2018年12月17日

浸透圧って何?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は浸透圧に関するQ&Aです。

浸透圧って何?

細胞膜や毛細血管壁、尿細管壁などは、半透膜(はんとうまく)としての性質を持っています。すなわち、水分、無機塩、アミノ酸、単糖などの低分子物質は自由に通過できるのですが、タンパク質などの高分子物質は通過できない性質です。

液体に溶けている物質は、濃度の低いほうから濃度の高いほうへ移動する性質があります。そのため、半透膜を挟んで2種類の濃度の液体が存在すると、低分子物質はいつのまにか高濃度のほうへ移動し、両方が同じ濃度になってしまいます。

この時、濃度の低いほうから高いほうへ向かって低分子物質が移動するために圧がかかります。これを浸透圧といいます。

この浸透圧が正常範囲からずれると、様々な重篤な症状が出ますので、浸透圧は厳重にコントロールされています。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 血液の成分は何? [12/31up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は血液の成分について説明します。 血液の成分は何? 血液には、流れる結合組織という別名があります。ふつうの組織は、細胞と細胞の間に細胞間隙という空間があり、そこに組織間... [ 記事を読む ]

  • 体液のpH(水素イオン濃度)はどれくらい? [12/24up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液のpH(水素イオン濃度)について説明します。 体液のpH(水素イオン濃度)はどれくらい? 血液やリンパ液などの体液は、すべて弱アルカリ性(pH=7.40±0.05... [ 記事を読む ]

  • 浸透圧って何? [12/17up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は浸透圧に関するQ&Aです。 浸透圧って何? 細胞膜や毛細血管壁、尿細管壁などは、半透膜(はんとうまく)としての性質を持っています。すなわち、水分、無機塩、アミノ酸、単...

  • 体液にはどんなものが含まれているの? [12/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液中の電解質について説明します。 体液にはどんなものが含まれているの? 体液成分は、細胞内液と細胞外液とでは大きく異なりますし、管内液と組織液とでも異なります。さら... [ 記事を読む ]

  • 体液の量はどこで調節されているの? [12/03up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液の調節について説明します。 体液の量はどこで調節されているの? 成人が1日に摂取する水分量は、平均で約2,500mLです。その内訳は、飲料水1,500mL、食物中... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 体温の調節|調節する(5) [09/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の5回目です。 〈前回の内容〉 血糖値・血圧の調節|調節する(4) 解剖生理学の面白さを知るため、... [ 記事を読む ]

  • 骨の機能|動く(2) [09/19up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、骨・筋肉についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 意思で動かせられる骨格筋|動く(1) 解剖生理学の面白さを知るため、自分の意思で... [ 記事を読む ]

  • 細胞はタンパク質の工場|細胞ってなんだ(3) [07/09up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 実は多機能、細胞膜|細胞ってなんだ(2) 細胞の世界を探検中のナスカ。前回は細胞膜がとて... [ 記事を読む ]

  • 血液の仕組みとはたらき|血液の流れから理解する(5) [10/27up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、血液の流れから解剖生理を理解するお話の5回目です。 〈前回の内容〉 リンパ管の構造と機能|血液の流れから理解する(4) 前... [ 記事を読む ]

  • 遺伝と染色体|子孫をつくる(1) [10/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、生殖についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 免疫反応の流れ|守る(4) 解剖生理学の面白さを知るため、免疫反応の流れについて知り... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1314
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1246
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1128
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
987
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
952
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
477
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者202

介護施設に入所している80歳女性。重度の認知症があり自室のベッドのそばで倒れているところを発見されました。ベッドからの転落が疑われます。前頭部挫創部を圧迫止血された状態で病院到着となりました。意識はあり、指先は動かせますが肘は曲がった状態です。以下のうち、看護師のあなたがとるべき対応として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.最終健在時刻・発見時刻を施設職員から聴取し、転倒の原因についてのアセスメントを最優先に行った。
  • 2.頸椎・頸髄損傷の可能性を考えて、全身の神経学的所見や呼吸形式を観察した。
  • 3.退院後は転落のリスクを考えて、抑制帯を使用して再発防止策をとるように施設職員に伝えた。
  • 4.退院後はベッドからの転落防止のため、必ず施設職員の目の届く部屋にし、常に患者さんに付き添いを行うように施設職員に伝えた。
今日のクイズに挑戦!