1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 糖質を毎食とる必要があるのはなぜ?

2017年02月09日

糖質を毎食とる必要があるのはなぜ?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は糖質の必要性に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

糖質を毎食とる必要があるのはなぜ?

1日3回、食事によって糖質を摂取しないと、体にストックされていた炭水化物が底をついて血糖値が下がってしまうからです。 

糖質は、米、パン、麺類などに含まれる栄養素で、主なエネルギー源になります。体内ではグリコーゲンやブドウ糖の形で貯蔵されますが、備蓄できる量はごく少量にすぎません。最も多く貯蔵できるのが筋肉で300g(1,200kcal)、次いで肝臓が100g(400kcal)、血液全体では15g(60kcal)、脳には2g(8kcal)が貯蔵できます。肝臓のグリコーゲンは、血糖を維持するために必要に応じてブドウ糖の形になり、血液中に送り込まれると各組織の活動エネルギーになります。

最低限の生命維持だけでも毎分1〜1.2kcalが必要とされるため、体内に貯蔵している糖質をすべて使い切っても、わずか7時間しかエネルギー補給ができません。この段階で糖質が補給されないと、血糖値は低下していきます。 

私たちの体には、危機管理システムが備わっており、糖質の摂取が不足すると血糖値の低下を補うために、タンパク質(アミノ酸)や脂肪(グリセロール)を使ってグルコースを作り出し、血糖値を一定にします。これを糖新生(とうしんせい)といいます。しかし、糖新生が行われるとタンパク質の合成が阻害される、という弊害ももたらされます。ダイエットで炭水化物を減らしすぎると、筋肉量が減ってしまうのはこのためです。

糖質の摂取量が多すぎると脂肪に転換され、脂質代謝異常(コレステロール値の増加、中性脂肪値の増加など)を起こす一因になります。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • グルコース(ブドウ糖)はどのように細胞に吸収されるの? [02/16up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はグルコースの吸収に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   グルコース(ブドウ糖)はどのように細胞に吸収されるの? グルコース(... [ 記事を読む ]

  • 糖質の代謝はどのように行われるの? [02/13up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「糖質代謝」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   糖質の代謝はどのように行われるの? グルコース(ブドウ糖)はエネルギー源... [ 記事を読む ]

  • 糖質を毎食とる必要があるのはなぜ? [02/09up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は糖質の必要性に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   糖質を毎食とる必要があるのはなぜ? 1日3回、食事によって糖質を摂取しな...

  • 食事はどうやってエネルギーになるの? [01/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は食事とエネルギーに関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   食事はどうやってエネルギーになるの? 車にガソリンが必要なように... [ 記事を読む ]

  • 食物からはどれくらいのエネルギーが生み出されるの?エネルギーは貯蔵できるの? [01/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はエネルギーの産生・貯蔵に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   食物からはどれくらいのエネルギーが生み出されるの? 三大栄養素... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1271
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1156
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1078
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1038
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
920
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
696
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2727

酸素飽和度についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.酸素飽和度とは、静脈内の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合を示したものである。
  • 2.パルスオキシメータを用いて測定した値をSaO2、動脈血ガス分析で測定した値をSpO2という。
  • 3.SpO2が正常であれば、体内の酸素量は十分であると判断できる。
  • 4.健康な人の酸素飽和度は96~99%だが、酸素吸入時はSpO2を90%以上維持すれば通常は十分である。
今日のクイズに挑戦!