2019年06月10日

自然免疫の担い手は何?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

今回は自然免疫の種類について説明します。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

自然免疫の担い手は何?

自然免疫を担っているのは貪食細胞(どんしょくさいぼう)、NK細胞、補体、リゾチーム、インターフェロンなどです。これらは化学物質などを用いて病原体を殺します。

貪食細胞とはマクロファージ好中球など、病原菌を食べてしまう免疫細胞のことです。物理的なバリアを突破して体内に病原菌や異物が侵入すると、これらの貪食細胞が駆けつけ、アメーバが捕食するのと同じ方法で異物を細胞内に取り込みます。

そして、リソソーム(水解小体)の中に含まれる加水分解酵素によって異物を分解し、消化します(図1)。

図1白血球の貪食作用

白血球の貪食作用

 

NK細胞は、リンパ球の一種です。ウイルスに感染した細胞や腫瘍細胞を破壊する役割を持ち、血液中に一定数(リンパ球の5〜10%)存在して常にパトロールを行っています。

補体とは生態防御に係わるタンパク質で、血液中に20種類以上存在します。これは細菌などに出合うと、活性化され細菌の細胞膜の表面に孔を開けます。この孔から水が入り込むと、細菌は死滅します。

リゾチームは病原菌溶解酵素の1つです。涙、唾液、母乳などのなかに含まれ、細菌から生体を守ります。

インターフェロンは、ウイルスに感染された細胞が、未感染の細胞を感染から守るために白血球などが分泌するタンパク質です。隣接する周囲の細胞表面に結合すると、結合した細胞のなかでウイルスが増殖できなくなります。

メモ1リゾチーム

細菌の細胞壁を加水分解する作用を持つ酵素で、この作用を溶菌作用といいます。

 

メモ2補体の活性化

補体は細菌の表面などに結合します。細菌に抗体が結合していなくても結合しますが、抗体が結合していると、その抗体に結合します。結合した補体は活性化され、細菌を破壊します。

 

炎症反応と自然免疫の関係

細菌、ウイルス、外傷、熱傷、薬物などによって体の細胞や組織が傷害されると、炎症が起こります。これは、生体を守るための自然免疫による反応です。

細胞が傷害されるとヒスタミンやキニンなどの炎症性物質が細胞から遊離し、周囲の血管を拡張させます。すると血流が増加し、発赤や熱感が生じます。同時に毛細血管の透過性が亢進し、血漿が漏れ出て皮膚が腫脹します(浮腫)。痛みの受容器も刺激されるため、疼痛も起こります。

ここで、免疫細胞が登場します。好中球やマクロファージが毛細血管の隙間から炎症部位に集まり、傷害された細胞や病原菌を取り込みます。この戦いの産物ともいえるのが黄色の膿です。膿には病原菌や組織の断片、死んだ好中球などが混ざり合っています。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 抗原と抗体ってどういうもの? [06/24up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は抗原と抗体について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   抗原と抗体ってどういうもの? 抗原とは免疫応答を引き起こす物質のことで... [ 記事を読む ]

  • 適応(獲得)免疫にはどのようなものがあるの? [06/17up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は適応免疫(獲得免疫)について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   適応(獲得)免疫にはどのようなものがあるの? 適応(獲得)免... [ 記事を読む ]

  • 自然免疫の担い手は何? [06/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は自然免疫の種類について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自然免疫の担い手は何? 自然免疫を担っているのは貪食細胞(どんしょ...

  • 自然免疫はどこで侵入者を捕えるの? [06/03up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は自然免疫のはたらきについて説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自然免疫はどこで侵入者を捕えるの? 鼻、気道、口腔、眼、皮膚、... [ 記事を読む ]

  • 免疫にはどのような種類があるの? [05/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は免疫の種類について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   免疫にはどのような種類があるの? 免疫は大きく2つに分けることができま... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 小児の呼吸器系の生理学的・解剖学的特長は? [06/04up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「小児の呼吸器系の生理学的・解剖学的特徴」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   小児の呼吸器系の生理... [ 記事を読む ]

  • 腎臓の構造と機能|捨てる(2) [08/22up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、腎臓についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 体内の清掃業務|捨てる(1) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒険中のナスカ。体... [ 記事を読む ]

  • いざ、毛細血管の中へ|流れる・運ぶ(5) [07/28up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の5回目です。 〈前回の内容〉 血液は何でできている?|流れる・運ぶ(4) 血管の世界を冒険中のナスカ。前回は血... [ 記事を読む ]

  • アシドーシスとアルカローシス|捨てる(3) [08/24up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、腎臓についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 腎臓の構造と機能|捨てる(2) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒険中のナスカ。... [ 記事を読む ]

  • 心周期 [01/27up]

    『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。 今回は心周期について解説します。 中嶋ひとみ 新東京病院看護部   〈目次〉 心周期 心周期と左心系内圧の変化 脈拍と心拍数の関係 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

新人ナース必見!持っておきたいナースグッズ12選

「とりあえずこれだけ持っとけば大丈夫!」現役看護師厳選のグッズを徹底解説! [ 記事を読む ]

心電図のキホン、ここだけはおさえておこう!

基準値、異常な波形いろいろ、心電図実施時のポイントなどをコンパクトに解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1245
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2864
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1128
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1036
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
903
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
640
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者970

◆医療安全の問題◆看護師が行う個人情報取り扱いについて、以下の中で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.患者さんの家族から、患者さんの状態について教えてほしいと電話があったので、説明した。
  • 2.死亡した患者さんの看護内容を、看護研究で発表した。
  • 3.Aさんの処置中に、Bさんから声をかけられたので、処置後、Aさんの情報を挟んだファイルをAさんのサイドボードにおいてBさんの元に行った。
  • 4.患者さんに「自分のカルテを見せほしい」と言われたので、手続きを踏めば可能であることを伝えた。
今日のクイズに挑戦!