1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. レム睡眠とノンレム睡眠って何?

2018年05月07日

レム睡眠とノンレム睡眠って何?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「レム睡眠とノンレム睡眠」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

レム睡眠とノンレム睡眠って何?

眠りは、脳波に現れる変化によってレム睡眠とノンレム睡眠に分けられます(図1)。

図1レム睡眠とノンレム睡眠の睡眠の段階

レム睡眠とノンレム睡眠の睡眠の段階

 

入眠とともに始まるのがノンレム睡眠です。ノンレム睡眠では副交感神経が優位になり、心拍数や体温、代謝などが低下します。また、大脳皮質の活動が低下するため、脳波も、1期から4期へと深い眠りになるにしたがってθ(シータ)波、δ(デルタ)波に近い波形になります。 

ノンレム睡眠が60〜70分続くと、その後にレム睡眠が始まります。レム睡眠は逆説睡眠ともいい、閉じたまぶたの下で、まるで覚醒している時のように眼球が動きます(急速眼球運動)。これは大脳皮質が不規則に活動している状態と考えられており、脳波上も、覚醒している時の脳波に似た波形が見られます。夢はレム睡眠中に見ます。 

レム睡眠は深いノンレム睡眠に引き続いて始まるため、低下した交感神経が揺り動かされ、その結果、脈拍数や呼吸数、血圧などが不規則に変動します。1回のレム睡眠は30分ほど続きます。一晩の睡眠では4〜5回のレム睡眠が現われます。

ノンレム睡眠とレム睡眠が繰り返されるのは、眠りすぎることによって生じる危険を回避するためではないかと考えられています。

野生の動物は、常に危険な敵に囲まれて生活しています。深く寝入ってしまうことは、敵に襲われる危険につながります。そこで、外界の様子をチェックするために睡眠中に定期的に交感神経を刺激し、眠りを浅くしているのではないか、ということなのです。

 

MEMOレム睡眠とノンレム睡眠

レム(REM)は、rapid eye movementの略で、レム睡眠は眼球が急速に動いている状態を表します。ノンレム(non-REM)睡眠はレム睡眠でない状態という意味です。夢はレム睡眠中にみます。

MEMO睡眠周期

ノンレム睡眠とレム睡眠を合わせて睡眠周期といいます。睡眠前期はノンレム睡眠が多くなりますが、朝が近づくにつれてレム睡眠が増えていきます。こうして交感神経が次第に優位になり、目覚めます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 不眠はなぜ起きるの? [05/21up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「不眠」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   不眠はなぜ起きるの? 不眠を引き起こす原因は様々です。騒音や寝具、気温、採光... [ 記事を読む ]

  • 睡眠中の発汗が多くなるのはなぜ? [05/14up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「睡眠中の発汗」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   睡眠中の発汗が多くなるのはなぜ? 睡眠中は筋の運動がほとんど行われな... [ 記事を読む ]

  • レム睡眠とノンレム睡眠って何? [05/07up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「レム睡眠とノンレム睡眠」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   レム睡眠とノンレム睡眠って何? 眠りは、脳波に現れる変化に...

  • 睡眠はなぜ必要なの? [04/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「安静と睡眠」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   睡眠はなぜ必要なの? 睡眠を生理学的に言うと、大脳皮質の活動低下という... [ 記事を読む ]

  • 安静はなぜ必要なの? [04/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「安静」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   安静はなぜ必要なの? 安静とは、筋肉に負担のかからない状態のことです。ほとん... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1239
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1225
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1116
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1052
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
956
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
389
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者504

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!