1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 聴診スキル講座>
  4. 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会|聴診スキル講座

2016年12月20日

看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会

聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。
今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。

コラムの第7話は、「看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会」の解説です。

*看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会の「その2」はこちら

 

皿谷 健
(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師)

 

医療・医学の世界では、色々な勉強会や研究会が開かれていますね。
勉強会や研究会に参加して、自分のスキルを高めたり、自分のスキルを客観的に知ることはとても重要なことです。

先生はどんな勉強会や研究会に参加されているんですか?

本文でも紹介しますが、肺音(呼吸音)研究会や国際肺音学会など、国内外の学会や研究会に参加しています。
参加した会で最新の知識を得たり、その場でしかお会いできない著名な先生方とのディスカッションはとても楽しいものです。

海外もですか!?
そういえば、先生はよく出張されていますね。
色々な場所に行けて、観光したり、その土地の美味しいものが食べられるのも良いですね。

そうそう♪ 今年はアメリカにも行って、メジャーリーグを観戦しま……
仕事で行ったんです! 遊びに行ったんじゃありません!!

 

〈目次〉

 

国内で開催されているオススメの聴診の勉強会(研究会)

筆者が、最もオススメする聴診の会は、”肺音(呼吸音)研究会”です。本研究会は、『聴診スキル講座』の監修をしていただいている財団法人結核予防会 理事長(前日本医科大学 教授)の工藤翔二先生が会長をされている、1983年(昭和58年)に設立された歴史ある会です。

公式サイトから、毎年1回開催される肺聴診セミナーの案内を確認することができます。本研究会では、医師のみならず、看護師さんや理学療法士、作業療法士をはじめとする多職種の方々が参加しています。実際の症例ごとの聴診音を聴いたりして、楽しく、聴診を学ぶためのスキルを得ることができます。とてもオススメですので、一度、参加してみると良いでしょう。

 

海外で開催されているオススメの聴診の勉強会(研究会)

肺音(呼吸音)研究会に比べ、ハードルは上がりますが、海外で開催されている聴診の会にもオススメの勉強会があります。英語での会になりますが、1976年に、米国のロバート・ラウドン(Robert Loudon)教授とレイモンド・マーフィ(Raymond Murphy)教授によって設立された国際肺音学会(International Lung Sounds Association;ILSA)です。この会は、毎年開催されており、肺音を科学的に分析する試みも行われています。

2016年は、わが国(東京:飯田橋)で本学会が開催され、聴診を好きな医師だけでなく、医師以外の専門家が、世界中から集まりました。

 

過去に開催された有名な聴診のシンポジウム

フランス人の医師 ルネ・ラエンネック(1781-1826)の聴診学は、その後、世界中に広がりました。しかし、伝わる過程で、用語の取り違いなど、さまざまな混乱も起きました。

そこで、これらをもう一度、世界基準で見直そうという試みの下、1985年、日本(東京)で、肺聴診に関する国際シンポジウム(会長:三上理一郎先生)が開催されています。この会で得られたコンセンサス(合意)が、現在、肺聴診で行われている「肺音分類(副雑音の分類)」(図1)の元になっています。

図1副雑音の分類

副雑音の分類

 

今から30年以上前の日本で、現在も使用されている聴診の分類基準が誕生したことは、感慨深いことだと思いませんか。

*参考:『呼吸音と副雑音の分類|基礎編(5)

 

勉強会や研究会に参加してみると、知識や技術の向上だけでなく、医療に対する考え方も変わるかもしれません。
医師だけでなく、看護師さんも多く参加している会もあるので、是非参加してみてください。

 

 


[執筆者]
皿谷 健
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師

[監 修](50音順)
喜舎場朝雄
沖縄県立中部病院呼吸器内科部長
工藤翔二
公益財団法人結核予防会理事長、日本医科大学名誉教授、肺音(呼吸音)研究会会長
滝澤 始
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科教授


著作権について

この連載

  • 小児用聴診器を成人患者さんに使用する意外な活用法 [03/21up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第9話は、... [ 記事を読む ]

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 その2 [02/14up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第8話は、... [ 記事を読む ]

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 [12/20up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第7話は、...

  • 聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年 [12/13up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第6話は、... [ 記事を読む ]

  • カルタゲナー(Kartagener)症候群患者さんの聴診音 [08/29up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! 初... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(心嚢腔) [10/19up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTで外傷患... [ 記事を読む ]

  • FASTで外傷患者の緊急処置の必要性を判断 [10/12up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「FASTで外傷患者の緊急処置の必... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(モリソン窩) [11/02up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTのエコー... [ 記事を読む ]

  • 胸部X線検査 [03/23up]

    『循環器ナーシング』2016年7月号<よくわかる循環器検査>より抜粋。 胸部X線検査について解説します。 Point X線画像を比較してみることで,行った看護が効果的であったかの評価ができる! 胸部X線検... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
630
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
749
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
654
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
571
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
536
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日

ホスピタルアートに興味ある?

投票数:
458
実施期間:
2017年10月20日 2017年11月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者178

Aさんは40代男性で、統合失調症と診断されています。18歳の時に発症し、これまでに5回の入院歴があります。入院後も自閉的な生活が続いており、ほとんどほかの患者さんとの交流はありません。最近は一日中コップを片手に持ち、洗面所と部屋を行き来するなど飲水行為が目立っています。身長168cm、今朝の起床時の体重は60kgでしたが、昼食後に再度測定すると、67kgまで増加していました。表情もボーっとしており、問いかけにも返答がありません。歩行時にふらつきが見られ、昼食前にズボンの前を濡らしたまま歩いていました(尿失禁)。このような状態の多飲水患者さんへの看護として最優先される対応はどれでしょうか?

  • 1.患者に朝と夜に体重測定を行ってもらい、1日で摂取できる水分量を伝え、それをうまく配分、コントロールできるよう看護師が教育的な援助を行う。
  • 2.水に集中している意識がほかのものに向くよう、作業療法やレクリエーションなどを導入し、気分転換を図るよう援助する。
  • 3.コップを看護師が管理し、飲水量を厳しくチェックする。それでも飲水が止まらず体重がプラス5kgになれば、保護室で隔離を行い、水分摂取を強制的に制限する。
  • 4.Aさんは、昼食後の体重が基礎体重よりプラス5%を超えており、意識障害も疑われるため、血液検査を考慮する。
今日のクイズに挑戦!