1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 脳の神経細胞は減っても大丈夫?

2017年12月07日

脳の神経細胞は減っても大丈夫?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「脳の神経細胞」に関するQ&Aです。

脳の神経細胞は減っても大丈夫?

ヒトの脳には大脳に数百億個、小脳で千億個、脳全体では千数百億個の神経細胞があり、ヒトの成熟後には1日に10万から20万個の神経細胞が死滅しています。

神経細胞はほかの組織の細胞と違い、分裂して増えることはありません。しかしこれでは、いずれ神経細胞の大半が脱落消失するのでは? と心配になりますね。 

結論からいうと、その程度の減り方であれば問題はありません。

今、もし1日20万個の神経細胞が死滅していくとすると、90歳までに死滅する神経細胞の数は、次のような計算が成り立ちます。

200,000×365×90=6.57×109 

一方、脳内の神経細胞を千億個とすると、その数は次のように表せます。

100,000,000,000=1011 

従って、90歳までに死滅する神経細胞は、全体の6%余りとなります。

脳にある千億個の神経細胞のうち、実際に使っているのは数パーセントに過ぎないといわれています。

脳の神経細胞は多少減少しても生命活動に影響が出ることはありませんし、むしろ、無駄なエネルギーを使わないようにするために、不必要な神経細胞が消失していくといわれます。 

しかし、このような自然な減り方ではなく病的な減り方をすると、生命活動に大きな影響が出てきます。

アルツハイマー病型認知症は神経細胞が次々に脱落していく病気ですし、脳血管障害による認知症は出血や梗塞によって神経細胞が部分的に死滅することで生じます。死滅した神経細胞が多ければ多いほど、あるいは重要な部位の神経細胞が死滅すればするほど、多くの障害が現れてきます。

 

MEMOアルツハイマー型認知症

脳表面に現れる老人斑、神経原線維変化、神経細胞の脱落を特徴とする疾患。海馬が障害され記憶障害、認知障害などが出現し、さらに多彩な周辺症状(幻覚、妄想、徘徊、抑うつ、異食、暴力行為など)も現れます。

MEMO認知症

アルツハイマー型認知症や脳血管障害により、認知機能が障害された状態を認知症といいます。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 脳神経と脊髄神経はどう違うの? [12/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳神経と脊髄神経」に関するQ&Aです。 脳神経と脊髄神経はどう違うの? 末梢神経のうち、脳に出入りする神経を脳神経、脊髄に出入りする神経を脊髄神経といいます。この2... [ 記事を読む ]

  • 神経系はどんな構成になっている? [12/14up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「神経系の構造」に関するQ&Aです。 神経系はどんな構成になっている? 神経系は、解剖学的には中枢神経系と末梢神経系に大別されます(図1)。  図1神経系の構成... [ 記事を読む ]

  • 脳の神経細胞は減っても大丈夫? [12/07up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳の神経細胞」に関するQ&Aです。 脳の神経細胞は減っても大丈夫? ヒトの脳には大脳に数百億個、小脳で千億個、脳全体では千数百億個の神経細胞があり、ヒトの成熟後には...

  • 脳に有害な物は入り込まないの? [12/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「血液脳関門」に関するQ&Aです。 脳に有害な物は入り込まないの? 血液は、酸素やグルコースなどの栄養素を細胞に供給する大事なパイプラインですが、時として細菌、化学物... [ 記事を読む ]

  • 脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? [11/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ウイリス動脈輪」に関するQ&Aです。 脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? 脳は生命の維持はもちろんのこと、感覚や運動といった、あらゆる生命活動をつかさ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 神経細胞とグリア細胞|感じる・考える(1) [09/05up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 体温の調節|調節する(5) 解剖生理学の面白さを知るため、体温を一定に保つための仕... [ 記事を読む ]

  • 体温の調節|調節する(5) [09/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の5回目です。 〈前回の内容〉 血糖値・血圧の調節|調節する(4) 解剖生理学の面白さを知るため、... [ 記事を読む ]

  • 標的細胞を刺激するホルモン|調節する(3) [08/30up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 情報を伝える神経伝達物質|調節する(2) 解剖生理学の面白さを知る... [ 記事を読む ]

  • 体温の調節|生体を維持する恒常性のはたらき(3) [12/19up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、生体を維持する恒常性のはたらきから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 血圧・血糖値・pHの調節|生体を維持する... [ 記事を読む ]

  • 脳と脊髄は身体の司令塔|動作のしくみから理解する(6) [12/10up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、動作のしくみから解剖生理を理解するお話の6回目です。 〈前回の内容〉 嗅覚と味覚・皮膚感覚のしくみ|動作のしくみから理解する(5... [ 記事を読む ]

いちおし記事

祝☆書籍発売!ぴんとこなーすができたわけ

「看護はつらいよ楽しいよ」魅力伝えるマンガを描くに至った想いとは? [ 記事を読む ]

熱中症のケア

熱中症の重症度は3段階。各症状に応じた対応をまとめした。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

忘れられない患者さん、いますか?

投票数:
891
実施期間:
2018年06月26日 2018年07月24日

実録! わたしの周りの「浜田師長」

投票数:
809
実施期間:
2018年06月29日 2018年07月27日

洒落にならないほど怖い心霊体験ありますか…? 

投票数:
800
実施期間:
2018年07月03日 2018年07月31日

看護師は見た! 院内恋愛の修羅場事情

投票数:
753
実施期間:
2018年07月06日 2018年08月03日

新人ナース限定!誰にも言えない「甘え」や「弱音」抱えてない?

投票数:
613
実施期間:
2018年07月10日 2018年08月07日

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言

投票数:
658
実施期間:
2018年07月17日 2018年08月14日

新人ナースのICU配属 アリ?ナシ?

投票数:
648
実施期間:
2018年07月13日 2018年08月14日

「師長自慢」ありますか?

投票数:
437
実施期間:
2018年07月20日 2018年08月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3628

以下の中で持針器の種類にあるものはどれでしょうか?

  • 1.マチュー
  • 2.バチュー
  • 3.ロチュー
  • 4.シチュー
今日のクイズに挑戦!