2019年03月11日

リンパってどういうもの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

今回はリンパについて説明します。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

リンパってどういうもの?

もともとは組織液(組織間液)から発生したものがリンパで、リンパ液とリンパ球から構成されています。組織間液は毛細血管から染み出たものですが、一部は静脈系に再吸収されず組織間隙(そしきかんげき)に残っています。

この組織液には、細菌やウイルス、異物などが含まれることもあります。組織間隙に組織液が残り続けると、組織液は徐々に汚れていくだけでなく、生体は感染の危険にさらされ続けなければなりません。

そこで登場するのが毛細リンパ管です。毛細リンパ管は静脈に沿ってレース編みのように張り巡らされている、もう1つの循環系です。静脈が上水道だとすれば、リンパ管は下水道に相当します。

リンパ管は細菌やウイルス、異物などを、余分にある組織液ごと吸収してしまうのです。このようにしてリンパ管に吸収された液体成分がリンパ液です。毛細リンパ管が吸収する組織液は、組織液全体の10%です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • リンパ節の果たす役割は何? [03/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はリンパ節の役割について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   リンパ節の果たす役割は何? リンパ節はリンパの流れに沿って全身に数... [ 記事を読む ]

  • リンパはどこを流れているの? [03/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はリンパ管について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   リンパはどこを流れているの? 私たちの体には、静脈に沿うような形で毛細リ... [ 記事を読む ]

  • リンパってどういうもの? [03/11up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はリンパについて説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   リンパってどういうもの? もともとは組織液(組織間液)から発生したものがリ...

  • 血球はどこで作られるの? [03/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は血球を作り出している骨髄について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   血球はどこで作られるの? 赤血球、白血球、血小板などの血... [ 記事を読む ]

  • 異なる血液型を輸血してはいけないのはなぜ? [02/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は輸血の注意点について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   異なる血液型を輸血してはいけないのはなぜ? 輸血できる血液型は、本人... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 後天的な免疫の防御機能|身体を守る免疫系のはたらき(3) [01/11up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、身体を守る免疫系のはたらきから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 先天的な免疫の防御機能|身体を守る免疫系のは... [ 記事を読む ]

  • 全身の血管|血液の流れから理解する(1) [10/17up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、血液の流れから解剖生理を理解するお話の1回目です。 〈前回の内容〉 身体の中の社会|生体としての人体(3) 前回は、細胞が... [ 記事を読む ]

  • 小児の呼吸器系の生理学的・解剖学的特長は? [06/04up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「小児の呼吸器系の生理学的・解剖学的特徴」に関するQ&Aです。 小児の呼吸器系の生理学的・解剖学的特徴は? 上気道が閉塞しやすく、気道は細く脆弱・過敏... [ 記事を読む ]

  • 呼吸の調節|ガスの流れから理解する(3) [11/19up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、ガスの流れから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 空気の通る道筋をたどる|ガスの流れから理解する(2) ... [ 記事を読む ]

  • 肝臓の仕組み|食べる(4) [08/16up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 食道・胃・小腸・胆嚢・膵臓の仕組み|食べる(3) 解剖生理学の面白さを知るため、... [ 記事を読む ]

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

新人ナース必見!輸液の基礎知識

「腎機能不明時や緊急時に使われるのは●号液」●に入る数字、わかる? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1321
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1198
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1119
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1090
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
994
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
852
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日

[日勤中]たくさん歩いて頑張った大賞!

投票数:
129
実施期間:
2019年07月23日 2019年08月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者786

急性心筋梗塞でこれからカテーテル治療を行う患者さん。救急外来受診時、12誘導心電図では右側胸部誘導でV4RのST上昇がありました。血圧は80/48mmHgです。以下のうち、看護師のあなたがカテーテル室で最も先に準備しておくべき薬剤はどれでしょうか?

  • 1.塩酸モルヒネ
  • 2.細胞外液
  • 3.ニトログリセリン
  • 4.フロセミド
今日のクイズに挑戦!