1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護技術のなぜ?>
  4. 体温測定時に麻痺側や側臥位の下側を避けるのはなぜ?|看護技術

2018年11月10日

体温測定時に麻痺側や側臥位の下側を避けるのはなぜ?|看護技術

看護技術のなぜ?ガイドブック

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。
今回は「体温測定時(腋窩)の注意」に関するQ&Aです。

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

体温測定時に麻痺側や側臥位の下側を避けるのはなぜ?

麻痺側は代謝が低くなっており、一般に体温が低くなりがちです。必ず健側で測定するようにしましょう。

気をつけたいのは、患者に体温計を手渡して「測ってください」と指示する場合です。片麻痺の患者は健側のほうが物を扱いやすいため、麻痺側に体温計を挟みがちになることを知っておく必要があります。

側臥位しか取れない患者の場合は、側臥位のまま検温を行います。体の下になっている側は血流量が少なく、体温がやや低めになるのに対し、上側は拡張して体温は高めになります。これを圧反射といいます。検温の場合は、最も高い体温を得る必要があるため、体の上側で測定します。

なお、血圧も麻痺側では測定しません。麻痺側の血流量が少なくなっているため、正確な測定値が得られないからです。麻痺の程度によっては、肘関節が硬直してマンシェットが正しく巻けない場合もあります。

 

One Pointるいそうが激しい患者の体温測定

るいそうが激しいと腋窩が密着しにくくなります。そのため、体温測定をする時は、意識して上腕を前胸部寄りに密着させる必要があります。測定している間、この姿勢を保っていられない場合は、看護師が患者の腕を固定します。

やせた患者の体温の測り方

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1316
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1193
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1115
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1086
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
990
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
845
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日

[日勤中]たくさん歩いて頑張った大賞!

投票数:
4
実施期間:
2019年07月23日 2019年08月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者388

急性心筋梗塞でこれからカテーテル治療を行う患者さん。救急外来受診時、12誘導心電図では右側胸部誘導でV4RのST上昇がありました。血圧は80/48mmHgです。以下のうち、看護師のあなたがカテーテル室で最も先に準備しておくべき薬剤はどれでしょうか?

  • 1.塩酸モルヒネ
  • 2.細胞外液
  • 3.ニトログリセリン
  • 4.フロセミド
今日のクイズに挑戦!