1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 白血球にはどんな種類があるの?

2019年02月04日

白血球にはどんな種類があるの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

今回は白血球の種類について説明します。

白血球にはどんな種類があるの?

白血球にはたくさんの種類があります。それぞれ名前がついていますので、ネーミングの意味を理解しながら確認していきましょう。

まず、細胞の中に顆粒状を持つ顆粒(かりゅう)球と、顆粒を持たない細胞に分類できます。顆粒球には、好酸球、好塩基球、好中球という3つの種類があります。これはそれぞれ、酸性の色素に染まる白血球、塩基性の色素に染まる白血球、色素に染まらない白血球という意味の名称です。

最も数が多いのが好中球で、白血球の50〜70%存在します。好酸球はアレルギー反応を引き起こし、また、顆粒の作用で攻撃します。好塩基球は、顆粒内のヒスタミンヘパリンなどによってアナフィラキシー、じんま疹、気管支喘息などのアレルギー反応を引き起こす厄介者ですが、血管内での血液凝固を防ぐという役割もあります。

小さな顆粒を少量もつ白血球にはリンパ球と単球があります。リンパ球には、Tリンパ球とBリンパ球、NK細胞があり、お互いに協力しながら異物と戦います。単球は組織のなかに入るとマクロファージになり、貪食(どんしょく)作用を行います。また、抗原情報をリンパ球に伝えるという役目もあります。

 

メモ1白血球の寿命

リンパ球の寿命は長く(数年間)、好中球は短い(約10時間)です。白血球は老化すると肝臓や脾臓で破壊されます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 血液型にはどんな種類があるの? [02/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は血液型の種類について説明します。 血液型にはどんな種類があるの? 血液型というのは、赤血球の表面にある抗原の種類によって区別される血液の型のことです。輸血を行う際... [ 記事を読む ]

  • 出血はどのようにして止まるの? [02/11up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は血小板について説明します。 出血はどのようにして止まるの? 血管を傷つけてしまった時、いち早く止血に係わるのが血小板です。血小板は2〜3μmの小さな細胞で、1mm... [ 記事を読む ]

  • 白血球にはどんな種類があるの? [02/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は白血球の種類について説明します。 白血球にはどんな種類があるの? 白血球にはたくさんの種類があります。それぞれ名前がついていますので、ネーミングの意味を理解しなが...

  • 白血球にはどんな役割があるの? [01/28up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は白血球の役割について説明します。 白血球にはどんな役割があるの? 白血球は、侵入する微生物から生体を守る自衛軍の兵隊です。非自己である微生物をキャッチし、血流に乗って... [ 記事を読む ]

  • 赤血球の寿命はどれくらい? [01/21up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は赤血球の寿命について説明します。   赤血球の寿命はどれくらい? 赤血球の寿命は約120日です。老化した赤血球は脾臓で破壊されます。これを溶血(ようけつ)と... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 心臓のポンプ機能と毛細血管|血液の流れから理解する(3) [10/22up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、血液の流れから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 心臓の構造と血液|血液の流れから理解する(2) 前回は... [ 記事を読む ]

  • 骨の機能|動く(2) [09/19up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、骨・筋肉についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 意思で動かせられる骨格筋|動く(1) 解剖生理学の面白さを知るため、自分の意思で... [ 記事を読む ]

  • 動脈と静脈|流れる・運ぶ(3) [07/22up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 心臓は働きもの|流れる・運ぶ(2) 血管の中を冒険中のナスカ。心臓が1日10万回も... [ 記事を読む ]

  • 免疫反応の流れ|守る(4) [10/01up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、免疫についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 リンパ球と抗体|守る(3) 解剖生理学の面白さを知るため、リンパ球と抗体について知り... [ 記事を読む ]

  • 身体の中の社会|生体としての人体(3) [10/15up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、生体としての人体についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 人間の身体を構成する細胞|生体としての人体(2) 前回は、人... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「白衣の戦士!」で学ぶ癒着性腸閉塞の治療とケア

この春始まった新ドラマを題材に、ナースに必要な医学知識を楽しく解説! [ 記事を読む ]

JCSっていつ、どんなときに使うの?

患者さんを見て、すぐに「JCS●点!」って評価できますか? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1388
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
1007
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
996
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
733
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5781

造影剤を用いる検査時に、最も気をつけておかなければならない検査値は、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.Dダイマー
  • 2.γ-GTP
  • 3.CRE
  • 4.血糖値
今日のクイズに挑戦!