1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護技術のなぜ?>
  4. 体温、呼吸、脈拍、血圧をバイタルサインと呼ぶのはなぜ?

2018年09月22日

体温、呼吸、脈拍、血圧をバイタルサインと呼ぶのはなぜ?

看護技術のなぜ?ガイドブック

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。
今回は「バイタルサインの意味」に関するQ&Aです。

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

体温、呼吸、脈拍、血圧をバイタルサインと呼ぶのはなぜ?

バイタルとは、「生命の維持に必要な」という意味の形容詞です。これが名詞形になったものがバイタリティ=生命力ということになります。ちなみに、サインは徴候を意味します。

つまり、バイタルサインは、「生命の維持に必要な徴候=生命徴候」という意味です。

バイタルサインの4つの徴候は、ヒトが生きているという身体的状況を的確に反映しています。さらに、これらはみな、数値としてとらえられるという客観性があります。

もちろん、生命徴候には、食事をしたり、排泄をしたり、話したりといった要素もあり、心音や呼吸音、心電図波、意識状態なども含まれます。しかし、こういったことまで含めると、日常的にケアに役立つということとはかけ離れてしまいます。

「体温」「呼吸」「脈拍」「血圧」の4つをもってバイタルサインとするもう1つの理由は、測定が簡便なことです。

脈拍や呼吸はケアに当たる人が目で見たり、手で触れて感じることができます。体温や血圧は、簡単な測定器があれば短時間で測定することができます。

これらのバイタルサインを観察することにより、患者の異常や精神的な動揺を早期に発見することができ、また、患者に適した日常生活援助を実施することができます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • バイタル測定前に前回の測定値、測定条件を確認しておくのはなぜ?|バイタルサイン測定 [10/13up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「バイタルサイン測定前の確認」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   バイタル測定前に前回の測定値、測定条件を確認しておく... [ 記事を読む ]

  • 各バイタルサインが変動するのはなぜ? [10/06up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「バイタルサインの変動」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   各バイタルサインが変動するのはなぜ? バイタルサイン... [ 記事を読む ]

  • バイタルサイン測定を行うのはなぜ? [09/29up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「バイタルサインの測定」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   バイタルサイン測定を行うのはなぜ? バイタルサインの... [ 記事を読む ]

  • 体温、呼吸、脈拍、血圧をバイタルサインと呼ぶのはなぜ? [09/22up]

    『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「バイタルサインの意味」に関するQ&Aです。 大川美千代 群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授   体温、呼吸、脈拍、血圧をバイタルサインと呼ぶのはなぜ? ...

  • 看護技術のなぜ?記事一覧 [03/18up]

    看護技術のなぜ? 『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 Q&A方式で、看護技術を理解しよう。 〈目次〉 1.バイタルサイン測定のなぜ 2.環境整備のなぜ 3.清潔援助のなぜ 4.食事援助の... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1457
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1343
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1270
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1195
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1160
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
655
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
505
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1872

◆がん看護の問題◆Cさんは40歳代の営業職の仕事を行っている男性です。非小細胞肺がんと診断され、「今後も仕事を継続しながら治療を行いたい」と話しています。
Cさんの治療は、抗がん剤であるビノレルビン酒石酸塩+シスプラチン療法を行うことになりました。
今後、骨髄抑制の副作用が予測されるCさんに対してどのような説明が必要でしょうか?

  • 1.抗がん剤投与から1週間は特に貧血に注意して生活をしてもらう。
  • 2.治療期間中は感染を防ぐため、仕事を控えるように説明する。
  • 3.血小板の減少は抗がん剤投与後3週間程度で起こるが、その時期は、自分で気づきにくい内出血に注意するよう説明する。
  • 4.白血球は抗がん剤投与後7~14日程度で最低値となるため、特にこの期間は感染に注意が必要である。
今日のクイズに挑戦!