1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 月経はどのようにして起きるの?

2018年06月18日

月経はどのようにして起きるの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は月経に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

月経はどのようにして起きるの?

女性が一生のうちに供給できる卵子は、すべて胎児の間に出来上がっています。

とはいえ、この時期の卵子は卵子の赤ちゃんのようなもので、原始卵胞という袋に包まれた状態のまま、体が性的な成熟を迎えるまでじっと休んでいます。

思春期になると、下垂体前葉から卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌が始まり、休んでいた卵細胞が活動し始めます。

卵胞のなかの卵子の赤ちゃん(原始卵胞)は、二次卵胞、胞状卵胞、グラーフ(成熟)卵胞という順序で成熟し、成熟した卵子はついに卵胞を押し破って卵巣から排出されます。これが排卵です(卵巣周期、図1)。

図1卵巣周期

卵巣周期

 

排卵が起きると、それまで卵子を包んでいた卵胞が黄体に変化し、プロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌し始めます。黄体ホルモンは、受精卵を育てるために子宮内膜を増殖させるのが仕事です。つまり、受精卵を着床する準備が始まるわけです。

ところが、排卵されたものの受精しなかった卵子は、およそ24時間(12〜36時間)で死滅し、吸収されてしまいます。そうなると、受精卵のベッド(子宮内膜)は必要なくなるため、排卵から14日ほど経つと黄体は月経黄体(偽黄体)になり、さらに萎縮して白体に変化します。

この時、プロゲステロンも分泌されなくなるので、増殖して厚みを増した子宮内膜を維持できなくなります。その結果、肥厚した部分が剥がれ落ち、出血とともに腟から排出されます(月経)。

この周期を月経周期といいます。卵巣周期と月経周期をあわせて性周期といいます(図2)。

図2性周期(卵巣周期と月経周期)

性周期(卵巣周期と月経周期)

 

MEMOグラーフ(成熟)卵胞

性腺刺激ホルモンの刺激を受けて成熟した卵胞。成熟すると卵巣の表面に移動し、卵巣の一部が盛り上がったようになります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 子宮はどれくらいまで大きくなれるの? [07/02up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「子宮の大きさ」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   子宮はどれくらいまで大きくなれるの? 子宮の大きさは、高さ7cm、幅... [ 記事を読む ]

  • 女性は一生に何個くらい排卵をするの? [06/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「排卵」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   女性は一生に何個くらい排卵をするの? 新生児の卵巣には、左右合わせて数十万個... [ 記事を読む ]

  • 月経はどのようにして起きるの? [06/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は月経に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   月経はどのようにして起きるの? 女性が一生のうちに供給できる卵子は、すべて胎児の...

  • 女性生殖器にはどのような器官があるの? [06/11up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は女性生殖器に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   女性生殖器にはどのような器官があるの? 女性生殖器は、腟の外側にある外性器... [ 記事を読む ]

  • 生殖とは何を指すの? [06/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「生殖」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   生殖とは何を指すの? 生殖とは、自己と同じ個体を生産することです。生殖には無... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 実は多機能、細胞膜|細胞ってなんだ(2) [07/07up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 生物はすべて細胞からできている|細胞ってなんだ(1) 細胞の世界を冒険中のナスカ。からだ... [ 記事を読む ]

  • 腎臓の構造と機能|捨てる(2) [08/22up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、腎臓についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 体内の清掃業務|捨てる(1) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒険中のナスカ。体... [ 記事を読む ]

  • BEP療法(化学療法のポイント)/精巣腫瘍 [08/21up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、精巣腫瘍の患者さんに使用する抗がん剤「BEP療法(ブレオマイシン+エトポシド+シスプラチン療法)」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 ... [ 記事を読む ]

  • 心臓のしくみとはたらき [01/24up]

    『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。 今回は心臓のしくみとはたらきについて解説します。 中嶋ひとみ 新東京病院看護部   〈目次〉 心臓の位置とみため 心膜と心膜腔 心臓の骨 ... [ 記事を読む ]

  • 呼吸系の器官のしくみ|呼吸する(2) [08/01up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、呼吸器系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 酸素を使わず、呼吸する?|呼吸する(1) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を探... [ 記事を読む ]

いちおし記事

NICUのままでいいのかモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(14)

「やりがいはあるけど、将来を考えると…」と悩む3年目ナース。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

循環器看護で大切なことって?

循環器看護のポイントをわかりやすく解説!便利な経過ごとの看護がわかる一覧表も! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

2020年の抱負教えて!

投票数:
1506
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1433
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1327
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1324
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
1063
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
1047
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日

この冬スタートの医療ドラマ見る?

投票数:
1374
実施期間:
2020年01月24日 2020年02月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1156

◆循環器の問題◆重症の左室収縮不全の患者さんが陥る危険な状態で「ロス」とは何のことでしょうか?

  • 1.低心拍出量症候群
  • 2.僧帽弁逆流
  • 3.心房性期外収縮
  • 4.心室中隔欠損症
今日のクイズに挑戦!