1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 分娩はどのようにして起きるの?

2018年10月08日

分娩はどのようにして起きるの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は分娩に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

分娩はどのようにして起きるの?

妊娠も31〜34週になると、胎児は頭を下に向けた姿勢を取るようになり、出産の準備が次第に整っていきます。そして40週が近づく頃、胎児の体重は3,000gに達し、いよいよ分娩に向けての秒読みが始まります。

まず、胎盤からのプロゲステロンの分泌が弱まると(MEMO1)、下垂体前葉からオキシトシンという子宮を収縮させるホルモンが分泌され始めます(MEMO2)。オキシトシンが胎盤を刺激すると、プロスタグランジンが放出されます(MEMO3)。これらの物質によって子宮の収縮(陣痛)がさらに強まります。

陣痛が始まると、胎児は骨盤内深くに送り込まれます。すると、その圧力がストレスになって母体を刺激し、下垂体からのオキシトシンの分泌がさらに盛んになります。当初は不規則に起きていた子宮の収縮も、収縮を促すホルモンの分泌が盛んになるにつれて規則的になります。この収縮がさらにオキシトシンの分泌を促し、陣痛と陣痛の間隔も短くなってきます。

このようにして胎児は頭を先頭にして産道へと送り出されます。産道は胎児の頭で押し広げられ、羊膜が破れて羊水が流れ出ます。これを破水といいます。分娩開始から子宮頸管が開くまでの間を開口期といい、6〜12時間にわたって続きます。頸管が10cmほどに開いても、すぐに胎児が生まれるとは限りません。

10分程度で腟を通過する場合もありますし、何時間もかかる場合もあります。この時期を分娩期といい、胎児が娩出されます。娩出後、引き続き子宮は収縮し、胎盤や臍帯などの胎児付属物が排出されます。この時期を後産期といい、10〜30分ほど続きます。

MEMO1プロゲステロン(黄体ホルモン)

通常は黄体から分泌されますが、妊娠中は胎盤から分泌されます。子宮筋の緊張を低下させて流産を防いだり、視床下部に作用して妊娠中の排卵を抑制する働きがあります。

MEMO2オキシトシン

子宮の収縮を促したり、乳汁の分泌を促す働きのあるホルモン

MEMO3プロスタグランジン

遊離脂肪酸から作られ、ホルモンに似た働きをします。体内では一般的に、炎症、痛みなどに関与している生理活性物質です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 生体の恒常性って何?|体液の成分と働き [10/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は生体の恒常性に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   生体(せいたい)の恒常性って何? 生体の恒常性とは、外界の環境の変化に対... [ 記事を読む ]

  • 出生したあと、胎児循環はどうなるの? [10/15up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は出生後の胎児環境に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   出生したあと、胎児循環はどうなるの? 出生を境に、胎児は劇的な変化を... [ 記事を読む ]

  • 分娩はどのようにして起きるの? [10/08up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は分娩に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   分娩はどのようにして起きるの? 妊娠も31〜34週になると、胎児は頭を下に向けた...

  • 流産と早産の違いはどこにあるの? [10/01up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は流産・早産に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   流産と早産の違いはどこにあるの? 胎児が分娩予定日よりも早く生まれる場... [ 記事を読む ]

  • 分娩予定日はどのように計算するの? [09/24up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は分娩予定日に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   分娩予定日はどのように計算するの? 生理学的には、受精卵が子宮内膜に着... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1236
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1222
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1112
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1050
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
950
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
361
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者157

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!