1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 糖質の代謝はどのように行われるの?

2017年02月13日

糖質の代謝はどのように行われるの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「糖質代謝」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

糖質の代謝はどのように行われるの?

グルコースブドウ糖)はエネルギー源として利用されるとともに、貯蔵型のグリコーゲンに形を変えて肝臓や筋肉に取り込まれます。

ストックしたエネルギーのもとを取り出すためには、①解糖系の反応、②クエン酸回路(TCA回路)、③電子伝達系という3つの段階が必要です(図1)。

図1グルコースの分解とクエン酸回路

グルコースの分解とクエン酸回路

 

①の解糖系ですが、これはグルコースをピルビン酸(あるいは乳酸)にまで分解する反応です。この時、2モルのATPも生成され、②のクエン酸回路における反応のエネルギー源になります。通常、グルコースからピルビン酸になるまでの反応は10段階で、乳酸までの反応は11段階です。こうした反応に係わっているのが、10種類の酵素です。

②の段階のクエン酸回路をみてみましょう。解糖系で生まれたピルビン酸は、酸素と反応してアセチルCoA(アセチル補酵素A)になり、クエン酸回路に入ります。クエン酸回路では、クエン酸、シスアコニット酸、イソクエン酸と代謝を続けながら回路を一巡し、再びクエン酸に合成されます。クエン酸回路は、理論的にはピルビン酸(グルコース)と酸素が供給される限り繰り返し反応が続き、1回転すると2モルのATPが生み出されます。 

実は、クエン酸回路では別の物質も生み出されています。NADHとFADH2という補酵素です。この補酵素が細胞内のミトコンドリアの内膜に入ると、内膜で酸化される過程で生じるエネルギーにより、ADPにリン酸を1つつけてATPとする反応が行われます。これを電子伝達系(酸化的リン酸化)と呼んでいます。

①〜③の反応により、38モルという大量のATPが生成されます。

 

MEMOモル(mol)

ある物質のグラム当量のこと。1g当量=1mol=6.02×1023個(アボガド口数)の原子または分子。グラム当量とは原子量または分子量にグラムをつけた量です。

MEMOミトコンドリア

細胞内にあるエネルギー産生のための細胞小器官。1つの細胞内に約2000個もあり、内膜の内側のマトリックスには、クエン酸回路、脂肪酸のβ酸化、アミノ酸代謝に係わる酵素があります。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 糖尿病はどうして起きるの? [03/02up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「糖尿病」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   糖尿病はどうして起きるの? 糖尿病(diabetes mellitus;D... [ 記事を読む ]

  • グルコース(ブドウ糖)はどのように細胞に吸収されるの? [02/16up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はグルコースの吸収に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   グルコース(ブドウ糖)はどのように細胞に吸収されるの? グルコース(... [ 記事を読む ]

  • 糖質の代謝はどのように行われるの? [02/13up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「糖質代謝」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   糖質の代謝はどのように行われるの? グルコース(ブドウ糖)はエネルギー源...

  • 糖質を毎食とる必要があるのはなぜ? [02/09up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は糖質の必要性に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   糖質を毎食とる必要があるのはなぜ? 1日3回、食事によって糖質を摂取しな... [ 記事を読む ]

  • 食事はどうやってエネルギーになるの? [01/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は食事とエネルギーに関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   食事はどうやってエネルギーになるの? 車にガソリンが必要なように... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1275
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1287
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1167
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1021
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
874
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
416
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1457

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!