1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 自律神経の働きが悪いとどうなる?

2018年01月15日

自律神経の働きが悪いとどうなる?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「自律神経失調症」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

自律神経の働きが悪いとどうなる?

自律神経は内分泌系とともに、体の内部環境を一定に保つ働きをしています。これをホメオスタシス(恒常性)といい、交感神経と副交感神経が密接に関連し合って働くことが大前提になります。

しかし、ストレスやそのほかの原因で、この2つの神経系のバランスが崩れると、それぞれの神経系に機能的な異常が現れてきます。これを自律神経失調症といいます。

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが崩れて症状が出るため、脳や内臓などの器質的な病変がみられないのが特徴です。頭重感、倦怠感、のぼせ、めまい、冷感、動悸息切れなどの症状が現れます。

 

⇒〔解剖生理Q&A 記事一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 自律神経はどのように働くの?|自律神経の働き [01/08up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経のはたらき」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長     自律神経はどのように働くの? 自律神経は、無意識に営... [ 記事を読む ]

  • 交感神経と副交感神経はどのようにバランスをとっているの? [01/11up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「交感神経と副交感神経」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長     交感神経と副交感神経はどのようにバランスをとっているの?... [ 記事を読む ]

  • 自律神経の働きが悪いとどうなる? [01/15up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経失調症」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自律神経の働きが悪いとどうなる? 自律神経は内分泌系とともに、体の...

  • 神経はどのように情報を伝えるの? [12/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「神経系の伝達」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   神経はどのように情報を伝えるの? 外界からの情報や刺激、外界へ働きか... [ 記事を読む ]

  • 神経はどのように結びついているの? [12/21up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「神経細胞」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   神経はどのように結びついているの? 神経細胞はニューロンともいわれ、四方... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 聴覚と嗅覚のメカニズム――耳と鼻|感じる・考える(4) [09/12up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 視覚のメカニズム――眼|感じる・考える(3) 解剖生理学の面白さを知るため、視覚(... [ 記事を読む ]

  • 視覚のメカニズム――眼|感じる・考える(3) [09/10up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 中枢神経と末梢神経|感じる・考える(2) 解剖生理学の面白さを知るため、情報を分析... [ 記事を読む ]

  • 標的細胞を刺激するホルモン|調節する(3) [08/30up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 情報を伝える神経伝達物質|調節する(2) 解剖生理学の面白さを知る... [ 記事を読む ]

  • 神経細胞とグリア細胞|感じる・考える(1) [09/05up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 体温の調節|調節する(5) 解剖生理学の面白さを知るため、体温を一定に保つための仕... [ 記事を読む ]

  • 体温の調節|調節する(5) [09/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の5回目です。 〈前回の内容〉 血糖値・血圧の調節|調節する(4) 解剖生理学の面白さを知るため、... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1372
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1292
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1194
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1209
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
967
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
758
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1095

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!