1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 体液にはどんなものが含まれているの?

2018年12月10日

体液にはどんなものが含まれているの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は体液中の電解質について説明します。

体液にはどんなものが含まれているの?

体液成分は、細胞内液と細胞外液とでは大きく異なりますし、管内液と組織液とでも異なります。さらに、管内液のなかでも血漿とほかの液体では成分が異なります。しかし、そのどれにも共通して含まれているのが電解質で、生体のバランスを一定に保つために重要な働きをしています。

なお、生体の恒常性の維持には血清タンパク質も大きな働きをしています。ここでは、電解質についてみてみましょう。

電解質とは、体液に含まれている様々な成分のうち、水に溶けた時に電離し、正(+)、または負(−)に荷電してイオンになる物質のことです。

細胞外液にはナトリウムイオン(Na)が最も多く、そのほか炭酸水素イオン(HCO3)、カリウムイオンK+、カルシウムイオン(Ca2+)、マグネシウムイオン(Mg2+)、塩素イオン(Cl)などが含まれています。これは海水の組成と同じです。

細胞内液にはカリウムイオンKが最も多く、そのほかマグネシウムイオン(Mg2+)、ナトリウムイオン(Na)などが含まれています。主な電解質の特徴は次の通りです。

  • カルシウム:99%がリンと結合して骨やに存在し、1%は血液中にあります。血中のカルシウム濃度は常に4.5〜5.6mEq/Lに維持されています。
  • ナトリウム:細胞外液成分として細胞外液量や浸透圧を調節する役割を果たしています。
  • 塩素(クロール):細胞外液成分として浸透圧を調節する役割を果たしています。
  • カリウム:細胞内液に多く含まれており、細胞内液の浸透圧やpHを調節しています。
  • リン:85%は骨や歯に存在し、浸透圧やpHの調整を行います。
  • マグネシウム:50〜60%は骨の成分として存在し、神経や筋肉の機能維持を行っています。

これらの電解質は、体液の分布を調節して一定に保つだけでなく、体液の浸透圧平衡(MEMO)や酸塩基平衡を保ち、神経や筋肉の反応を正常に保つなど、重要な働きをしています。

MEMO浸透圧平衡

体液の浸透圧を一定に保つことを浸透圧平衡といいます。脱水によって体内から水分が失われると、体液は濃縮されて浸透圧が上昇します。浸透圧が上昇すると、腎臓の尿細管での尿の再吸収量が増加し、体液が増えて浸透圧は一定に保たれます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 体液のpH(水素イオン濃度)はどれくらい? [12/24up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液のpH(水素イオン濃度)について説明します。 体液のpH(水素イオン濃度)はどれくらい? 血液やリンパ液などの体液は、すべて弱アルカリ性(pH=7.40±0.05... [ 記事を読む ]

  • 浸透圧って何? [12/17up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は浸透圧に関するQ&Aです。 浸透圧って何? 細胞膜や毛細血管壁、尿細管壁などは、半透膜(はんとうまく)としての性質を持っています。すなわち、水分、無機塩、アミノ酸、単... [ 記事を読む ]

  • 体液にはどんなものが含まれているの? [12/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液中の電解質について説明します。 体液にはどんなものが含まれているの? 体液成分は、細胞内液と細胞外液とでは大きく異なりますし、管内液と組織液とでも異なります。さら...

  • 体液の量はどこで調節されているの? [12/03up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液の調節について説明します。 体液の量はどこで調節されているの? 成人が1日に摂取する水分量は、平均で約2,500mLです。その内訳は、飲料水1,500mL、食物中... [ 記事を読む ]

  • なぜ体には水が必要なの?|体液の成分と働き [11/26up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体にとって水が必要な理由について説明します。 なぜ体には水が必要なの? 体にとって水が必要な理由はたくさんありますが、そのどれもが、体内の環境を一定に保つこと(恒常性... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1314
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1246
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1128
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
987
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
952
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
469
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者166

介護施設に入所している80歳女性。重度の認知症があり自室のベッドのそばで倒れているところを発見されました。ベッドからの転落が疑われます。前頭部挫創部を圧迫止血された状態で病院到着となりました。意識はあり、指先は動かせますが肘は曲がった状態です。以下のうち、看護師のあなたがとるべき対応として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.最終健在時刻・発見時刻を施設職員から聴取し、転倒の原因についてのアセスメントを最優先に行った。
  • 2.頸椎・頸髄損傷の可能性を考えて、全身の神経学的所見や呼吸形式を観察した。
  • 3.退院後は転落のリスクを考えて、抑制帯を使用して再発防止策をとるように施設職員に伝えた。
  • 4.退院後はベッドからの転落防止のため、必ず施設職員の目の届く部屋にし、常に患者さんに付き添いを行うように施設職員に伝えた。
今日のクイズに挑戦!