1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 甲状腺から出るホルモンが増減するとどうなるの?

2017年09月22日

甲状腺から出るホルモンが増減するとどうなるの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「甲状腺ホルモンの増減に伴う症状」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

甲状腺から出るホルモンが増減するとどうなるの?

甲状腺機能が亢進すると物質代謝や基礎代謝量が増大するため、心拍数の増加、体温の上昇、発汗の増加などがみられるようになります。この状態がバセドウ病甲状腺機能亢進症)です。 

甲状腺機能が低下すると、熱の産生や基礎代謝が低下し、精神的、肉体的活動が低下します。新生児期に甲状腺機能が低下すると、クレチン病になります。また甲状腺に炎症が起きると、甲状腺の機能が低下し甲状腺機能低下症となります。橋本(はしもと)病(慢性甲状腺炎)はその1つです。

 

MEMOバセドウ病(甲状腺機能亢進症)

自己免疫疾患の1つで、甲状腺刺激ホルモン受容体に対する抗体ができて、甲状腺が常に刺激された状態になるため、甲状腺ホルモンの分泌が亢進します。心悸亢進による心拍数の増加、甲状腺腫、眼球突出をメルセブルグの3主徴といいます。そのほかに、体温の上昇、発汗の増加、手の震えなども見られます。

MEMO橋本病(慢性甲状腺炎)

自己免疫疾患で、甲状腺細胞に対する抗体が認められる慢性甲状腺炎の1つです。甲状腺機能ははじめのうち、①正常のままの場合、②一過性に亢進する場合、③低下する場合など様々に変化しますが、最終的には低下します。寒がり、皮膚乾燥、精神活動の低下などが認められ、さらに多くの場合に粘液水腫〔ねんえきすいしゅ〕(圧迫してへこませてもすぐ元に戻るのが特徴の浮腫)が見られます。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 「ランゲルハンス島」というのはなぜ? [09/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ランゲルハンス島」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ランゲルハンス島というのはなぜ? 膵臓にある内分泌器官をランゲル... [ 記事を読む ]

  • 副甲状腺は甲状腺と関連があるの? [09/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「内分泌官とホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   副甲状腺は甲状腺と関連があるの? 副甲状腺(上皮小体)は、甲状... [ 記事を読む ]

  • 甲状腺から出るホルモンが増減するとどうなるの? [09/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「甲状腺ホルモンの増減に伴う症状」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   甲状腺から出るホルモンが増減するとどうなるの? 甲...

  • 甲状腺から分泌されるのはどんなホルモン? [09/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「甲状腺とホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   甲状腺から分泌されるのはどんなホルモン? 甲状腺は、咽頭下部から... [ 記事を読む ]

  • 内分泌系の副司令塔はどこにあるの? [09/15up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「内分泌系の副司令塔」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   内分泌系の副司令塔はどこにあるの? 視床下部からのホルモンを受... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1282
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1296
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1174
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1031
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
894
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
478
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3074

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!