1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド>
  4. 切開処置に用いる必要物品|ドレナージに用いられる器具 | ドレーン・カテーテル・チューブ管理

2017年04月30日

切開処置に用いる必要物品|ドレナージに用いられる器具 | ドレーン・カテーテル・チューブ管理

ドレーン・カテーテル・チューブ管理 完全ガイド

ドレーンカテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。

今回はドレナージに用いる切開器具について説明します。

 

Point

  • 皮膚切開で用いるメスには、先端が丸い「円刃刀」と尖った「尖刃刀」がある。
  • 膿瘍腔の大きさに応じて、「ペアン鉗子」「モスキートペアン鉗子」を用いて切開孔を開大する。
  • 膿瘍の状態にあわせて、メスによる「鋭的切開」またはペアン鉗子・モスキートペアン鉗子による「鈍的切開」を行う。

 

〈目次〉

 

はじめに

本コラムでは、表在の感染性病変に対する切開処置に用いる必要物品(表1)について概説する。

表1表在感染性病変に対する切開処置の必要物品

  1. 消毒薬
  2. 滅菌覆布、滅菌ゴム手袋
  3. 局所麻酔薬
  4. 局所麻酔用注射器
  5. メス(図1
  6. ペアン鉗子・モスキートペアン鉗子(図2
  7. スワブ培地・滅菌スピッツ図3
  8. 鋭匙(図4
  9. 洗浄用注射器・生理食塩水
  10. 込めガーゼ、ペンローズドレーン(図5

 

消毒薬

手術野の皮膚の消毒には、10%ポビドンヨード(PVP-I)、10%PVP-I配合50%エタノール製剤、0.5%クロルヘキシジングルコン酸塩(CHG)配合エタノール製剤を用いる。

創傷部位・粘膜には10%PVP-I、0.01-0.025%ベンザルコニウム塩化物(BAC)、0.01-0.05%両性界面活性剤を用いる。

 

滅菌覆布、滅菌ゴム手袋

消毒後に術者は滅菌ゴム手袋を使用し、術野に穴あき滅菌覆布(ドレープ)を装着する。小さな膿瘍の場合、既製品では穴が大きすぎるため、穴のないドレープに予定切開線の大きさに応じた小孔をあけて使用する。

 

局所麻酔薬

高血圧などの循環器系の合併症、甲状腺機能亢進症糖尿病などがない場合は、アドレナリン含有1%リドカイン塩酸塩を用いると切開部からの出血を少なくすることができる。

循環器系の合併症を有する患者では、高血圧、心不全、不整脈などを悪化させる可能性があるため、アドレナリンを含まない局所麻酔薬を使用する。

 

局所麻酔用注射器

5mLあるいは10mLの注射器(シリンジ)に27G注射針を装着して、局所麻酔を施行する。

局所麻酔薬は、小さな膿瘍では予定切開線に沿って注入し、大きな膿瘍では膿瘍の周囲に注入する。

 

メス(図1

図1メス

メス

 

皮膚切開に用いるメスには、先端のとがった「尖刃刀」と先端の丸い「円刃刀」がある。ドレナージには、尖刃刀(No.11)や切開部の小さな円刃刀(No.15)を用いることが多い。

液体貯留の確認のために、18G注射針で試験穿刺を行うこともある。

表皮だけをメスにより切開し、真皮、皮下組織は電気メスで切開すると止血が容易である。

 

ペアン鉗子・モスキートペアン鉗子(図2

図2ペアン鉗子・モスキートペアン鉗子

ペアン鉗子・モスキートペアン鉗子

 

皮膚、皮下組織をメスにて切開し、膿汁の排液が確認できれば、膿瘍腔の大きさに応じてペアン鉗子・モスキートペアン鉗子で切開孔を開大する。異物や壊死組織があれば、可及的に除去しておく。

膿瘍が皮膚に自潰しかけている場合、メスによる「鋭的切開」を行うと、組織が易出血性であるため止血に難渋することがある。この場合は、皮膚の脆弱部をペアン鉗子・モスキートペアン鉗子を用いて用手的に「鈍的切開」を行うこともある。

 

スワブ培地・滅菌スピッツ(図3

図3細菌培養容器

細菌培養容器

 

起炎菌を同定するため、膿瘍腔の内溶液を注射器で吸引して、滅菌スピッツに入れる。もしくは、内容腔内を綿棒で拭いて、スワブ培地に入れて細菌検査に提出する。

 

鋭匙(図4

図4鋭匙

鋭匙

 

膿瘍腔に比べて切開孔が小さい場合は、鋭匙(えいひ)により内腔を搔爬(そうは)して、内容を可及的に除去しておく。ただし、内腔は不良肉芽のため血管が豊富で、易出血性であるため、出血をきたさないように愛護的な操作が必要である。

 

洗浄用注射器・生理食塩水

20mLのシリンジに生理食塩水を充填して膿瘍内腔を洗浄する。

膿瘍腔が大きい場合には、シリンジに14Frネラトンカテーテルを装着して、膿瘍腔内を十分に洗浄する。

 

込めガーゼ、ペンローズドレーン(図5

図5ペンローズドレーン

ペンローズドレーン

 

切開孔が閉鎖しないように、切開部に込めガーゼを挿入しておく。ループ状にした数本のナイロン糸を挿入しておく方法もある(ナイロン糸ドレナージ)。

膿瘍腔が大きい場合は、ペンローズドレーンを留置する。

 


[Profile]
石崎陽一
順天堂大学医学部肝胆膵外科先任准教授

*略歴は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社

[出典] 『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド第一版』 (編著)窪田敬一/2015年7月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

  • 肝臓の仕組み|食べる(4) [08/16up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 食道・胃・小腸・胆嚢・膵臓の仕組み|食べる(3) 解剖生理学の面白さを知るため、... [ 記事を読む ]

  • モスキート鉗子|鉗子(4) [12/19up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『モスキート鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説... [ 記事を読む ]

  • 腎盂が拡張しているエコー像 [10/05up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 尿路結石は腎盂拡... [ 記事を読む ]

  • 「胃がんは日本海側、乳がんは中国・四国地方」がんの地域差を国立がん研究センターが公表 [04/01up]

    【ナース知っ得ニュース 2015/04/01号】   国立がん研究センターより、39道府県のがんの罹患状況が初めて公表されました。 発表された各部位の地域差を見てみると、地域特性との関連性が推定されるものもあり、今... [ 記事を読む ]

  • 食道・胃・小腸・胆嚢・膵臓の仕組み|食べる(3) [08/13up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 消化酵素による分解の仕組み|食べる(2) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒... [ 記事を読む ]

いちおし記事

高カロリー輸液は、中心静脈?末梢静脈?

ラインの使い分けに不安があるナース必見! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

院内のジンクス教えて!

投票数:
1228
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1211
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1170
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
1092
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
4992
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日

東京オリンピックのチケット、当選した?

投票数:
958
実施期間:
2019年06月20日 2019年07月11日

「現場でのプレッシャーが半端ない!」選手権

投票数:
351
実施期間:
2019年06月25日 2019年07月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4728

COPDの急性増悪で入院中のAさん。Aさんの運動療法を開始するに当たり、「必須の評価項目」ではないものは、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.呼吸困難(安静時、労作時)
  • 2.動脈血液ガス分析
  • 3.スパイロメトリー
  • 4.経皮的酸素飽和度(SpO2
今日のクイズに挑戦!