2017年01月08日

ドレナージの目的と適応

ドレーン・カテーテル・チューブ管理 完全ガイド

『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。

今回はドレナージの目的と適応について説明します。

 

Point

  • ドレナージの分類には、「治療的ドレナージ」「予防的ドレナージ」「情報(インフォメーション)ドレナージ」の3つがある。
  • 治療的ドレナージは膿瘍や血腫、術後の貯留液に対して適応となる。
  • 予防的ドレナージは、「患者側」と「手術手技」の因子が認められる場合に適応となる。インフォメーションドレナージは因子が認められないときでも適応となることが多い。

 

〈目次〉

 

ドレナージの目的

ドレナージ(排液)とは、血液・膿・滲出液・消化液などの感染原因の除去や減圧目的で患者の体外に誘導、排泄することである。

ドレナージのために挿入する管をドレーンチューブ(ドレーン)という。

ドレナージは、患者を管理するにあたって臨床上きわめて重要な処置であり、種類や目的ごとに得られる情報、管理方法などについて熟知しておかなくてはならない。目的別のドレナージの分類を、以下に示す。

 

治療的ドレナージ

体内に貯留した血液・滲出液は、感染の原因となることがある。膿は、それ自体が発熱の原因となる。また、頭内の血腫は頭蓋内圧亢進の原因となるので、それらを除去しなければならない。

上記のように、体内に貯留した液体を治療目的でドレナージすることを治療的ドレナージという。

 

予防的ドレナージ

手術後に出血・滲出液・消化液などの貯留が予想されるとき、あらかじめ腹腔内や胸腔内などの最も有効と思われる位置にドレーンを留置し、感染を防止するためのドレナージである。

外科手術後の硬膜外ドレナージや脳室ドレナージ、消化管吻合術後に留置する腸瘻ドレナージは、減圧目的の予防的ドレナージである。

 

情報(インフォメーション)ドレナージ

術後の出血、滲出液の貯留、縫合不全などの手術施行に伴って引き起こされた異常状態を、すみやかに知るためのドレナージである。ただし、予防的ドレナージとの厳密な区別は困難である。

 

ドレナージの適応

前述の分類にしたがって、それぞれのドレナージの適応について以下に述べる(表1)。

表1ドレナージの目的と適応

ドレナージの目的と適応

 

治療的ドレナージ

出血、膿、滲出液などの貯留が明らかで、かつ、それらが原因となって臨床症状が出現しており、保存的治療では治癒・軽快が期待できなければ、ドレナージの適応となりうる。

(例)感染、外傷などにより貯留した膿瘍、血腫など。術後に腹腔内に貯留した血液、消化液、滲出液など。

 

予防的ドレナージ

予防的ドレナージの適応については、患者側因子および手術手技因子に分けて考えると理解しやすい。以下の1つでも認められた場合は予防的ドレナージの適応となる。

患者側因子

創傷の治癒を障害・遅延させる状態、すなわち低栄養状態が認められる場合(貧血、低タンパク質症、ビタミン欠乏症など)、末梢循環不良の原因となる慢性疾患を合併している場合(糖尿病、肝硬変など)、自己免疫疾患などに対し長期間のステロイド投与を行っている場合など。

手術手技因子

癌の根治手術で広範なリンパ節郭清を行い、大量のリンパ液の滲出が予想される場合、肝切除・骨盤内全摘術など大きな死腔が存在する場合、消化管吻合部に血行不良・過緊張が認められ縫合不全が懸念される場合、手術施行部位にすでに感染が認められる場合など。

 

情報(インフォメーション)ドレナージ

適応は予防的ドレナージとほぼ同じであるが、前述の因子が認められない場合でも術後ルーチンに留置される場合が多い。

***

以上、ドレナージの意義および適応について目的別に述べた。

実際に臨床の場でドレナージを施行されている患者に対しては、ドレーンの挿入部位はいうまでもなく、その目的、排液の性状、量、またそれらの情報から推測される患者の状態を念頭に置いて観察する必要がある。

 


[Profile]
窪田敬一
獨協医科大学医学部第二外科教授/大学病院副院長

*略歴は掲載時のものです。


[引用・参考文献]

  • (1)窪田敬一:ドレナージの種類と方法:出月康夫 編,図解ドレナージハンドブック,中外医学社,東京,1995:2-6.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社

[出典]『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド第一版』(編著)窪田敬一/2015年7月刊行

ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド第一版

著作権について

この連載

  • 内視鏡手術時のドレーンの処置 [03/05up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は内視鏡手術時のドレーンの処置について説明します。   Point 腹部における代表的な内視鏡手術である「腹腔鏡手術」は、傷が小さく目... [ 記事を読む ]

  • 一般手術時のドレーンの処置|ドレーンの種類と管理方法 [02/07up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は一般手術時のドレーンの処置について説明します。   Point 一般(開腹)手術では、術後管理として「出血」「縫合不全」「感染」など... [ 記事を読む ]

  • 経皮的ドレナージの方法と処置 [01/22up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は経皮的ドレナージの方法と処置について説明します。   Point 最近は、画像診断装置のガイド下で、非手術的に液体貯留や膿瘍をドレナ... [ 記事を読む ]

  • ドレナージの目的と適応 [01/08up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回はドレナージの目的と適応について説明します。   Point ドレナージの分類には、「治療的ドレナージ」「予防的ドレナージ」「情報(イ...

  • ドレーン・カテーテル・チューブ管理 完全ガイド 記事一覧 [01/16up]

    ドレーン・カテーテル・チューブ管理 完全ガイド ドレーン管理についての最新知識とケアのポイントが満載 〈目次〉 ドレナージの理解 ―総論 ―ドレナージの方法と管理 ―ドレナージに用いられる器具 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 硬膜外投与と静脈投与ではどちらが疼痛緩和に有効? [03/13up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「硬膜外投与と静脈投与」に関するQ&Aです。 硬膜外投与と静脈投与ではどちらが疼痛緩和に有効? 硬膜外投与です。 〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 脳外用マイクロ剪刀|剪刀(4) [07/13up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『脳外用マイクロ剪刀』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づ... [ 記事を読む ]

  • ダイヤモンド鑷子|鑷子(5) [11/23up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『ダイヤモンド鑷子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解... [ 記事を読む ]

  • 手術創が密閉ドレッシングされていても、消毒をする必要があるの? [05/29up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「手術創が密閉ドレッシングされている際の消毒」に関するQ&Aです。 手術創が密閉ドレッシングされていても、消毒をする必要があるの? 消毒... [ 記事を読む ]

  • 術後の低体温予防は必要ないの? [01/16up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後の低体温予防」に関するQ&Aです。 術後の低体温予防は必要ないの? 低体温予防は必要ですが、特別な器具を用いる必要はありません。 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

どうなった?看護師と医師の恋愛

最終話公開中!これまでのお話をおさらいしたうえで読んでみてください! [ 記事を読む ]

喀血と吐血、違いをきちんと理解できてる?

「吐血」は上部消化管からの出血、では、「喀血」はどこからの出血でしょうか?吐血と喀血の違いのほか、下血の観察ポイントも解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
840
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
614
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
498
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
829
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日

キラキラ女子を見たくない!?一番キライなSNSは?

投票数:
372
実施期間:
2017年11月21日 2017年12月12日

夜勤手当、いくらが妥当?

投票数:
54
実施期間:
2017年11月24日 2017年12月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者112

消化管穿孔のため緊急手術になった患者さん。1週間経過したころ、正中創が一部離開し、浸出液と排膿が認められました。現在の処置は、毎日の洗浄とガーゼ保護です。医師から創部培養提出の指示があり、検体採取方法についてスタッフより相談を受けました。検体の採取方法について正しい説明は次のうち、どれでしょうか?

  • 1.洗浄する前に創部の湿潤部位を滅菌スワブで拭うか、膿汁がある場合には滅菌スピッツに採取するように説明した。
  • 2.ガーゼに付着している膿を滅菌スワブで拭い、検体を採取するよう説明した。
  • 3.洗浄する前の浸出液をシリンジで回収し、滅菌スピッツに採取するように説明した。
  • 4.生理食塩水で洗浄した後、湿潤部位を滅菌スワブで拭うか、膿汁がある場合は滅菌スピッツに採取するように説明した。
今日のクイズに挑戦!