1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 寒い時はどんな方法で体温を維持するの?

2019年04月22日

寒い時はどんな方法で体温を維持するの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

今回は寒い時の体温調節について説明します。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

寒い時はどんな方法で体温を維持するの?

暖かな部屋から吹雪のなかに足を踏み出した時、私たちの体のなかではどのような変化が起きているのでしょう。急に体温よりも寒い環境に置かれたわけですから、視床下部には体が冷えつつあるぞという情報が送られます。すると、視床下部は2つの指令を出します。

1つは、できるだけ体内の熱を逃がさないようにしろという指令です。そしてもう1つは、体内で急いで熱を作り出せという指令です。

熱を逃がさないようにするための反応は、毛細血管で起こります。毛細血管を収縮させ、末端に血液が流れないようにするのです。これにより、皮膚表面や末端から熱が放出されにくくなります。

また、寒い時に鳥肌が立つことがありますが、これは毛根にある立毛筋が収縮するためです。かつて祖先が体毛で覆われていた時代、毛を直立させて体のまわりの空気層を増やし、寒さから身を守っていた時の名残です。

一方、熱を作り出すほうの指令は筋肉に伝わります。寒い時に震えるのは、熱を作り出すため、体温調節中枢からの指令で筋肉が収縮を繰り返すからです。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 1日の中で体温が変動するのはなぜ? [05/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は1日の体温変動について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   1日の中で体温が変動するのはなぜ? 体温が最も低いのは早朝(午前4... [ 記事を読む ]

  • 暑い時はどんな方法で体温を維持するの? [04/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は暑い時の体温調整について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   暑い時はどんな方法で体温を維持するの? 外気温が暑い場合、体温調... [ 記事を読む ]

  • 寒い時はどんな方法で体温を維持するの? [04/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は寒い時の体温調節について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   寒い時はどんな方法で体温を維持するの? 暖かな部屋から吹雪のなか...

  • 体温はどのようにして保たれているの? [04/15up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体温調節について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   体温はどのようにして保たれているの? 体温調節を行うのは、間脳にある視床... [ 記事を読む ]

  • 体のどこの温度を一定にする必要があるの? [04/08up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はヒトの体温について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長     体のどこの温度を一定にする必要があるの? 寒い時に手袋をしな... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 小児の呼吸器系の生理学的・解剖学的特長は? [06/04up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「小児の呼吸器系の生理学的・解剖学的特徴」に関するQ&Aです。 小児の呼吸器系の生理学的・解剖学的特徴は? 上気道が閉塞しやすく、気道は細く脆弱・過敏... [ 記事を読む ]

  • リンパ球と抗体|守る(3) [09/29up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、免疫についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 侵入してきた敵をたたく白血球|守る(2) 解剖生理学の面白さを知るため、からだのなか... [ 記事を読む ]

  • 心臓の構造と血液との関係|血液の流れから理解する(2) [10/20up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、血液の流れから解剖生理を理解するお話の2回目です。 〈前回の内容〉 全身の血管|血液の流れから理解する(1) 前回は、体内... [ 記事を読む ]

  • 食物の旅―食道、胃|食物の流れから理解する(3) [11/03up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、食物の流れから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 栄養素の特徴|食物の流れから理解する(2) 前回は、そ... [ 記事を読む ]

  • 呼吸の調節|ガスの流れから理解する(3) [11/19up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、ガスの流れから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 空気の通る道筋をたどる|ガスの流れから理解する(2) ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

デキる新人担当はつらいよ|マンガ・病院珍百景

プリセプティが優秀だったときのプレッシャーといったら…!! [ 記事を読む ]

新人ナース必見!輸液の基礎知識

「腎機能不明時や緊急時に使われるのは●号液」●に入る数字、わかる? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1321
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1198
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1119
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1091
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
995
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
853
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日

[日勤中]たくさん歩いて頑張った大賞!

投票数:
154
実施期間:
2019年07月23日 2019年08月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者880

急性心筋梗塞でこれからカテーテル治療を行う患者さん。救急外来受診時、12誘導心電図では右側胸部誘導でV4RのST上昇がありました。血圧は80/48mmHgです。以下のうち、看護師のあなたがカテーテル室で最も先に準備しておくべき薬剤はどれでしょうか?

  • 1.塩酸モルヒネ
  • 2.細胞外液
  • 3.ニトログリセリン
  • 4.フロセミド
今日のクイズに挑戦!