1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 内部環境と外部環境の違いは?|体液の成分と働き

2018年11月05日

内部環境と外部環境の違いは?|体液の成分と働き

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

今回は内部環境・外部環境に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

内部環境と外部環境の違いは?

内部環境と外部環境の考え方の基本になるのは、「ヒトを含めた多細胞生物にとって、生命の基本が体を構成する細胞である」ということです。

外部環境は細胞の集まりである生体を取り巻く環境のことです。空気、気温、湿度、光、闇、音、静けさというように、私たちは様々な環境に取り巻かれ、影響を受けながら生命を維持しています。体の外にある環境ですから、これらを外部環境といいます。

内部環境は、生体を構成している60兆個の細胞の1つひとつを取り巻く環境のことです。私たちは、酸素や栄養素を外部から取り入れ、血液などの体液を通じて全身の細胞に送り届けています。

そして、細胞の活動で不要になった物質は、同様に体液を通じて排泄されます。 つまり、1つひとつの細胞にとってこれらの液体成分は、細胞の生命維持に直接係わっている環境なのです。

この液体成分は細胞の外にあるため、細胞外液といいます。そして体のなかにある環境という意味で内部環境と呼ばれます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 体液の量はどれくらい?|体液の成分と働き [11/19up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液の量に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   体液の量はどれくらい? ヒトの体重の約60%は水で占められています。体重60... [ 記事を読む ]

  • 体液とは何を指すの?|体液の成分と働き [11/12up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は体液に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   体液とは何を指すの? 体液とは生体内にある液体成分の総称で、細胞内液と細胞外... [ 記事を読む ]

  • 内部環境と外部環境の違いは?|体液の成分と働き [11/05up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は内部環境・外部環境に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   内部環境と外部環境の違いは? 内部環境と外部環境の考え方の基本...

  • フィードバック機構って何? [10/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はフィードバック機構に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   フィードバック機構って何? 体内の恒常性を維持するために備わってい... [ 記事を読む ]

  • 生体の恒常性って何?|体液の成分と働き [10/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は生体の恒常性に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   生体(せいたい)の恒常性って何? 生体の恒常性とは、外界の環境の変化に対... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 呼吸の調節|ガスの流れから理解する(3) [11/19up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、ガスの流れから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 空気の通る道筋をたどる|ガスの流れから理解する(2) ... [ 記事を読む ]

  • 汗疹【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【11】 [06/29up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 栄養と代謝|食べる(1) [08/07up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 呼吸する(4)呼吸のメカニズム 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒険中のナス... [ 記事を読む ]

  • 後天的な免疫の防御機能|身体を守る免疫系のはたらき(3) [01/11up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、身体を守る免疫系のはたらきから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 先天的な免疫の防御機能|身体を守る免疫系のは... [ 記事を読む ]

  • 免疫異常のしくみ|身体を守る免疫系のはたらき(5) [01/20up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、身体を守る免疫系のはたらきから解剖生理を理解するお話の5回目です。 〈前回の内容〉 がん細胞と免疫・胎児と免疫|身体を守る免疫系... [ 記事を読む ]

いちおし記事

デキる新人担当はつらいよ|マンガ・病院珍百景

プリセプティが優秀だったときのプレッシャーといったら…!! [ 記事を読む ]

新人ナース必見!輸液の基礎知識

「腎機能不明時や緊急時に使われるのは●号液」●に入る数字、わかる? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1323
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1199
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1123
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1095
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
1002
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
861
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日

[日勤中]たくさん歩いて頑張った大賞!

投票数:
255
実施期間:
2019年07月23日 2019年08月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2901

急性心筋梗塞でこれからカテーテル治療を行う患者さん。救急外来受診時、12誘導心電図では右側胸部誘導でV4RのST上昇がありました。血圧は80/48mmHgです。以下のうち、看護師のあなたがカテーテル室で最も先に準備しておくべき薬剤はどれでしょうか?

  • 1.塩酸モルヒネ
  • 2.細胞外液
  • 3.ニトログリセリン
  • 4.フロセミド
今日のクイズに挑戦!