1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 月経はどのようにして起きるの?

2018年06月18日

月経はどのようにして起きるの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は月経に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

月経はどのようにして起きるの?

女性が一生のうちに供給できる卵子は、すべて胎児の間に出来上がっています。

とはいえ、この時期の卵子は卵子の赤ちゃんのようなもので、原始卵胞という袋に包まれた状態のまま、体が性的な成熟を迎えるまでじっと休んでいます。

思春期になると、下垂体前葉から卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌が始まり、休んでいた卵細胞が活動し始めます。

卵胞のなかの卵子の赤ちゃん(原始卵胞)は、二次卵胞、胞状卵胞、グラーフ(成熟)卵胞という順序で成熟し、成熟した卵子はついに卵胞を押し破って卵巣から排出されます。これが排卵です(卵巣周期、図1)。

図1卵巣周期

卵巣周期

 

排卵が起きると、それまで卵子を包んでいた卵胞が黄体に変化し、プロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌し始めます。黄体ホルモンは、受精卵を育てるために子宮内膜を増殖させるのが仕事です。つまり、受精卵を着床する準備が始まるわけです。

ところが、排卵されたものの受精しなかった卵子は、およそ24時間(12〜36時間)で死滅し、吸収されてしまいます。そうなると、受精卵のベッド(子宮内膜)は必要なくなるため、排卵から14日ほど経つと黄体は月経黄体(偽黄体)になり、さらに萎縮して白体に変化します。

この時、プロゲステロンも分泌されなくなるので、増殖して厚みを増した子宮内膜を維持できなくなります。その結果、肥厚した部分が剥がれ落ち、出血とともに腟から排出されます(月経)。

この周期を月経周期といいます。卵巣周期と月経周期をあわせて性周期といいます(図2)。

図2性周期(卵巣周期と月経周期)

性周期(卵巣周期と月経周期)

 

MEMOグラーフ(成熟)卵胞

性腺刺激ホルモンの刺激を受けて成熟した卵胞。成熟すると卵巣の表面に移動し、卵巣の一部が盛り上がったようになります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 子宮はどれくらいまで大きくなれるの? [07/02up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「子宮の大きさ」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   子宮はどれくらいまで大きくなれるの? 子宮の大きさは、高さ7cm、幅... [ 記事を読む ]

  • 女性は一生に何個くらい排卵をするの? [06/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「排卵」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   女性は一生に何個くらい排卵をするの? 新生児の卵巣には、左右合わせて数十万個... [ 記事を読む ]

  • 月経はどのようにして起きるの? [06/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は月経に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   月経はどのようにして起きるの? 女性が一生のうちに供給できる卵子は、すべて胎児の...

  • 女性生殖器にはどのような器官があるの? [06/11up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は女性生殖器に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   女性生殖器にはどのような器官があるの? 女性生殖器は、腟の外側にある外性器... [ 記事を読む ]

  • 生殖とは何を指すの? [06/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「生殖」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   生殖とは何を指すの? 生殖とは、自己と同じ個体を生産することです。生殖には無... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 神経とホルモンによる調節|生体を維持する恒常性のはたらき(1) [12/15up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、生体を維持する恒常性のはたらきから解剖生理を理解するお話の1回目です。 〈前回の内容〉 神経のしくみと機能|動作のしくみから理解... [ 記事を読む ]

  • からだを守る免疫の力|守る(1) [09/24up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、免疫についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 骨格筋の構造|動く(3) 解剖生理学の面白さを知るため、骨格筋の構造について知りまし... [ 記事を読む ]

  • 後天的な免疫の防御機能|身体を守る免疫系のはたらき(3) [01/11up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、身体を守る免疫系のはたらきから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 先天的な免疫の防御機能|身体を守る免疫系のは... [ 記事を読む ]

  • 血糖値・血圧・体液の調節|調節する(4) [09/01up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 標的細胞を刺激するホルモン|調節する(3) 解剖生理学の面白さを知... [ 記事を読む ]

  • 呼吸のメカニズム|呼吸する(4) [08/05up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、呼吸器系についてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 肺の構造とガス交換|呼吸する(3) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を探る旅に... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

稽留熱?間欠熱?発熱のアセスメントと対応をおさらい!

原因からケアのポイントまでわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
1341
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1296
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1272
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1099
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1002
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
736
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
484
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1864

◆脳・神経の問題◆開放式脳室ドレナージ中の患者さん。体位変換をする際、各クランプを閉鎖する順番として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.A→B→C→D
  • 2.B→C→D→A
  • 3.C→D→A→B
  • 4.D→A→B→C
今日のクイズに挑戦!