1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. ホルモンを受け取るのはどこ?

2017年07月14日

ホルモンを受け取るのはどこ?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「ホルモンの目的地」に関するQ&Aです。

ホルモンを受け取るのはどこ?

ホルモンは血液中の特定のタンパク質と結合し、血液の流れに乗って全身を巡ります。

ホルモンの目指す対象を、標的器官、標的細胞などといいます。ホルモンが鍵だとすれば、その鍵にちょうど合う鍵穴を持っている細胞が標的細胞です。

お隣はA新聞、前の家はB新聞、裏の家はC新聞と、契約した家にだけ新聞が配達されるように、ホルモンも体中をめぐりながら、自分を求める受け手を探し、特定の受け手にしか情報を渡さない仕組みになっているのです。 

情報の受け渡しは、そのホルモンに見合った受容体を細胞が持っているかどうかによって決まります。ホルモンによって細胞に届けられた情報は、細胞の表面から内部にあるいは核に伝えられます。

 

MEMO標的細胞

標的細胞は、該当するホルモンだけを認識して結合し(これを特異性といいます)、ホルモンの血中濃度が低くても、効率よく情報を伝えられます。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

著作権について / 引用・参考文献

この連載

  • ホルモンはどこから分泌されるの? [06/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ホルモンの作用」に関するQ&Aです。 ホルモンはどこから分泌されるの? ホルモンを分泌する器官を内分泌腺といいます。それぞれの内分泌腺により、分泌されるホルモンの性... [ 記事を読む ]

  • 内分泌と外分泌はどう違うの? [07/07up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ホルモンの分泌」に関するQ&Aです。 内分泌と外分泌はどう違うの? 外分泌とは、分泌された物質が作用するところまで導管で導かれている場合をいいます。 例えば唾... [ 記事を読む ]

  • ホルモンを受け取るのはどこ? [07/14up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ホルモンの目的地」に関するQ&Aです。 ホルモンを受け取るのはどこ? ホルモンは血液中の特定のタンパク質と結合し、血液の流れに乗って全身を巡ります。 ホルモン...

  • 余ったタンパク質はどうなるの? [04/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「余ったタンパク質」に関するQ&Aです。 余ったタンパク質はどうなるの? タンパク質は、炭水化物や脂質のように、余ったからといってどこかの組織に蓄積しておくことはでき... [ 記事を読む ]

  • コレステロールはなぜ必要なの? [03/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「コレステロールの必要性」に関するQ&Aです。 コレステロールはなぜ必要なの? コレステロールが多いと動脈硬化や脂質異常症(ししついじょうしょう)の原因になりますが、... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • TCA回路|栄養と代謝 [10/28up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 解糖系と糖新生|栄養と代謝 今回は、TCA回路について解説します。   〈目次〉 TCA回路 細胞内呼吸 ... [ 記事を読む ]

  • 異化と同化|栄養と代謝 [10/21up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 三大栄養素の基本的構造|栄養と代謝 今回は、異化と同化について解説します。   〈目次〉 異化と同化 異化反... [ 記事を読む ]

  • 体温の調節|生体を維持する恒常性のはたらき(3) [12/19up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、生体を維持する恒常性のはたらきから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 血圧・血糖値・pHの調節|生体を維持する... [ 記事を読む ]

  • 内分泌の特徴|内分泌 [01/20up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 利尿薬|尿の生成と排泄 今回は、内分泌の特徴について解説します。 〈目次〉 はじめに 内分泌 ホルモンの発見 ... [ 記事を読む ]

  • 副腎皮質ホルモン|内分泌 [02/10up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 下垂体後葉ホルモン|内分泌   今回は、副腎皮質ホルモンについて解説します。 〈目次〉 はじめに 糖質コルチ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
526
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
267
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者515

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!