1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 黄疸はどのようにして起きるの?

2017年01月05日

黄疸はどのようにして起きるの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

今回は黄疸に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

黄疸(おうだん)はどのようにして起きるの?

寿命がきた赤血球や不要になった赤血球は脾臓で壊され、中のヘモグロビンはヘムとグロビンに分解されます。 ヘムは門脈を通って肝臓へと送られますが、この時、肝細胞に取り込まれるとビリルビンに変換され、その後グルクロン酸抱合を受けて直接ビリルビンになります。

他方、肝臓内の細網内皮系細胞に取り込まれたヘムは、ビリルビンに変換されますが、グルクロン酸抱合を受けることなく血中に放出され、血中でアルブミンと結合して間接ビリルビンになります。

なお、尿中に排泄されるのは直接ビリルビンで、間接ビリルビンは尿中には排泄されません。また、ビリルビンが還元されるとウロビリノゲンになり、このウロビリノゲンがさらに酸化されるとウロビリンになります。

黄疸は、何らかの原因で血液中のビリルビン(胆汁色素)が増えた状態です。この状態を高ビリルビン血症といいます。黄疸は成因により、次の3つのタイプに分類されています。 第1は黄疸の原因がビリルビン生成前にある場合で、溶血性貧血による黄疸や新生児の生理的黄疸などです。ヘムが大量に出すぎたために起こり、間接ビリルビンが増加します。これを肝前性黄疸といいます。

第2は肝炎や胆細管炎など、ビリルビン生成場所の障害が原因で起きる場合で、血中には直接ビリルビンと間接ビリルビンの両方が増加します。これを肝性黄疸といいます。 

第3は黄疸の原因がビリルビン生成後にある場合です。肝臓癌や胆管結石などで胆管が閉塞すると、本来は胆汁として利用されるべきものが血中に流入し、黄疸が生じます。これを肝後性黄疸といい、直接ビリルビンが増加します。 

血中ビリルビン値が1.0〜2.0mg/dLの場合は潜在性黄疸といわれ、症状が出ることはまれです。血中ビリルビン値が2.0mg/dL以上になると、皮膚や粘膜、特に白眼が黄染して強い瘙痒感を感じます。これを顕性黄疸といいます。 

黄疸は様々な疾患の合併症として出るので、基礎疾患を治すことが先決です。また、瘙痒感へのケアは特に重要になります。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 同化作用って具体的にはどういうこと? [01/16up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「同化作用」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   同化作用って具体的にはどういうこと? 例えば、消化によって体内に吸収され... [ 記事を読む ]

  • そもそも代謝って何? [01/12up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「代謝の仕組み」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   代謝って何? 代謝というのは、生体内で行われる化学反応の総称です。 ... [ 記事を読む ]

  • 黄疸はどのようにして起きるの? [01/05up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は黄疸に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   黄疸(おうだん)はどのようにして起きるの? 寿命がきた赤血球や不要になった赤...

  • 肝臓はどのような構造になっているの? [12/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は肝臓の構造に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   肝臓はどのような構造になっているの? 肝臓は三角錐を横にしたような形を... [ 記事を読む ]

  • 肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ? [12/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は肝臓の機能に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ? 肝臓には、栄養素の代謝と貯蔵、薬物... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 下垂体後葉ホルモン|内分泌 [02/05up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 視床下部ホルモンと下垂体前葉ホルモン|内分泌 今回は、下垂体後葉ホルモンについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 ... [ 記事を読む ]

  • インパルスは神経系の共通言語|調節する(2) [08/28up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 細胞どうしを結ぶ神経ネットワーク|調節する(1) 解剖生理学の面白... [ 記事を読む ]

  • 食道・胃・小腸・胆嚢・膵臓の仕組み|食べる(3) [08/13up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 消化酵素による分解の仕組み|食べる(2) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒... [ 記事を読む ]

  • 内分泌機能検査|検体検査(血液検査) [06/23up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、内分泌機能検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 内分泌機能検査とはどんな検査か 下垂体機能検査 ・成長ホルモ... [ 記事を読む ]

  • いざ、からだを探る旅へ|解剖生理をおもしろく学ぶ [06/30up]

    解剖生理は苦手・・・という人多いですよね?そんなナースのための新連載。 今までになかった、楽しく読める解剖生理学の解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より。 難解な解剖生理を会話形式でやさしく説明。身体をめぐるナスカさんの旅にお付... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.3 ゆい~(3)

認知症の患者さんが食事を引き出しに隠した理由とは…。あなたはどう考える? [ 記事を読む ]

急変時のルート確保、どうすればいい?

ショック状態や心肺停止など、急いでルート確保が必要なときのワザを紹介! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
3096
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1207
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1122
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
1061
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
918
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日

2019年度有給休暇ちゃんと取得できた?

投票数:
526
実施期間:
2020年04月07日 2020年04月28日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2829

◆救急看護の問題◆過換気症候群の対応で誤っているものはどれでしょうか?

  • 1.紙袋を口に当て、いったん吐いた息を再度吸わせる。
  • 2.ゆっくり呼吸することを勧める。
  • 3.抗不安薬を投与する。
  • 4.腹式呼吸を促す。
今日のクイズに挑戦!