1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 体液にはどんなものが含まれているの?

2018年12月10日

体液にはどんなものが含まれているの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は体液中の電解質について説明します。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

体液にはどんなものが含まれているの?

体液成分は、細胞内液と細胞外液とでは大きく異なりますし、管内液と組織液とでも異なります。さらに、管内液のなかでも血漿とほかの液体では成分が異なります。しかし、そのどれにも共通して含まれているのが電解質で、生体のバランスを一定に保つために重要な働きをしています。

なお、生体の恒常性の維持には血清タンパク質も大きな働きをしています。ここでは、電解質についてみてみましょう。

電解質とは、体液に含まれている様々な成分のうち、水に溶けた時に電離し、正(+)、または負(−)に荷電してイオンになる物質のことです。

細胞外液にはナトリウムイオン(Na)が最も多く、そのほか炭酸水素イオン(HCO3)、カリウムイオンK+、カルシウムイオン(Ca2+)、マグネシウムイオン(Mg2+)、塩素イオン(Cl)などが含まれています。これは海水の組成と同じです。

細胞内液にはカリウムイオンKが最も多く、そのほかマグネシウムイオン(Mg2+)、ナトリウムイオン(Na)などが含まれています。主な電解質の特徴は次の通りです。

  • カルシウム:99%がリンと結合して骨やに存在し、1%は血液中にあります。血中のカルシウム濃度は常に4.5〜5.6mEq/Lに維持されています。
  • ナトリウム:細胞外液成分として細胞外液量や浸透圧を調節する役割を果たしています。
  • 塩素(クロール):細胞外液成分として浸透圧を調節する役割を果たしています。
  • カリウム:細胞内液に多く含まれており、細胞内液の浸透圧やpHを調節しています。
  • リン:85%は骨や歯に存在し、浸透圧やpHの調整を行います。
  • マグネシウム:50〜60%は骨の成分として存在し、神経や筋肉の機能維持を行っています。

これらの電解質は、体液の分布を調節して一定に保つだけでなく、体液の浸透圧平衡(MEMO)や酸塩基平衡を保ち、神経や筋肉の反応を正常に保つなど、重要な働きをしています。

MEMO浸透圧平衡

体液の浸透圧を一定に保つことを浸透圧平衡といいます。脱水によって体内から水分が失われると、体液は濃縮されて浸透圧が上昇します。浸透圧が上昇すると、腎臓の尿細管での尿の再吸収量が増加し、体液が増えて浸透圧は一定に保たれます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 体液のpH(水素イオン濃度)はどれくらい? [12/24up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液のpH(水素イオン濃度)について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   体液のpH(水素イオン濃度)はどれくらい? 血液やリンパ... [ 記事を読む ]

  • 浸透圧って何? [12/17up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は浸透圧に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   浸透圧って何? 細胞膜や毛細血管壁、尿細管壁などは、半透膜(はんとうまく)とし... [ 記事を読む ]

  • 体液にはどんなものが含まれているの? [12/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液中の電解質について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   体液にはどんなものが含まれているの? 体液成分は、細胞内液と細胞外液と...

  • 体液の量はどこで調節されているの? [12/03up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液の調節について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   体液の量はどこで調節されているの? 成人が1日に摂取する水分量は、平均で約... [ 記事を読む ]

  • なぜ体には水が必要なの?|体液の成分と働き [11/26up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体にとって水が必要な理由について説明します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   なぜ体には水が必要なの? 体にとって水が必要な理由はたくさん... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 体温の調節|生体を維持する恒常性のはたらき(3) [12/19up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、生体を維持する恒常性のはたらきから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 血圧・血糖値・pHの調節|生体を維持する... [ 記事を読む ]

  • 呼吸のしくみ|ガスの流れから理解する(1) [11/14up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、ガスの流れから解剖生理を理解するお話の1回目です。 〈前回の内容〉 大腸と肛門のはたらき|食物の流れから理解する(7) 前... [ 記事を読む ]

  • 骨の機能|動く(2) [09/19up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、骨・筋肉についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 意思で動かせられる骨格筋|動く(1) 解剖生理学の面白さを知るため、自分の意思で... [ 記事を読む ]

  • 嗅覚と味覚・皮膚感覚のしくみ|動作のしくみから理解する(5) [12/08up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、動作のしくみから解剖生理を理解するお話の5回目です。 〈前回の内容〉 視覚と聴覚・平衡覚のしくみ|動作のしくみから理解する(4)... [ 記事を読む ]

  • 大腸と肛門のはたらき|食物の流れから理解する(7) [11/12up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、食物の流れから解剖生理を理解するお話の7回目です。 〈前回の内容〉 栄養素の代謝|食物の流れから理解する(6) 前回は、栄... [ 記事を読む ]

いちおし記事

祝★連載100回!松本ナースに恋の予感…?

【マンガ】ママナースもも子の今日もバタバタ日誌|増ページでお届け! [ 記事を読む ]

【動画で解説】採血の手技

刺入から抜針までの手順やコツが見てわかる! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1366
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1694
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1275
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1166
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1010
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
858
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者252

あなたはリーダー看護師より、輸血管理部門へ行き、「照射赤血球濃厚液(RCC)」と融解前の「新鮮凍結血漿(FFP)」とを受け取ってくるように依頼を受けました。搬送中および病棟での管理で最も正しいものは、次のうちどれでしょうか?

  • 1.「照射赤血球濃厚液(RCC)」は温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、冷凍した保冷剤を入れた保冷搬送容器を用いて搬送した。
  • 2.「照射赤血球濃厚液(RCC)」と「新鮮凍結血漿(FFP)」を1つの保冷搬送容器に梱包して丁寧に搬送した。
  • 3.「新鮮凍結血漿(FFP)」は、温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、保冷剤を入れた保冷搬送容器で搬送した。
  • 4.病棟では、「照射赤血球濃厚液(RCC)」は一般用冷蔵庫へ、「新鮮凍結血漿(FFP)」は一般用冷凍庫へ分けて収納した。
今日のクイズに挑戦!