1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 交感神経と副交感神経はどのようにバランスをとっているの?

2018年01月11日

交感神経と副交感神経はどのようにバランスをとっているの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「交感神経と副交感神経」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

 

交感神経と副交感神経はどのようにバランスをとっているの?

交感神経と副交感神経は、同時に働きながら、互いが拮抗しています。

これはどういうことかというと、どんどん働けという交感神経の指令と、もっと休めという副交感神経の指令が、各臓器に対して同時に伝わっているのです。この時、臓器はより強い指令を発するほうの神経に従います。

つまり、食後であればもっと休めという副交感神経からの指令が強くなり、消化ホルモンの分泌が増加したり、消化管の運動が活発になるという具合です。 

副交感神経が働いている時に交感神経が完全に休んでいるわけではありません。たとえ優位でなくなっても、完全にスイッチを切ってしまっているわけではないのです。

こうした状況を、副交感神経が優位になっているとか交感神経が優位になっていると表現します。片方の神経がボリュームを上げている時には、もう片方の神経がボリュームを下げた状態ともいえます。 

もともと交感神経は身体を戦闘モードにする神経、副交感神経は身体をリラックスモードにする神経です。

ヒトは普通、食事はリラックス状態で、職場での仕事などは緊張・戦闘状態で行いますので、その時に使用しない神経を省エネモードにしてあります。

食事中に仕事の電話がかかってきて対応せざるを得なくなるなど、状況が急に変化した場合でも、安静モードから戦闘モードへとすばやくスイッチを切り替えることができるのです。

 

⇒〔解剖生理Q&A 記事一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 自律神経の自律とはどういう意味? [01/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長     自律神経の自律とはどういう意味? 自律というのは、哲学では理性... [ 記事を読む ]

  • 自律神経はどのように働くの?|自律神経の働き [01/08up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経のはたらき」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長     自律神経はどのように働くの? 自律神経は、無意識に営... [ 記事を読む ]

  • 交感神経と副交感神経はどのようにバランスをとっているの? [01/11up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「交感神経と副交感神経」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長     交感神経と副交感神経はどのようにバランスをとっているの?...

  • 自律神経の働きが悪いとどうなる? [01/15up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経失調症」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自律神経の働きが悪いとどうなる? 自律神経は内分泌系とともに、体の... [ 記事を読む ]

  • 神経はどのように情報を伝えるの? [12/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「神経系の伝達」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   神経はどのように情報を伝えるの? 外界からの情報や刺激、外界へ働きか... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

ぴんとこ総選挙 結果発表|マンガ・ぴんとこなーす【番外編】

1位は看護のジレンマがテーマのあの話!あなたの推し回はランクインしてる? [ 記事を読む ]

熱中症の応急処置・治療の方法は?

暑さが本格化…!熱中症の対応は万全に! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ナース・プラクティショナーの制度に賛成?反対?

投票数:
1251
実施期間:
2019年07月30日 2019年08月20日

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1199
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1046
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1027
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
907
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
760
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4153

慢性心不全の70歳男性のAさん。外来受診時に、「今度、家族と旅行に行く予定があるが、自宅でトイレに行くときにちょっと息切れが出るので少し不安がある」という訴えがありました。AさんをNYHA分類に当てはめた場合、適切なアドバイスはどれでしょうか?

  • 1.心臓リハビリテーションは中止するよう伝える。
  • 2.入浴はしないほうがよいと伝える。
  • 3.旅行は、長時間かかる電車よりも、移動が短時間で済む飛行機を勧める。
  • 4.毎日体重測定を行うように指導していく。
今日のクイズに挑戦!