1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. なぜ体には水が必要なの?|体液の成分と働き

2018年11月26日

なぜ体には水が必要なの?|体液の成分と働き

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は体にとって水が必要な理由について説明します。

なぜ体には水が必要なの?

体にとって水が必要な理由はたくさんありますが、そのどれもが、体内の環境を一定に保つこと(恒常性の維持)に関連しています。

まず、水はたくさんの物質を溶かすことができるため、化学反応を行う舞台として好都合です。栄養素、老廃物、酸素、二酸化炭素、電解質などを溶かし込み、これらの物質が体内を循環したり、体外に排出できるようにします。

水の持つこうした働きを溶媒(ようばい)といいます。水は、多くの物質を溶け込ませて体内を巡り、様々な物質を受け渡すことで、体内環境を一定に保っています。

比熱が大きいという水の性質が係わっています。比熱(ひねつ)とは、1gの物質の温度を1℃上昇させるために必要な熱量のことです。比熱が大きいということは、温度を上げるために多くのエネルギーが必要だということになります。

もし水の比熱が小さいと、外気温の上昇とともに体内の水分の温度も上がってしまいます。その結果、体内のタンパク質が固まり、死に至ってしまいます。

水の比熱が大きいために、外界から熱が加わっても体温を一定に保つ働きをしているのです。

また水は、体内の熱を体外に放散する際にも役立っています。液体が蒸気になる時に必要な熱量を気化熱(きかねつ)といいますが、水は1gあたり0.536kcalと大きな気化熱を必要とします。このため、体表面から汗として水分が蒸発する際、効率よく熱を下げることができるのです。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 体液にはどんなものが含まれているの? [12/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液中の電解質について説明します。 体液にはどんなものが含まれているの? 体液成分は、細胞内液と細胞外液とでは大きく異なりますし、管内液と組織液とでも異なります。さら... [ 記事を読む ]

  • 体液の量はどこで調節されているの? [12/03up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液の調節について説明します。 体液の量はどこで調節されているの? 成人が1日に摂取する水分量は、平均で約2,500mLです。その内訳は、飲料水1,500mL、食物中... [ 記事を読む ]

  • なぜ体には水が必要なの?|体液の成分と働き [11/26up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体にとって水が必要な理由について説明します。 なぜ体には水が必要なの? 体にとって水が必要な理由はたくさんありますが、そのどれもが、体内の環境を一定に保つこと(恒常性...

  • 体液の量はどれくらい?|体液の成分と働き [11/19up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液の量に関するQ&Aです。 体液の量はどれくらい? ヒトの体重の約60%は水で占められています。体重60kgであれば、体液の量は約36Lになります。その内訳は、細胞... [ 記事を読む ]

  • 体液とは何を指すの?|体液の成分と働き [11/12up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液に関するQ&Aです。   体液とは何を指すの? 体液とは生体内にある液体成分の総称で、細胞内液と細胞外液に大別することができます(図1)。 図1体... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 人間の身体を構成する細胞|生体としての人体(2) [10/13up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、生体としての人体についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 解剖生理を学ぶ理由|生体としての人体(1) 前回は、解剖生理... [ 記事を読む ]

  • 生殖機能の発育と生殖器の構造|子孫をつくる(2) [10/06up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、生殖についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 遺伝と染色体|子孫をつくる(1) 解剖生理学の面白さを知るため、遺伝と染色体について... [ 記事を読む ]

  • 実は多機能、細胞膜|細胞ってなんだ(2) [07/07up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 生物はすべて細胞からできている|細胞ってなんだ(1) 細胞の世界を冒険中のナスカ。からだ... [ 記事を読む ]

  • 心臓は働きもの|流れる・運ぶ(2) [07/17up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 多細胞生物が備えた物流システム|流れる・運ぶ(1) 解剖生理を学ぶため、体内を冒... [ 記事を読む ]

  • 呼吸系の器官のしくみ|呼吸する(2) [08/01up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、呼吸器系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 酸素を使わず、呼吸する?|呼吸する(1) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を探... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1300
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1112
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
768
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
988
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
946
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
618
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者48

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!