1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護技術のなぜ?>
  4. 体温測定時に、体温計を前方下から斜めに挿入し、保持するのはなぜ?|看護技術

2018年11月24日

体温測定時に、体温計を前方下から斜めに挿入し、保持するのはなぜ?|看護技術

看護技術のなぜ?ガイドブック

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。
今回は「体温計の挿入」に関するQ&Aです。

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

体温計を前方下から斜めに挿入し、保持するのはなぜ?

腋窩部の皮膚温が最も高い部分に体温計を密着させるためです。大胸筋広背筋(こうはいきん)、上腕三頭筋、上腕二頭筋で囲まれ、腋窩動脈に近い部分が最も高く、大胸筋側のほうが広背筋側よりも高い値を示します。この部分に体温計の先端を当てて密着させるためには、前方下から後上方に向けて斜めに挿入します。

挿入角度は、老人や、るいそうの激しい患者は腋窩がくぼんでいるので鋭い角度にします。幼児や肥満気味の場合は、水平に近い状態で挿入します。

 

図1体温計の挿入角度

体温計の挿入角度

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 体温の測定部位によって温度差があるのはなぜ?|体温測定 [12/08up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「体温測定部位の温度差」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   体温の測定部位によって温度差があるのはなぜ? 測定部... [ 記事を読む ]

  • 体温測定時、上腕を密着させ、10分間測定するのはなぜ? [12/01up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「体温測定の方法(腋窩)」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   体温測定時、上腕を密着させ、10分間測定するのはなぜ? ... [ 記事を読む ]

  • 体温測定時に、体温計を前方下から斜めに挿入し、保持するのはなぜ?|看護技術 [11/24up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「体温計の挿入」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   体温計を前方下から斜めに挿入し、保持するのはなぜ? 腋窩部の...

  • 体温測定時に発汗の有無を確認するのはなぜ?|看護技術 [11/17up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「体温測定の発汗の有無の確認」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   体温測定時に発汗の有無を確認するのはなぜ? 腋... [ 記事を読む ]

  • 体温測定時に麻痺側や側臥位の下側を避けるのはなぜ?|看護技術 [11/10up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「体温測定時(腋窩)の注意」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   体温測定時に麻痺側や側臥位の下側を避けるのはなぜ? ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1315
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1193
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1115
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1085
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
988
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
844
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者344

急性心筋梗塞でこれからカテーテル治療を行う患者さん。救急外来受診時、12誘導心電図では右側胸部誘導でV4RのST上昇がありました。血圧は80/48mmHgです。以下のうち、看護師のあなたがカテーテル室で最も先に準備しておくべき薬剤はどれでしょうか?

  • 1.塩酸モルヒネ
  • 2.細胞外液
  • 3.ニトログリセリン
  • 4.フロセミド
今日のクイズに挑戦!