は働きもの|流れる・運ぶ(2) [07/17up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 多細胞生物が備えた物流システム|流れる・運ぶ(1) 解剖生理を学ぶため、体内を冒... [ 記事を読む ]

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1289
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1126
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1099
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1023
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
920
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
2839
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2121

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!