1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 交感神経と副交感神経はどのようにバランスをとっているの?

2018年01月11日

交感神経と副交感神経はどのようにバランスをとっているの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「交感神経と副交感神経」に関するQ&Aです。

 

交感神経と副交感神経はどのようにバランスをとっているの?

交感神経と副交感神経は、同時に働きながら、互いが拮抗しています。

これはどういうことかというと、どんどん働けという交感神経の指令と、もっと休めという副交感神経の指令が、各臓器に対して同時に伝わっているのです。この時、臓器はより強い指令を発するほうの神経に従います。

つまり、食後であればもっと休めという副交感神経からの指令が強くなり、消化ホルモンの分泌が増加したり、消化管の運動が活発になるという具合です。 

副交感神経が働いている時に交感神経が完全に休んでいるわけではありません。たとえ優位でなくなっても、完全にスイッチを切ってしまっているわけではないのです。

こうした状況を、副交感神経が優位になっているとか交感神経が優位になっていると表現します。片方の神経がボリュームを上げている時には、もう片方の神経がボリュームを下げた状態ともいえます。 

もともと交感神経は身体を戦闘モードにする神経、副交感神経は身体をリラックスモードにする神経です。

ヒトは普通、食事はリラックス状態で、職場での仕事などは緊張・戦闘状態で行いますので、その時に使用しない神経を省エネモードにしてあります。

食事中に仕事の電話がかかってきて対応せざるを得なくなるなど、状況が急に変化した場合でも、安静モードから戦闘モードへとすばやくスイッチを切り替えることができるのです。

 

⇒〔解剖生理Q&A 記事一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 自律神経の自律とはどういう意味? [01/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経」に関するQ&Aです。   自律神経の自律とはどういう意味? 自律というのは、哲学では理性以外の外的権威や自然的欲望に拘束されず、自ら普遍的な道徳法を... [ 記事を読む ]

  • 自律神経はどのように働くの?|自律神経の働き [01/08up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経のはたらき」に関するQ&Aです。   自律神経はどのように働くの? 自律神経は、無意識に営まれている呼吸、循環、消化などをコントロールしている神経です... [ 記事を読む ]

  • 交感神経と副交感神経はどのようにバランスをとっているの? [01/11up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「交感神経と副交感神経」に関するQ&Aです。   交感神経と副交感神経はどのようにバランスをとっているの? 交感神経と副交感神経は、同時に働きながら、互いが拮抗...

  • 自律神経の働きが悪いとどうなる? [01/15up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経失調症」に関するQ&Aです。 自律神経の働きが悪いとどうなる? 自律神経は内分泌系とともに、体の内部環境を一定に保つ働きをしています。これをホメオスタシス(... [ 記事を読む ]

  • 神経はどのように情報を伝えるの? [12/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「神経系の伝達」に関するQ&Aです。 神経はどのように情報を伝えるの? 外界からの情報や刺激、外界へ働きかけるための中枢からの指令など、すべての情報は電気信号になって... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

猛獣のいる病棟

ケンカっぱやい看護師を「猛獣」とたとえるなら、笑顔で見届ける師長は… [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

あなたの中の「失言大賞」教えてください

投票数:
1184
実施期間:
2018年12月28日 2019年01月18日

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1219
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1133
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1022
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1058
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
744
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者324

肝臓部分切除術を受けた55歳男性。術中に出血が1,600mLあり、RBC-LR4単位の輸血が投与されました。既往歴は高血圧。術後5時間後、急に呼吸困難を訴えました。バイタルサインは下図のとおりです。この症例で最も疑うべき輸血の副作用は、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.輸血関連急性肺障害(TRALI)
  • 2.輸血関連循環過負荷(TACO)
  • 3.アレルギー反応
  • 4.発熱性非溶血性輸血副作用
今日のクイズに挑戦!