1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 聴診スキル講座>
  4. 聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年|聴診スキル講座

2016年12月13日

聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年

聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。
今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。

コラムの第6話は、「聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年」の解説です。

 

皿谷 健
(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師)

 

今年(2016年)は、聴診器が開発されて、ちょうど200年になる記念の年なんですよ。

そうなんですか!?
じゃあ、万華鏡と一緒なんですね。

え? 万華鏡も200年前からあるんですか?

万華鏡は、スコットランドの物理学者のディヴィッド・ブリュースターが発明したんです。
彼は、光学の分野で数々の業績を上げた人物で、35歳のときに偏光角の実験の最中に万華鏡を発明して、翌年に万華鏡の特許を取得し、それからそれから……

も、もう結構ですよ!(万華鏡の知識量がスゴイなぁ……)
今回は、聴診器の200年の歴史を振り返ってみましょう。

 

〈目次〉

 

聴診器が発明されてからちょうど200年

聴診器の歴史は、1816年にフランス人の医師 ルネ・ラエンネック(1781-1826)が、木製の筒型の聴診器を発明したのが始まりでした。これから、今年でちょうど200年が経ちます(1)。Dr.ラエンネックは、そのわずか3年後の1819年に『間接聴診法』を出版しています。

聴診器は英語で、「stethoscope」と言いますが、これは、ギリシャ語の“stethos(=breast)+skops(=watcher)”から来ています。つまり、聴診器には、「胸中を見る」という意味があります

 

聴診器は多くの医師の命を救った

フランスで誕生した肺聴診学は、英語に翻訳され、イギリスからアメリカに、ドイツからわが国に、明治時代に伝わりました。これによって、わが国に聴診器が普及しました。

聴診器が発明される前までは、医師が自分の耳を直接患者さんの体に押し当てて呼吸音を聴く、直接聴診法が行われていました(図1(2)

図1聴診器が発明される前の聴診方法

聴診器が発明される前の聴診方法

医師が患者さんの体に耳を押し付けて、直接、呼吸音を聴いています。

文献2を参考に作成)

 

このような診察方法を行っていたため、昔の多くの医師は、患者さんからうつった肺結核で亡くなっています。Dr.ラエンネックもその一人です。

 

時代が進んでも聴診の価値は不変

考えてみると、現代医学には、たくさんの素晴らしい機器(超音波、CT、X線、MRIなど)が登場しており、医療技術の進歩と発展の早さには驚かされます。しかし、聴診の基本は、Dr.ラエンネックの時代から、大きくは変わっていません。

聴診は、リアルタイムに患者さんの病態を教えてくれます。侵襲もなく、いつでもどこでも診察を介して患者さんの情報を得られます。筆者は、聴診の価値は、今後もきっと変わらないものと信じています(3)

 

200年前に作られた聴診器が、今も医療の現場で使用されていることはすごいことです。
聴診の歴史は、とても奥が深いので、興味がある方はさまざまな文献を調べてみると良いでしょう。
思わぬ発見や、つながりが見つかるかもしれませんよ。

 

 


[文 献]

  • (1)皿谷 健. 聴診器発明から200年. 化学療法の領域 2016; 32: 19.
  • (2)Edelman ER, Weber BN. Tenuous Tether. N Engl J Med 2015; 373: 2199-201.
  • (3)Minami T, Minami A, Manzoor K, Saraya T. Modern Technology in Respiratory Medicine: Lung Ultrasonography–Is it Time for the Stethoscope to Give Up its Throne? Pulm Res Respir Med Open J 2016; 3: 55-6.

[執筆者]
皿谷 健
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師

[監 修](50音順)
喜舎場朝雄
沖縄県立中部病院呼吸器内科部長
工藤翔二
公益財団法人結核予防会理事長、日本医科大学名誉教授、肺音(呼吸音)研究会会長
滝澤 始
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科教授


Illustration:田中博志


著作権について

この連載

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 その2 [02/14up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第8話は、... [ 記事を読む ]

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 [12/20up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第7話は、... [ 記事を読む ]

  • 聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年 [12/13up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第6話は、...

  • カルタゲナー(Kartagener)症候群患者さんの聴診音 [08/29up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! 初... [ 記事を読む ]

  • 原発性線毛機能不全症候群(PCD)の疾患解説 [08/22up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(心嚢腔) [10/19up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTで外傷患... [ 記事を読む ]

  • FASTで外傷患者の緊急処置の必要性を判断 [10/12up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「FASTで外傷患者の緊急処置の必... [ 記事を読む ]

  • 腎臓のエコー像 [08/10up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 膵臓と脾臓のエコ... [ 記事を読む ]

  • 呼吸リハビリテーションの評価は、どんなことをすればいいの? [12/11up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「呼吸リハビリテーションの評価」に関するQ&Aです。 呼吸リハビリテーションの評価は、どんなことをすればいいの? 基本的なフィジカルアセスメントや呼吸器系... [ 記事を読む ]

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1278
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1115
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1090
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1013
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
899
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
2420
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者532

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!