1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 「ランゲルハンス島」というのはなぜ?

2017年09月29日

「ランゲルハンス島」というのはなぜ?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「ランゲルハンス島」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

ランゲルハンス島というのはなぜ?

膵臓にある内分泌器官をランゲルハンス島といいますが、なぜこのような名前がついたのでしょう。

その理由は、消化液を分泌する外分泌器官のなかに、まるで海にたくさんの島が浮かんでいるように内分泌器官が散在しているからです。

ランゲルハンスという名前は、この内分泌器官を発見したドイツの病理学者に由来しています。ランゲルハンス島から分泌されるインスリンは、ラテン語で島を意味するインスーラに、化学物質を表す接尾語inをつけたものです。

ランゲルハンス島の1個の直径は0.1mmほどで、全部で100万個あります。ランゲルハンス島には、グルカゴンを分泌するA(α)細胞、インスリンを分泌するB(β)細胞、ソマトスタチンを分泌するD細胞があり、B(β)細胞が75〜80%を占めます。

インスリンとグルカゴンは互いに反対の作用を持ち、拮抗ホルモンと呼ばれています。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 副腎皮質ホルモンはどんなもの? [10/09up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「副腎皮質ホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンはどんなもの? 副腎皮質ホルモ... [ 記事を読む ]

  • 副腎と腎臓は関連があるの? [10/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「副腎と腎臓」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   副腎と腎臓は関連があるの? 副腎と腎臓は名前が似ていて場所も近くである... [ 記事を読む ]

  • 「ランゲルハンス島」というのはなぜ? [09/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ランゲルハンス島」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ランゲルハンス島というのはなぜ? 膵臓にある内分泌器官をランゲル...

  • 副甲状腺は甲状腺と関連があるの? [09/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「内分泌官とホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   副甲状腺は甲状腺と関連があるの? 副甲状腺(上皮小体)は、甲状... [ 記事を読む ]

  • 甲状腺から出るホルモンが増減するとどうなるの? [09/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「甲状腺ホルモンの増減に伴う症状」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   甲状腺から出るホルモンが増減するとどうなるの? 甲... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1274
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1159
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1078
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1041
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
922
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
704
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3646

酸素飽和度についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.酸素飽和度とは、静脈内の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合を示したものである。
  • 2.パルスオキシメータを用いて測定した値をSaO2、動脈血ガス分析で測定した値をSpO2という。
  • 3.SpO2が正常であれば、体内の酸素量は十分であると判断できる。
  • 4.健康な人の酸素飽和度は96~99%だが、酸素吸入時はSpO2を90%以上維持すれば通常は十分である。
今日のクイズに挑戦!