1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 脳に有害な物は入り込まないの?

2017年12月04日

脳に有害な物は入り込まないの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「血液脳関門」に関するQ&Aです。

脳に有害な物は入り込まないの?

血液は、酸素やグルコースなどの栄養素を細胞に供給する大事なパイプラインですが、時として細菌、化学物質、抗原、抗体など、体に有害な影響を与えかねない物質が含まれていることもあります。こうした物質が脳内に入り込むことを防ぐ装置があります。それが神経細胞と毛細血管の間にある血液脳関門です。 

血液脳関門は一種のフィルターのようなもので、ここで有害物や不要物が厳重にチェックされ、グルコースなどの選別された物質だけが脳の神経細胞に送られるようになっています。 

脳以外の臓器の細胞では、毛細血管から染み出た組織間液と細胞の間で、直接、物質のやり取りが行われています。

しかし、脳の場合は直接のやり取りができないように、中間に星状膠(こう)細胞という細胞が介在します。星状膠細胞は検疫所のような役割を果たし、紛れ込んだ粗悪品や有害物を厳重にチェックするシステムが作られているのです。 

星状膠細胞は、毛細血管の周囲にヒトデのように腕を伸ばして取り付き、不要物と必要物を厳しく選別してから、神経細胞に酸素と栄養分を送り込んでいます。その結果、脳内には、この商品は折り紙つきですと認められた物質しか流通しないことになります。 

血液脳関門は、毛細血管の内皮細胞の間隔が極めて狭いことによりますが、アルコール、カフェイン、ニコチン、抗うつ薬などは血液脳関門を通過します。また、脳炎や髄膜炎のときは血液脳関門の働きが低下します。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 神経系はどんな構成になっている? [12/14up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「神経系の構造」に関するQ&Aです。 神経系はどんな構成になっている? 神経系は、解剖学的には中枢神経系と末梢神経系に大別されます(図1)。  図1神経系の構成... [ 記事を読む ]

  • 脳の神経細胞は減っても大丈夫? [12/07up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳の神経細胞」に関するQ&Aです。 脳の神経細胞は減っても大丈夫? ヒトの脳には大脳に数百億個、小脳で千億個、脳全体では千数百億個の神経細胞があり、ヒトの成熟後には... [ 記事を読む ]

  • 脳に有害な物は入り込まないの? [12/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「血液脳関門」に関するQ&Aです。 脳に有害な物は入り込まないの? 血液は、酸素やグルコースなどの栄養素を細胞に供給する大事なパイプラインですが、時として細菌、化学物...

  • 脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? [11/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ウイリス動脈輪」に関するQ&Aです。 脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? 脳は生命の維持はもちろんのこと、感覚や運動といった、あらゆる生命活動をつかさ... [ 記事を読む ]

  • 脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? [11/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳と血液」に関するQ&Aです。 脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? 脳は覚醒時でも睡眠時でも、常に一定の代謝活動を行っているので、血液を大量に必要とする臓... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

過去のいじめで

浜田師長のいじめの後遺症で今も苦しむ看護師と面会するもも子。そこで語られたこととは… [ 記事を読む ]

神経所見のとり方

感覚障害を診察する場合、①左右差、②上肢と下肢の差、③近位部と遠位部の差に注意し、評価します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「看護師になりたい」と伝えた時、親はどういう反応だった?

投票数:
914
実施期間:
2018年04月06日 2018年04月27日

腰椎穿刺検査後の安静、どうしてる?

投票数:
770
実施期間:
2018年04月10日 2018年05月01日

一番好きな看護方式はどれ?

投票数:
777
実施期間:
2018年04月13日 2018年05月04日

ゴールデンウィーク、今年は何日?

投票数:
700
実施期間:
2018年04月17日 2018年05月08日

ドラマ『ブラック・ペアン』どの医師が好き?

投票数:
302
実施期間:
2018年04月24日 2018年05月15日

院内恋愛、もしするならどの職種がいい?

投票数:
661
実施期間:
2018年04月20日 2018年05月18日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者317

65歳男性のAさんは、1年前より徐々に排尿困難を自覚するようになり、来院しました。検査の結果、前立腺特異抗原(PSA)8.3ng/mLで前立腺右葉にガンを認めたため、手術目的で入院となりました。入院3日後、根治的前立腺全摘除術が行われ、膀胱尿道吻合部にドレーンを1本、膀胱内留置カテーテル(固定水10mL)が留置されています。術後2日目にAさんから「手術してからずっと尿意が続いている。管を抜いてほしい」と訴えがありました。受け持ちであるあなたの対応として最も正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.本人の希望を尊重し、膀胱留置カテーテルを抜去した。
  • 2.管が太いために違和感が強いのだろうと判断し、細い膀胱留置カテーテルに入れ替えた。
  • 3.尿意の原因は尿管カテーテルの閉塞であると判断し、まず下腹部を押して尿の排泄を促した。
  • 4.抜去できない理由を説明し、Aさんに協力を依頼した。
今日のクイズに挑戦!