1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 脳の神経細胞は減っても大丈夫?

2017年12月07日

脳の神経細胞は減っても大丈夫?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「脳の神経細胞」に関するQ&Aです。

脳の神経細胞は減っても大丈夫?

ヒトの脳には大脳に数百億個、小脳で千億個、脳全体では千数百億個の神経細胞があり、ヒトの成熟後には1日に10万から20万個の神経細胞が死滅しています。

神経細胞はほかの組織の細胞と違い、分裂して増えることはありません。しかしこれでは、いずれ神経細胞の大半が脱落消失するのでは? と心配になりますね。 

結論からいうと、その程度の減り方であれば問題はありません。

今、もし1日20万個の神経細胞が死滅していくとすると、90歳までに死滅する神経細胞の数は、次のような計算が成り立ちます。

200,000×365×90=6.57×109 

一方、脳内の神経細胞を千億個とすると、その数は次のように表せます。

100,000,000,000=1011 

従って、90歳までに死滅する神経細胞は、全体の6%余りとなります。

脳にある千億個の神経細胞のうち、実際に使っているのは数パーセントに過ぎないといわれています。

脳の神経細胞は多少減少しても生命活動に影響が出ることはありませんし、むしろ、無駄なエネルギーを使わないようにするために、不必要な神経細胞が消失していくといわれます。 

しかし、このような自然な減り方ではなく病的な減り方をすると、生命活動に大きな影響が出てきます。

アルツハイマー病型認知症は神経細胞が次々に脱落していく病気ですし、脳血管障害による認知症は出血や梗塞によって神経細胞が部分的に死滅することで生じます。死滅した神経細胞が多ければ多いほど、あるいは重要な部位の神経細胞が死滅すればするほど、多くの障害が現れてきます。

 

MEMOアルツハイマー型認知症

脳表面に現れる老人斑、神経原線維変化、神経細胞の脱落を特徴とする疾患。海馬が障害され記憶障害、認知障害などが出現し、さらに多彩な周辺症状(幻覚、妄想、徘徊、抑うつ、異食、暴力行為など)も現れます。

MEMO認知症

アルツハイマー型認知症や脳血管障害により、認知機能が障害された状態を認知症といいます。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 脳神経と脊髄神経はどう違うの? [12/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳神経と脊髄神経」に関するQ&Aです。 脳神経と脊髄神経はどう違うの? 末梢神経のうち、脳に出入りする神経を脳神経、脊髄に出入りする神経を脊髄神経といいます。この2... [ 記事を読む ]

  • 神経系はどんな構成になっている? [12/14up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「神経系の構造」に関するQ&Aです。 神経系はどんな構成になっている? 神経系は、解剖学的には中枢神経系と末梢神経系に大別されます(図1)。  図1神経系の構成... [ 記事を読む ]

  • 脳の神経細胞は減っても大丈夫? [12/07up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳の神経細胞」に関するQ&Aです。 脳の神経細胞は減っても大丈夫? ヒトの脳には大脳に数百億個、小脳で千億個、脳全体では千数百億個の神経細胞があり、ヒトの成熟後には...

  • 脳に有害な物は入り込まないの? [12/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「血液脳関門」に関するQ&Aです。 脳に有害な物は入り込まないの? 血液は、酸素やグルコースなどの栄養素を細胞に供給する大事なパイプラインですが、時として細菌、化学物... [ 記事を読む ]

  • 脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? [11/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ウイリス動脈輪」に関するQ&Aです。 脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? 脳は生命の維持はもちろんのこと、感覚や運動といった、あらゆる生命活動をつかさ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

知らないでは済まされない「LGBT」のこと

「目の前の患者さんはLGBTかもしれない」看護師が知っておくべきこと [ 記事を読む ]

胃ろうに関するキソ知識

PEGのゴールは経口摂取の再開です。適応と禁忌は? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

自分ががんになったら…補完代替療法、行いたい?

投票数:
926
実施期間:
2018年10月02日 2018年10月23日

「看護師辞めたい」と「看護師やっててよかった!」どっちを思うことが多い?

投票数:
895
実施期間:
2018年10月05日 2018年10月26日

業務時間内に仕事が終わったけど周りはまだ仕事中…そんな時どうする?

投票数:
859
実施期間:
2018年10月09日 2018年10月30日

細かすぎて伝わらない喜び選手権!

投票数:
648
実施期間:
2018年10月16日 2018年11月06日

つばを吐きかけた患者に平手し減給処分。同じ看護師としてどう思う?

投票数:
639
実施期間:
2018年10月17日 2018年11月07日

看護実習、ブラックだった?

投票数:
629
実施期間:
2018年10月18日 2018年11月08日

ナース服を洗濯する頻度は?

投票数:
565
実施期間:
2018年10月19日 2018年11月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者194

67歳の男性患者さん。慢性呼吸不全で入院中でしたが、このたび退院することになりました。呼吸器疾患以外に健康上の問題はありません。患者さんの妻より、退院後の食事内容をどうしたらよいか相談を受けました。食事制限はありません。次のうち、指導内容として最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.食べたいものを食べるように指導した。
  • 2.糖分を多く取るように指導した。
  • 3.カロリー制限をするように指導した。
  • 4.高カロリー、高タンパクな食事にするように指導した。
今日のクイズに挑戦!