1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 脳はどうやって守られているの?

2017年11月23日

脳はどうやって守られているの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「頭蓋骨と脳脊髄液」に関するQ&Aです。

脳はどうやって守られているの?

脳の実質はとても柔らかい組織です。脳には重要な中枢や神経がぎっしりと詰まっていますが、破壊されると再生しませんので、頭蓋骨や髄膜(ずいまく)により保護されています。 

最も外側にあるのが頭蓋骨です。その下に脳・脊髄を完全に包み込む3層の髄膜(硬膜、くも膜、軟膜)があります(図1)。

図1脳の髄膜

脳の髄膜

 

頭蓋骨は出生時に産道を通過する必要があるため、生後1年ほどは不完全な骨の結合をしています。成長とともに骨の結合は完成し、外力から脳実質を守ります。

髄膜のうち、くも膜と軟膜の間(くも膜下腔)は、脳脊髄液(髄液)で満たされており、大脳はこの中に浮かんでいます。

脳脊髄液がクッションの役割を果たしており、外部から衝撃を受けてもショックが吸収され、脳が守られるシステムが作られているのです。脳脊髄液は脳室の毛細血管網である脈絡叢(みゃくらくそう)から浸出し、くも膜絨毛(じゅうもう)を通って硬膜静脈洞に浸入し、血液に戻されます。

脳脊髄液にはブドウ糖タンパク質、ナトリウム、クロールなどの成分が含まれ、脳と脊髄に栄養を供給し、二酸化炭素や乳酸などの代謝産物を運搬する役割があります。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? [11/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ウイリス動脈輪」に関するQ&Aです。 脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? 脳は生命の維持はもちろんのこと、感覚や運動といった、あらゆる生命活動をつかさ... [ 記事を読む ]

  • 脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? [11/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳と血液」に関するQ&Aです。 脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? 脳は覚醒時でも睡眠時でも、常に一定の代謝活動を行っているので、血液を大量に必要とする臓... [ 記事を読む ]

  • 脳はどうやって守られているの? [11/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「頭蓋骨と脳脊髄液」に関するQ&Aです。 脳はどうやって守られているの? 脳の実質はとても柔らかい組織です。脳には重要な中枢や神経がぎっしりと詰まっていますが、破壊さ...

  • 脳幹はどんな働きをしているの? [11/17up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳幹」に関するQ&Aです。 脳幹はどんな働きをしているの? 大脳を支える幹のような形をした部分が脳幹です。成人の脳幹は長さ約7.5cm、太さは親指程度と小さな部分で... [ 記事を読む ]

  • 間脳はどんな役割を果たしているの? [11/13up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「間脳」に関するQ&Aです。 間脳(かんのう)はどんな役割を果たしているの? 大脳の深部に位置しているのが間脳です。間脳は、視床、視床下部などから成り立っています。左... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 栄養と代謝|食べる(1) [08/07up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 呼吸する(4)呼吸のメカニズム 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒険中のナス... [ 記事を読む ]

  • 栄養素の代謝|食物の流れから理解する(6) [11/10up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、食物の流れから解剖生理を理解するお話の6回目です。 〈前回の内容〉 肝臓のはたらき|食物の流れから理解する(5) 前回は、... [ 記事を読む ]

  • 肺の構造とガス交換|呼吸する(3) [08/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、呼吸器系についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 呼吸系の器官のしくみ|呼吸する(2) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を探る旅... [ 記事を読む ]

  • 喫煙によるDNAの変異は、一生元に戻らないことが明らかに [02/18up]

    喫煙によるさまざまな悪影響はすでに長年にわたり指摘されており、現在では、健康保険を使った禁煙治療も行われるようになりました。では、禁煙すれば喫煙の悪影響を完全に断てるのでしょうか? 実は、たとえ禁煙したとしても喫煙の影響がDNAに突... [ 記事を読む ]

  • 骨の機能|動く(2) [09/19up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、骨・筋肉についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 意思で動かせられる骨格筋|動く(1) 解剖生理学の面白さを知るため、自分の意思で... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1300
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1112
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
768
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
989
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
947
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
630
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者183

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!