1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護技術のなぜ?>
  4. 体温測定時に、体温計を前方下から斜めに挿入し、保持するのはなぜ?|看護技術

2018年11月24日

体温測定時に、体温計を前方下から斜めに挿入し、保持するのはなぜ?|看護技術

看護技術のなぜ?ガイドブック

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。
今回は「体温計の挿入」に関するQ&Aです。

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

体温計を前方下から斜めに挿入し、保持するのはなぜ?

腋窩部の皮膚温が最も高い部分に体温計を密着させるためです。大胸筋広背筋(こうはいきん)、上腕三頭筋、上腕二頭筋で囲まれ、腋窩動脈に近い部分が最も高く、大胸筋側のほうが広背筋側よりも高い値を示します。この部分に体温計の先端を当てて密着させるためには、前方下から後上方に向けて斜めに挿入します。

挿入角度は、老人や、るいそうの激しい患者は腋窩がくぼんでいるので鋭い角度にします。幼児や肥満気味の場合は、水平に近い状態で挿入します。

 

図1体温計の挿入角度

体温計の挿入角度

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 体温の測定部位によって温度差があるのはなぜ?|体温測定 [12/08up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「体温測定部位の温度差」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   体温の測定部位によって温度差があるのはなぜ? 測定部... [ 記事を読む ]

  • 体温測定時、上腕を密着させ、10分間測定するのはなぜ? [12/01up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「体温測定の方法(腋窩)」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   体温測定時、上腕を密着させ、10分間測定するのはなぜ? ... [ 記事を読む ]

  • 体温測定時に、体温計を前方下から斜めに挿入し、保持するのはなぜ?|看護技術 [11/24up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「体温計の挿入」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   体温計を前方下から斜めに挿入し、保持するのはなぜ? 腋窩部の...

  • 体温測定時に発汗の有無を確認するのはなぜ?|看護技術 [11/17up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「体温測定の発汗の有無の確認」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   体温測定時に発汗の有無を確認するのはなぜ? 腋... [ 記事を読む ]

  • 体温測定時に麻痺側や側臥位の下側を避けるのはなぜ?|看護技術 [11/10up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「体温測定時(腋窩)の注意」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   体温測定時に麻痺側や側臥位の下側を避けるのはなぜ? ... [ 記事を読む ]

もっと見る

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりでいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1816
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1356
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1247
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1119
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1021
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
691
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5290

簡易血糖測定の方法について、正しい方法は、次のうちどれでしょう。

  • 1.簡易血糖測定には、主に静脈からの採血を用いて測定する。
  • 2.使用する血液の量は、直径2mmの半球程度の量でよい。
  • 3.医療従事者が患者さんの耳朶から血液を採取する際は、穿刺部位の安定を図るため、耳朶の裏に指を当てて、しっかり固定した上で穿刺する。
  • 4.血液が十分に採取できない場合は、穿刺部位を絞り出して採取する必要がある。
今日のクイズに挑戦!