1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 副甲状腺は甲状腺と関連があるの?

2017年09月25日

副甲状腺は甲状腺と関連があるの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「内分泌官とホルモン」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

副甲状腺は甲状腺と関連があるの?

甲状腺(上皮小体)は、甲状腺の後側面に位置することからその名があるのですが、機能的には甲状腺とは無関係です。

副甲状腺から分泌されるホルモンは副甲状腺ホルモンです。副甲状腺ホルモン(PTH)はパラソルモンとも呼ばれ、血中や組織のカルシウム濃度を調節する役目があります。 

副甲状腺ホルモンが分泌過剰になると、骨からカルシウムが溶け出して骨折しやすくなります。また、血中のカルシウム濃度が高くなり、尿へのカルシウムの排泄も多くなって尿路結石を起こしやすくなります。 副甲状腺ホルモンが不足すると血中のカルシウム濃度が低下し、筋肉に激しい痙攣が生じます。これをテタニーといいます。

 

MEMOテタニー

低カルシウム血症による症状の1つ。手足がこわばって痙攣し、重症では痙攣症状が全身に及びます。甲状腺摘出手術で誤って上皮小体が除去された結果、テタニーを起こすこともあります。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 副腎と腎臓は関連があるの? [10/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「副腎と腎臓」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   副腎と腎臓は関連があるの? 副腎と腎臓は名前が似ていて場所も近くである... [ 記事を読む ]

  • 「ランゲルハンス島」というのはなぜ? [09/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ランゲルハンス島」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ランゲルハンス島というのはなぜ? 膵臓にある内分泌器官をランゲル... [ 記事を読む ]

  • 副甲状腺は甲状腺と関連があるの? [09/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「内分泌官とホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   副甲状腺は甲状腺と関連があるの? 副甲状腺(上皮小体)は、甲状...

  • 甲状腺から出るホルモンが増減するとどうなるの? [09/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「甲状腺ホルモンの増減に伴う症状」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   甲状腺から出るホルモンが増減するとどうなるの? 甲... [ 記事を読む ]

  • 甲状腺から分泌されるのはどんなホルモン? [09/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「甲状腺とホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   甲状腺から分泌されるのはどんなホルモン? 甲状腺は、咽頭下部から... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 下垂体後葉ホルモン|内分泌 [02/05up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 視床下部ホルモンと下垂体前葉ホルモン|内分泌 今回は、下垂体後葉ホルモンについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 ... [ 記事を読む ]

  • 人間の心臓を持たずに外に出たバスケットボーイ―人工心臓の進化 [04/11up]

    人工心臓をつけた場合、入院を余儀なくされることが多いでしょう。しかし、そんな常識に希望をもたらしたのが、今回ご紹介する、あるアメリカ人の男性です。   その男性とは、ミシガン州のイプシランティという町に住む24歳のスタン... [ 記事を読む ]

  • 嗅覚と味覚・皮膚感覚のしくみ|動作のしくみから理解する(5) [12/08up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、動作のしくみから解剖生理を理解するお話の5回目です。 〈前回の内容〉 視覚と聴覚・平衡覚のしくみ|動作のしくみから理解する(4)... [ 記事を読む ]

  • 免疫反応の流れ|守る(4) [10/01up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、免疫についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 リンパ球と抗体|守る(3) 解剖生理学の面白さを知るため、リンパ球と抗体について知り... [ 記事を読む ]

  • 栄養と代謝|食べる(1) [08/07up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 呼吸する(4)呼吸のメカニズム 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒険中のナス... [ 記事を読む ]

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1239
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1126
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1044
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
995
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
830
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
407
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者165

急性心筋梗塞後、心収縮能低下を代償するために心筋リモデリング(左室内腔の拡張)が起こります。以下のうち、心筋リモデリングの予防のために内服する薬はどれでしょうか?

  • 1.エナラプリルマレイン
  • 2.ループ利尿薬
  • 3.クロピトグレル
  • 4.カルベジロール
今日のクイズに挑戦!