1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 脳はどうやって守られているの?

2017年11月23日

脳はどうやって守られているの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「頭蓋骨と脳脊髄液」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

脳はどうやって守られているの?

の実質はとても柔らかい組織です。脳には重要な中枢や神経がぎっしりと詰まっていますが、破壊されると再生しませんので、頭蓋骨や髄膜(ずいまく)により保護されています。 

最も外側にあるのが頭蓋骨です。その下に脳・脊髄を完全に包み込む3層の髄膜(硬膜、くも膜、軟膜)があります(図1)。

図1脳の髄膜

脳の髄膜

 

頭蓋骨は出生時に産道を通過する必要があるため、生後1年ほどは不完全な骨の結合をしています。成長とともに骨の結合は完成し、外力から脳実質を守ります。

髄膜のうち、くも膜と軟膜の間(くも膜下腔)は、脳脊髄液(髄液)で満たされており、大脳はこの中に浮かんでいます。

脳脊髄液がクッションの役割を果たしており、外部から衝撃を受けてもショックが吸収され、脳が守られるシステムが作られているのです。脳脊髄液は脳室の毛細血管網である脈絡叢(みゃくらくそう)から浸出し、くも膜絨毛(じゅうもう)を通って硬膜静脈洞に浸入し、血液に戻されます。

脳脊髄液にはブドウ糖タンパク質ナトリウム、クロールなどの成分が含まれ、脳と脊髄に栄養を供給し、二酸化炭素や乳酸などの代謝産物を運搬する役割があります。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? [11/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ウイリス動脈輪」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? 脳は生命の維持は... [ 記事を読む ]

  • 脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? [11/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳と血液」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? 脳は覚醒時でも睡眠時でも、... [ 記事を読む ]

  • 脳はどうやって守られているの? [11/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「頭蓋骨と脳脊髄液」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   脳はどうやって守られているの? 脳の実質はとても柔らかい組織です...

  • 脳幹はどんな働きをしているの? [11/17up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳幹」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   脳幹はどんな働きをしているの? 大脳を支える幹のような形をした部分が脳幹です... [ 記事を読む ]

  • 間脳はどんな役割を果たしているの? [11/13up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「間脳」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   間脳(かんのう)はどんな役割を果たしているの? 大脳の深部に位置しているのが... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 血管のしくみとはたらき [01/30up]

    『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。 今回は血管のしくみとはたらきについて解説します。 中嶋ひとみ 新東京病院看護部   〈目次〉 全身の血管 血管のしくみ 動脈のしくみ ... [ 記事を読む ]

  • 心臓を栄養する冠動脈と刺激伝導系 [01/25up]

    『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。 今回は冠動脈と刺激伝導系について解説します。 中嶋ひとみ 新東京病院看護部   〈目次〉 心臓を栄養する冠動脈 心筋内での冠動脈 心臓の溝... [ 記事を読む ]

  • 内分泌検査|検体検査(血液検査) [06/23up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、内分泌検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 内分泌検査とはどんな検査か 内分泌検査の目的 内分泌検査の実際 ... [ 記事を読む ]

  • 生命誕生の起源|解剖生理をおもしろく学ぶ [07/01up]

    解剖生理は苦手・・・という人多いですよね?そんなナースのための新連載。 今までになかった、楽しく読める解剖生理学の解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より。 〈前回の内容〉 いざ、からだを探る旅へ 解剖生理の勉強に行き... [ 記事を読む ]

  • 甲状腺手術後ドレナージ | ドレーン・カテーテル・チューブ管理 [12/03up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は甲状腺手術後ドレナージについて説明します。   岡村律子 日本医科大学武蔵小杉病院総合診療科病院講師 杉谷 巌 日本医科大学付属病院内分泌外科... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.3 ゆい~(3)

認知症の患者さんが食事を引き出しに隠した理由とは…。あなたはどう考える? [ 記事を読む ]

急変時のルート確保、どうすればいい?

ショック状態や心肺停止など、急いでルート確保が必要なときのワザを紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
3161
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1242
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1151
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
1105
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
1002
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日

2019年度有給休暇ちゃんと取得できた?

投票数:
759
実施期間:
2020年04月07日 2020年04月28日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者546

◆アセスメントの問題◆中心静脈圧について正しいものはどれでしょうか?

  • 1.中心静脈圧の評価のため、45度ヘッドアップして頸静脈を観察した。
  • 2.中心静脈圧には尿量や体重の変化は関係しない。
  • 3.中心静脈圧は左心房内圧の上昇を反映している。
  • 4.中心静脈圧の推定は外頸静脈の観察が最も適している。
今日のクイズに挑戦!