1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 筋力低下のある患者や麻痺のある患者の車いすへの移乗

2017年01月21日

筋力低下のある患者や麻痺のある患者の車いすへの移乗

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は筋力低下のある患者や麻痺のある患者の車いすへの移乗について解説します。

筋力低下のある患者や麻痺のある患者の車いすへの移乗

  • 転倒予防のために、端座位で動作を止め、起立性低血圧の有無を確認する。また、両足底がしっかりと床についているか確認する。
  • 立位では、膝や腰を曲げない姿勢を保てるか、どのくらいの時間立位がとれるかといった立位の保持状況を把握する。
  • 看護者は、車いすの正面への移動の際に、車いすに近い方を軸足にして、車いすに向き合うようにする。一瞬でも軸足を動かすと患者と看護者の全体重が片足にかかり不安定になって危険です。
  • あらかじめ転倒予防のために離床の準備をギャッチアップから始めておく。日頃から、姿勢保持ができるようにバランス座位や等尺運動などの体幹や下肢の筋力保持のための訓練を続けておくと効果的です。

図1車いすの配置

平面・斜面での移送方法

 

車いすへの移乗のポイント

移動スペースがない、または患者の機能障害の状態により、麻痺側の足側に車いすを置く場合があります。どちらに置いたとしても移動時の反動や衝撃が加わらない、麻痺側の下肢を巻き込まない、表皮剥離や骨折をしない、という移乗を行います。そのために患者がアームレストやベッド柵を把持して、身体を支えられ、移動距離が短くなるよう車いすの位置や方法を工夫するとともに、人員の確保や患者にあった車いすの選択をしていきましょう。

夜間のトイレや朝の起床時は、身体機能が低下しているため日中の活動時よりバランスを崩しやすくなっています。患者の1日におけるADLの変化を観察し、転倒を予防していきましょう。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 採血の手順と注意点 [09/15up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は採血の手順に関して解説します。 〈目次〉 採血の手順 真空採血管の採取の注意点 採血の手順 ①医師からの指示項目と、対象者の疾病・病態から採... [ 記事を読む ]

  • 輸血時の注意点|輸血の手順と注意点 [03/31up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は輸血時の注意点について解説します。 輸血時の注意点 ①輸血を行うことが決定したら、医師から患者や家族にその必要性、輸血の種類や方法を十分に説明を受けたかを確認します。... [ 記事を読む ]

  • 筋力低下のある患者や麻痺のある患者の車いすへの移乗 [01/21up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は筋力低下のある患者や麻痺のある患者の車いすへの移乗について解説します。 筋力低下のある患者や麻痺のある患者の車いすへの移乗 転倒予防のために、端座位で動作を止め、起立...

  • 清拭(せいしき)のポイント|根拠から学ぶ看護技術 [01/03up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は清拭のポイントについて解説します。 清拭のポイント 清拭は、入浴のように湯につかることはできませんが、温熱と水分を含むタオルや洗浄剤の効果で、身体の清潔がはかれます。また、... [ 記事を読む ]

  • 食事介助時のポイント [11/15up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は食事介助について解説します。 食事介助について 食事場面を観察し、栄養状態が不良であったり、食事摂取が進まなかったりする場合、なぜそれらが起こっているのかを考えます。食事摂... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

ダメだけど、クスっと笑える「失言」経験ある?|看護師の本音アンケート

今だから話せる!みんなの失言エピソードを5つご紹介。 [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

体調不良でお休みの連絡をしたとき、あなたの勤務先の対応は?

投票数:
1273
実施期間:
2019年02月26日 2019年03月19日

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1263
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1154
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1145
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1049
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
850
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者146

全身麻酔下で長時間の手術を受け、侵襲が加わった患者さんに対する栄養管理について正しいのはどれでしょうか?

  • 1.生体に侵襲が加わると必ず供給される内因性エネルギーは、筋タンパク質異化により供給されるアミノ酸を基質とした糖新生のことである。
  • 2.侵襲が加わった患者さんへのエネルギー供給は、「内因性エネルギー+外因性エネルギー=TEE(一日総消費エネルギー量)」となるように供給する。
  • 3.Overfeedingとは、過剰エネルギー投与のことだが、侵襲下のOverfeedingが引き起こされる代謝性有害事象には1)高血糖と2)栄養ストレスの2つがある。
  • 4.侵襲が加わった患者さんに外因性エネルギー供給である栄養投与を行うと、ホルモン・サイトカイン環境に直接作用して侵襲反応を軽減する。
今日のクイズに挑戦!