1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 赤血球の寿命はどれくらい?

2019年01月21日

赤血球の寿命はどれくらい?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

今回は赤血球の寿命について説明します。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

赤血球の寿命はどれくらい?

赤血球の寿命は約120日です。老化した赤血球は脾臓で破壊されます。これを溶血(ようけつ)といいます(メモ1)。赤血球の成分はマクロファージメモ2)によって処理されるのですが、この時、すべてが廃棄物になってしまうのではなく、かなりの部分が再利用されます。

赤血球に含まれるヘモグロビンは、ヘムとグロビンに分解されます。ヘムの一部はさらに分解され、中に含まれる鉄が血清タンパク質と結合して骨髄に運ばれ、赤血球に再利用されます。

ほかの多くのヘムは門脈を通って肝臓に運ばれ、ビリルビンに変換されて胆汁色素として働きます(『黄疸はどのようにして起きるの?』参照)。グロビンの多くはそのまま再利用されます。

 

メモ1溶血

赤血球の膜が損傷され、赤血球の成分が血球の外に流出する現象。 赤血球の老化だけでなく、採血時の急激な陰圧や非適合輸血など でも溶血が起こります。

メモ2マクロファージ

血液中の単球が血管内に出るとマクロファージといいます。細菌、 ウイルスに感染した細胞、腫瘍細胞などを食べてしまうことから 貪食細胞とも呼ばれます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 白血球にはどんな種類があるの? [02/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は白血球の種類について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   白血球にはどんな種類があるの? 白血球にはたくさんの種類があります。... [ 記事を読む ]

  • 白血球にはどんな役割があるの? [01/28up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は白血球の役割について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   白血球にはどんな役割があるの? 白血球は、侵入する微生物から生体を守る自... [ 記事を読む ]

  • 赤血球の寿命はどれくらい? [01/21up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は赤血球の寿命について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   赤血球の寿命はどれくらい? 赤血球の寿命は約120日です。老化した赤...

  • 赤血球はなぜ中央がくぼんでいるの? [01/14up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は赤血球の形状について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   赤血球はなぜ中央がくぼんでいるの? 赤血球は円盤状で、両側の中央が白... [ 記事を読む ]

  • 血液はどんな仕事をしているの? [01/07up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は血液の役割について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   血液はどんな仕事をしているの? 血液には①運搬作用、②調節作用、③防御... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 心臓のポンプ機能 [01/28up]

    『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。 今回は心臓のポンプ機能について解説します。 中嶋ひとみ 新東京病院看護部   〈目次〉 心拍出量規定因子 前負荷・後負荷に変化が起こったときの... [ 記事を読む ]

  • 免疫反応の流れ|守る(4) [10/01up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、免疫についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 リンパ球と抗体|守る(3) 解剖生理学の面白さを知るため、リンパ球と抗体について知り... [ 記事を読む ]

  • いざ、毛細血管の中へ|流れる・運ぶ(5) [07/28up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の5回目です。 〈前回の内容〉 血液は何でできている?|流れる・運ぶ(4) 血管の世界を冒険中のナスカ。前回は血... [ 記事を読む ]

  • 標的細胞を刺激するホルモン|調節する(3) [08/30up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 情報を伝える神経伝達物質|調節する(2) 解剖生理学の面白さを知る... [ 記事を読む ]

  • 出生は人生最大の危機|子孫をつくる(3) [10/08up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、生殖についてのお話の3回目、そしてこの連載の最終回です! 〈前回の内容〉 生殖機能の発育と生殖器の構造|子孫をつくる(2) 解剖生理学... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.3 ゆい~(3)

認知症の患者さんが食事を引き出しに隠した理由とは…。あなたはどう考える? [ 記事を読む ]

急変時のルート確保、どうすればいい?

ショック状態や心肺停止など、急いでルート確保が必要なときのワザを紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
3161
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1242
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1151
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
1105
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
1002
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日

2019年度有給休暇ちゃんと取得できた?

投票数:
760
実施期間:
2020年04月07日 2020年04月28日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者659

◆アセスメントの問題◆中心静脈圧について正しいものはどれでしょうか?

  • 1.中心静脈圧の評価のため、45度ヘッドアップして頸静脈を観察した。
  • 2.中心静脈圧には尿量や体重の変化は関係しない。
  • 3.中心静脈圧は左心房内圧の上昇を反映している。
  • 4.中心静脈圧の推定は外頸静脈の観察が最も適している。
今日のクイズに挑戦!