1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 内分泌系の中枢はどこにあるの?

2017年09月11日

内分泌系の中枢はどこにあるの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「内分泌官の中枢」に関するQ&Aです。

内分泌系の中枢はどこにあるの?

ホルモンシステム(系)全体をコントロールしているのは、間脳(第三脳室底部)にある視床下部です。

ここからは、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)、成長ホルモン放出ホルモン(GHRH)、黄体形成ホルモン放出ホルモン(LHRH)、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン、成長ホルモン放出抑制ホルモン(GHRIH;ソマトスタチン)が分泌されます。

これらは、ほかの内分泌腺に働いてその働きをコントロールするホルモンですから、視床下部はホルモン分泌の司令塔ともいえる器官です。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 甲状腺から分泌されるのはどんなホルモン? [09/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「甲状腺とホルモン」に関するQ&Aです。 甲状腺から分泌されるのはどんなホルモン? 甲状腺は、咽頭下部から気管上部を覆うように位置する蝶形の器官です(図1)。 ... [ 記事を読む ]

  • 内分泌系の副司令塔はどこにあるの? [09/15up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「内分泌系の副司令塔」に関するQ&Aです。 内分泌系の副司令塔はどこにあるの? 視床下部からのホルモンを受け取り、その情報を下位に伝えるホルモンを分泌するのが下垂体前... [ 記事を読む ]

  • 内分泌系の中枢はどこにあるの? [09/11up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「内分泌官の中枢」に関するQ&Aです。 内分泌系の中枢はどこにあるの? ホルモンシステム(系)全体をコントロールしているのは、間脳(第三脳室底部)にある視床下部です。...

  • フィードバック機構って何のこと? [08/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「フィードバック機構」に関するQ&Aです。 フィードバック機構って何のこと? フィードバック機構とは制御対象物が制御物質をコントロールすることです。 例えば、上... [ 記事を読む ]

  • 刺激ホルモンって何? [08/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「刺激ホルモン」に関するQ&Aです。 刺激ホルモンって何? ホルモンには、刺激ホルモンと抑制ホルモンという分類があります。刺激ホルモンは、下垂体から分泌され、下位ホル... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

第107回看護師国家試験★会場レポート

終了後の学生さんに感想を聞いてみました!予想外の問題に「難しかった…」という声も!? [ 記事を読む ]

平昌五輪で関係者が集団感染しているノロウイルス。改めて知っておきたい正しい知識

感染力が非常に強いノロウイルス。感染が疑わる患者さんへの対応は、標準予防策を厳密に守ることが重要です。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

院内恋愛、アリ?ナシ?

投票数:
934
実施期間:
2018年02月06日 2018年02月27日

シフトが出たとき、最初に何をチェックする?

投票数:
865
実施期間:
2018年02月09日 2018年03月02日

何歳くらいで結婚するのがベスト?

投票数:
892
実施期間:
2018年02月13日 2018年03月06日

延命治療、希望する?

投票数:
761
実施期間:
2018年02月16日 2018年03月09日

シフト、勤務開始の何日前までに出る?

投票数:
564
実施期間:
2018年02月20日 2018年03月13日

入職までの間、何をして過ごす?/過ごした?

投票数:
1621
実施期間:
2018年02月21日 2018年03月14日

退職する同僚からのプレゼント。もらって嬉しかったものは?

投票数:
489
実施期間:
2018年02月23日 2018年03月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者230

CHDF(持続的血液濾過透析)施行時の管理について、最も正しいものを次から選んでください。

  • 1.透析液・補充液に使用される濾過型人工腎臓用補液は、細胞外液と同じ電解質濃度である。
  • 2.出血傾向のある患者では血液を体外循環させるためにヘパリン®を第一選択薬として使用し、灌流血液の凝固を予防する。
  • 3.抗凝固薬は脱血側の血液がACT(活性化凝固時間)100秒程度で管理する。
  • 4.空気が混入した時には直ちに血液ポンプを停止し、カテーテルの返血側をクランプし、左側臥位にする。
今日のクイズに挑戦!